>
[Amazon] となり町戦争

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

となり町戦争
となり町戦争で自分のブログにレビューを書く

となり町戦争

3.2 [3.2](27件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1112943位
  • 定価:¥ 1,540
  • Amazon価格:¥ 1,255
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087747409(集英社)
となり町戦争のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(27件) 3.2 [3.2]

となり町戦争

12:03:By 読書家宣言

   

ある町が町興しを目的にとなり町と戦争する話です。 公務員が業務として戦争するところ想像してください。 「隣接町との戦争による健全な町づくりを!」がとなり町のスローガン。 リアルでない戦争を… このレビューの続きを見る

第17回小説すばる新人賞受賞作。 なんというか、予想と違っていた作品。 ある日、"ぼく"の住む町ととなり町は戦争を始めた。何故戦争しなければならないのか、本当に戦争は始まっているのか。日常は、少なくとも"… このレビューの続きを見る

となり町戦争

13:47:By nhosan's works

 『戦争』って遠くの国でやっているから身近に感じられないものなんだなあなんて悲惨な映像でもちろん心を痛めたりするけれど、やっぱり自分が痛いわけでも苦しいわけでも無くどこか他人事なのは間違いないも… このレビューの続きを見る

3.2

となり町戦争

18:32:By GOLDEN SLUMBERS

結構前から読みたいと思っていた「となり町戦争」 想像していた話とは全く違って少し驚きました ある日町の広報誌に書かれた戦争開始の文字。少しずつ増える戦死者の数 主人公もそんな戦争に参加することになり… このレビューの続きを見る

2,3日前から歯が痛いなーと思ってて、今日になったら頭も痛くなってきて もしかして??と思ったら、案の定風邪を引いたみたいです。ご飯を 食べてから、少し寝たらだいぶ楽になったので明日の仕事は何とか行けそ… このレビューの続きを見る

読むのは2度目 以前読んだときよりは、話が分かったような気がします。 正しいとされる手続きを経て行われる、事業の1つである戦争。 積極的でなく流されるままに戦争に組み込まれる主人公。 戦時下の… このレビューの続きを見る

タイトルだけなんとな〜く知ってて、図書館で見つけたのでなんとなく借りてみた。 夏の100冊にも選ばれてますね。確か。

3.2

となり町戦争

02:33:By 藍白の空

ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。僕は町役場から敵地偵察を任ぜられた。だが音も光も気配も感じられず、戦時下の実感を持てないまま。それでも戦争は着実に進んでいた―。シュールかつ繊細に、「私たち」… このレビューの続きを見る

3.2

となり町戦争

18:56:By Alice* teatime

内容(「BOOK」データベースより) ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。僕は町役場から敵地偵察を任ぜられた。だが音も光も気配も感じられず、戦時下の実感を持てないまま。それでも戦争は着実に進んでい… このレビューの続きを見る

三崎亜記『となり町戦争』(集英社)

行政による戦争、 をテーマにした、ちょっと異色な小説。 町同士の戦争、 戦争ビジネス・コンサルティング、 など、アイデアが面白い。 ただ、後半で恋愛模様に焦点をずらしてしまったのが 惜しい。 重… このレビューの続きを見る

--------- 今年に入ってから、お風呂用のブックスタンドを購入しました。 これが、大活躍! 今までこんなに感激するお風呂グッズを買った事があったかしら!? と、大袈裟に興奮しております。 実は以前からお… このレビューの続きを見る

うーん、何とも言えない後味。あまり美味しくはないような。 確か三崎さんものむさんにお薦めしてもらったような… もうしわけないです、文章はとっても読みやすいし、好みなんだけど。 でもなぁちょっと狙いすぎ… このレビューの続きを見る

いろんな書評で注目されていて、本屋さんへ行ってもかなり前から目にしていた本ですが、読もうと思ったのはつい最近のことでした。 戦争ものの話はあまり好きではないから、敬遠していたのかもしれません。 でも… このレビューの続きを見る

3.2

となり町戦争

23:21:By 5han

う、うーん…どうなの? 思ったより面白くない。 主人公の知らぬところで戦争はどんどん進んでいくんだけども、 恐怖感とか一切ない。 それが新しいのかね? もっとスリリングなのかしら?と思ってたので拍子抜け。

おもしろいようなおもしろくないような(汗)。 よくわからない話だった。 でもどんな形であれ、戦争だとか争いだとか人の死というものだとか、 そういうものの哀しみを感じた気がする。

天才現わる!? 見えない戦争を描いた衝撃作。 ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。だが変わらぬ日常に、僕は戦時下の実感が持てないまま。それでも“見えない”戦争は着実に進んでいた。「清澄な悪夢」「… このレビューの続きを見る

3.2

となり町戦争

02:04:By !! Emi !!

主人公が実感ないって言ってるから当然かもしんないけど、読み手にとっても終始リアリティを感じない小説 戦争の話を広報で知っただけで、実感もなく戦争が始まって。で、目的も分からず、役所の偵察任務を引き… このレビューの続きを見る

ある日ふと見た町の広報誌には不思議な内容が書かれていた。 「となり町との戦争を開始します。」 訳も分からないまま、主人公は偵察命令を受けてとなり町に潜入する。 役場の女性と新婚を装いながら…。

となり町との戦争がはじまった。実感のないままに、諜報員に指名された僕だが…。 シュールです。 となり町といきなり戦争がはじまるという、そのネタがすごいですよね。 告知文からはじまるところも、度肝を抜… このレビューの続きを見る

怖かった…! 静かすぎて怖い。 夕方の暗くなりかけた校舎をひとりっきりで歩くみたいな静かで得体の知れない怖さ。 しかも結局なんで戦争をしなきゃいけないのか私にはわからないままでした。 怖くて悲しい。

3.2

となり町戦争

10:44:By Arrivederci

今日感想を書いていくのは、少し前にTV とかでも話題になった、三崎亜記先生作の 「となり町戦争」 ★主要人物  ・北原 修路  ・香西 瑞希 ★内容  天才現わる!? 見えない戦争を… このレビューの続きを見る

ある日届いた町の広報誌で「となり町」との戦争が始まることを知った「僕」。町役場からの要請で「戦時特別偵察業務従事者」に任命されてしまう。戦争が始まったというのに、町の雰囲気は何も変わらず、「僕」は戸惑いながらも義務である報告書を提出するなどする。そんな中で「戦争」を現代の私たちがどのように捉え、どのように行動していくかを問う、作品(…) 第17回小説すばる新人賞受賞したらしいです。

発売当初、雑誌広告で見て興味をもった作品。文庫オチしていたので購入、画像はハードカバーのものだけど。 文章は新人賞応募作品というのを意識しすぎの感あり。 一般人たる「僕」が隣町との見えない戦争に日常生活を飲み込まれつつも、努めて冷静であろうとする語り口は、作者がプロ作家とアマ作家のハザマで、自分の言葉を慎重に一歩ずつ選ぼうとする作者の姿をそのまま映しているような気がしてならない。

3.2

となり町戦争

19:48:By

これを読んだのは高校3年生の時。読んでて深いなぁーって思った。 で、この作品が映画になるそうです。 えー。 乙一作品もいくらか映画、ドラマ化するそうです。 えー、えー。

≪音楽関連記事はこちら≫  ●J-POP日刊レビュー:Picture Perfect/MONKEYMAJIK+m-flo  ●覆面的温故知新:ユニコーン「すばらしい日々」  この本がデビュー作にもかかわらず、絶賛の内容というので、普段SFチ… このレビューの続きを見る

JUGEM編集部おすすめ商品