>
[Amazon] モテたい理由 (講談社現代新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

モテたい理由 (講談社現代新書)
モテたい理由 (講談社現代新書)で自分のブログにレビューを書く

モテたい理由

おすすめ!3.8 [3.8](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:456123位
  • Amazon価格:¥ 778
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062879212(講談社)
モテたい理由 (講談社現代新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.8 [3.8]

 モテたい理由 男の受難・女の業  著者 : 赤坂真理

 やっと『マキさんの老後』です。 それとあわせてもう1点、やはりフジテレビで面白いノンフィクションが放送されてたので、それぞれ紹介したいと思います。 ■『マキさんの老後』  ダンサーでニューハーフの… このレビューの続きを見る

あの、、、モテたいんです。 モテたい理由ってなんですか?  ある時期、似たような相談が続き、 上記の問いをかけをしていました。 カッコイイと「モテ」なの? 可愛いと「モテ」なの? 「モテ」とい… このレビューの続きを見る

 恋愛とは儀式である。何らかの儀礼であり、もちろん異性や同姓を愛する気持ち自体は肯定されるべき本能に基づく欲望の発露ではあるが、それを「恋愛」と呼ぶことは即ちお互いを愛し合うというパーソナルな関係が… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 このフレーズで、読むことを決めてしまった。今年読んだエッセイの中で最高傑作。面白くなかったら買い取るを通り越して、買い占めて配りたいぐらいの一冊。 404 Blog Not Found:男女論の最高… このレビューの続きを見る

■赤坂真理という作家 僕が赤坂真理という作家の作品と出会ったのはいつだったろうか。「ヴォイセズ/ヴァニーユ」あるいは「ヴァイブレーター」か、どっちが最初か忘れたけど、読後、その女性性の強さに囚われて… このレビューの続きを見る

◆まとめ 第1章:話の前提。戦争がないから世の中がメス化する。「関係性の中で優位に立つ」という「モテ」の定義。 第2章:恋愛資本主義について。いかにして「女性」が消費のフロンティアに採択されたか。「女性… このレビューの続きを見る

3.8

モテたい理由

10:58:By LILYROSE Cafe

JUGEMテーマ:読書 レビューじゃないです *** いつだったか、友人が言った。 男のオタクはキャラに萌える。 女のオタクは関係性に萌える。 ・・・真理だ.+゚*(・◇・ ) *゚+. しかし、これは何もオタにだけ… このレビューの続きを見る

関連する商品