>
[Amazon] 袋小路の男 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

袋小路の男 (講談社文庫)
袋小路の男 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

袋小路の男

おすすめ!3.5 [3.5](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:262651位
  • Amazon価格:¥ 432
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062758849(講談社)
袋小路の男 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.5 [3.5]

●本日の読書 ・「袋小路の男」絲山秋子/講談社:ISBN:4-06-212618-4  絲山秋子は初めて読みましたが、こう、なんとも言えない平易な文なのに独特。不思議だ。  登場人物は極端に少ないわ、その少ない登… このレビューの続きを見る

通りすがり。そんな言い訳もきかない、見つかったら言い訳も出来ない袋小路の家に住む高校の先輩。学校にはなかなか来ないから、彼が行き付けのジャズバーへ通う。 話すようになっても名前も覚えてくれないし、食… このレビューの続きを見る

袋小路の男

17:25:By 受賞本

 袋小路の男  著者 : 絲山秋子  受賞歴 : 第30回川端康成文学賞 受賞         2005年本屋大賞 4位

袋小路の男

00:18:By ソラユキ

図書館で借りてきた。 この人の本で他に借りたいものがあったんだけど、なかったので選んでこの本にした。 故・小川国夫氏の選評があったのが決め手となった。     「袋小路の男」は、選評に「純… このレビューの続きを見る

 続・絲山秋子強化月間である。  これは何年も決して触れ合わない男女の話。じれったいといえばじれったいのだけれど、先輩は先輩で、わたしはわたしでお互いのことを思いやってるんだけど、っていう。先輩が小… このレビューの続きを見る

+ 『袋小路の男』「二十歳になったらセックスしても犯罪にならないんだぜ、機会があったらやりましょう」このせりふが、すごく好いなあ。好いなあ。なんでだかわからないけれど、なんだかとても好き。ゆび一本触れ… このレビューの続きを見る

こんばんは。 今日、就活を始めてから初めての面接を受けてきました。 幸いにも、ガチガチになってろくに喋れない…ということはなく、わりと笑顔も見せていられたかなあと思います。 でも反省するところは勿論… このレビューの続きを見る

絲山秋子『袋小路の男』(講談社文庫)を一日で読み終えました。三篇からなる短篇集で、表題作と「小田切孝の言い分」はある男女の恋愛における微妙な関係をそれぞれ一人称、三人称の形で書きわけたものです。一方の… このレビューの続きを見る

3.5

袋小路の男

15:12:By Phantasmagoria

結構好み。 こういう関係いいなあ。楽だよね。相手に責任持たなくていいし。 日向子にとっては、幸せとは言いがたい状態だけど。

片想いってのを、そういえば最近していないな、と思って 記憶を辿ってみたら 「小学校の頃に好きだったH君」みたいな 「おいおい、それはそもそも恋なのか」というところまで巻き戻ってしまって もしかして、… このレビューの続きを見る

絲山秋子はじめてよんだけど、すごく好み。面白かった。3つのうち2つは対極のお話なのだけど、袋小路の男=“あなた”に対する女の子の想いが綴られてゆく…と思ったら、その“あなた”側からする彼女は大分印象が違う。… このレビューの続きを見る

指一本触れないまま「あなた」を想い続けた。 高校の先輩、小田切孝に出会ったその時から、大谷日向子の思いは募っていった。 大学に進学して、社会人になっても、指さえ触れることもなく、ただ思い続けた12年。 … このレビューの続きを見る

今の私にとって、 これほどイタイ本はなかった。。。 明らかな「好き」という気持ち。 でも触れることはなく。 触れられることもなく。 カノジョになることもなく。 たぶん、ずっとずっと。 それでもこ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品