>
[Amazon] 漢方小説 (集英社文庫 な 45-1)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

漢方小説 (集英社文庫 な 45-1)
漢方小説 (集英社文庫 な 45-1)で自分のブログにレビューを書く

漢方小説

おすすめ!3.3 [3.3](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:218877位
  • Amazon価格:¥ 432
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087462560(集英社)
漢方小説 (集英社文庫 な 45-1)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.3 [3.3]

 どこの病院へいっても 「どこも悪くありません」「ストレスでしょう」その繰り返し。最後の砦となった東洋医学の診療所で漢方治療に出会った主人公。ゆっくりと でも 確かに だんだんと 身体はラクに… このレビューの続きを見る

3.3

漢方小説

18:09:By ひとりごと

最近本を載せていないので 自分でも読んでないのかな・・?と 思っていたのですが 少しだけ読んでいるので たまには残しておこうと思います(*^^*) 「漢方小説」帯の この一冊で元気をチャージしてくださ… このレビューの続きを見る

3.3

本のハナシ

21:01:By 翡翠

 『漢方小説』 中島たい子 桜庭一樹読書日記に載ってたので読んでみました。 読み終わったあとになんか、すごくほっこりするハナシ。 個人的に今仕事がパタパタと重なって今日少ししんどかったんでしが、読み終わったら、「良かったね」という感じで。うん、ほっこりしました(2回目)

 31歳の脚本家・川波みのりは昔つきあってた彼が結婚 したと聞いてから、体が「ロデオマシーン」になるような 症状に苦しみます。 病院を転々とした末に、ちょっとソース顔の先生がいる 漢方診療所で東洋医学… このレビューの続きを見る

そうだなぁ、漢方入門ってかんじ。 まさにタイトルそのままで、これから漢方を始めようとしてる人にはいいかもね。 「証」の考え方とか、診察の仕方とか、知らない人にはとっつきやすい。 まあ、たいした事件もトキメキもおこらないけど、それが普通の暮らしだよね。 ほんとはもっと踏み込んで漢方薬について知りたかったけど、 そんなの小説で求めるほうが間違いか〜

3.3

漢方小説

11:25:By 談夢幻

 漢方をテーマに微妙なお年ごろの女性を活写した本。たいした事件は起きないけど、筆致にユーモアがあってとてもおもしろい。順にバター度が上がるとか細かい描写が笑えてうまいなー。先生とくっつかないのが寂しかったけど、仕方ないか。大人向けはちょっとほろにがの方がいいのだ、きっと。

漢方小説

20:57:By 受賞本

 漢方小説  著者 : 中島たい子  受賞歴 : 第28回すばる文学賞 受賞         第132回芥川賞 ノミネート

東洋医学ってふしぎ。

げほほ、隊長! お店をリニューアルするために 残業、残業の日々を送っていたせいか 気づいたらこの本を手にとってました なんかもう足痛いぃ・・・ 岩盤浴行きたい・・・ マッサージ行きたい・・・ 身体的逃避行を… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/3/11〜2008/3/12 [BOOKデータベースより] 川波みのり、31歳、脚本家、独身。胃がひっくり返ったようになるのに、眠れないのに、病院に行って検査をすると『特に異状なし… このレビューの続きを見る

NHKで「チャングムの誓い」を放送していた頃、毎週夢中になって観ていた。 大奥的なイジメに負けないチャングムの強さや、職業人としての誇りが素晴らしかった。 チャングムは初めは料理人を目指すのだが、いろいろとあって最終的には医療の道を行く。 実際に漢方薬を服用していなくても、チャングムを観ていた人間には、漢方薬や「病は気から」的な感覚(心と身体がつながっている)は慣れ親しんだ世界だ。

JUGEMテーマ:読書 この人と結婚するかも以来、 はまってしまった中島たいこさんの1冊。 現代では珍しくもない精神を病んでいる主人公。 そしてその周りの精神を病んでいる友達。 この友達の存… このレビューの続きを見る

数年前に雑誌で紹介されていて読んでみたかった本。文庫化を機に購入。読むと“漢方”に興味がわいてきます。JUGEMテーマ:本の紹介

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品