DB Error: connect failed 小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所 - 秋本 治 のレビュー全28件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所
小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所で自分のブログにレビューを書く

小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所

おすすめ!3.5 [3.5](28件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:691124位
  • Amazon価格:¥ 1,080
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087804666(集英社)
小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(28件) 3.5 [3.5]

誰もが知っている長寿漫画『こち亀』。 主人公の両さんはじめ、この登場人物を使って小説を書いてみよう。 という、なんとも楽しげなコンセプト。 そして、その「書いてみよう」に乗っかって書いてしまった作家… このレビューの続きを見る

病院の待合室に五冊、美容院の待合室に十冊、定食屋や温泉旅館でも見かける漫画と言えば「こち亀」。 単行本を買ったことはないけれど、どこかで読んだことがあるという人が国内で一億人くらいはいるでしょう。私も… このレビューの続きを見る

3.5

66冊目

15:49:By ただの日記

得した気分 ニヤニヤしちゃいました。

漫画「こち亀」の連載30周年を記念して出版されたノベライズ。 原作:秋本治 幼な馴染み/大沢在昌 池袋⇔亀有エクスプレス/石田衣良 キング・タイガー/今野敏 一杯の賭け蕎麦〜花咲慎一郎、両津勘吉に遭遇す… このレビューの続きを見る

7人の推理小説家が、こち亀を小説化 こち亀をあまり知らなくても、元ネタを知らなくても十分楽しめました JUGEMテーマ:読書

★★★★☆ JUGEMテーマ:読書

<超人気作家7人が「こち亀」小説化!!> 「こち亀」30周年&「日本推理作家協会」60周年を記念して、史上空前の超豪華企画完成!! 国民的マンガ“こち亀”の世界を、日本推理作家協会のそうそうたる人気作家7… このレビューの続きを見る

漫画・アニメで有名の「こち亀」を大沢在昌、石田衣良、今野敏、柴田よしき、京極夏彦、逢坂剛、東野圭吾という超豪華執筆陣が書く、豪華過ぎる二次創作小説集。 実は、この執筆陣の作品をよんだことがなく(豪華陣… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 こち亀とミステリ作家のコラボ本。 図書館で一ヶ月待ちの末やっと借りれました。 新宿鮫は、藪さんが両津と幼馴染という設定でしたが、 藪に対し少なからず好感を抱いて(シブいとかなんと… このレビューの続きを見る

「こち亀」の名で親しまれ、繋がった眉毛のごついおまわりさんである両さんを、日本人なら知らない人はいないでしょう。 すごいですね。30年も休まず続いている漫画なんですって。 ってことで、「こち亀」のキャ… このレビューの続きを見る

実は気になって仕方がなかったこの本(笑) だってこんなに豪華メンバーなんだもの。逢坂剛さん以外は、 何からの本で読んだ事がある人たちでした。テーマとキャラが一緒… もう、これは作家のセンス次第ですね。… このレビューの続きを見る

実は小学生の頃、めっちゃこち亀好きだったんです。 100巻とか3種類くらい出てて全部買ったんです。 初期カメダスまで持ってたんです。 いまでも1〜125巻(以下数十巻収集中断中)が 狭いマイルーム… このレビューの続きを見る

なんだか久しぶりの更新でござんす。 実はアヒルと鴨のコインロッカーを読んでる最中なんだけど、 出だし辺りで猫などの小動物をいたぶってなぶり殺しにして喜んでるわけーやつらが、 そろそろ人間を・・・とか… このレビューの続きを見る

こち亀の30周年を、記念して刊行された小説の短編集です。 普段は漫画の小説版はめったに読まないんですが、この短編集に参加している作家の豪華さに惹かれて読んでみました。 その作家とは大沢在昌さん、石田… このレビューの続きを見る

読書期間:2007/8/9〜2007/8/11 今や国民的な漫画となって久しい「こち亀」と、日本推理作家協会を代表する7人の作家の小説世界が融合。前代未聞、空前絶後のコラボレーション短編を7本収録。『週刊プレイボーイ』連載を加筆、修正し単行本化。

今や国民的な漫画となって久しい『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下『こち亀』)と、日本推理作家協会を代表する七人の作家の小説世界が融合した、前代未聞、空前絶後のコラボレーションが完成した。『こち亀… このレビューの続きを見る

 日本推理作家協会の作家たちが「こち亀」の世界を書いたアンソロジー。それぞれの作家の「こち亀」への愛がひしひしと伝わってくる楽しい作品集だ。  人情ものが多かったように思う。各作家の人気シリーズから主人… このレビューの続きを見る

超人気作家7人が『こち亀』を小説化!! 『新宿鮫』の鮫島&晶が浅草初詣で両さんと遭遇。『池袋ウエストゲートパーク』のマコトは両さんと一緒に結婚詐欺師退治。大原部長と悪ガキ両さんの知られざる出会いなど、… このレビューの続きを見る

「こち亀」と人気作家7人のコラボ。 両さんで遊んじゃってます。 凄く面白いと言う訳ではありませんが、 それぞれに味があって楽しめます。

おなじみの長寿漫画 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を 人気作家7人が小説化。 人情ものから、署内トトカルチョまで、 原作にひけをとらない幅のある内容になってます。 大沢在昌の新宿鮫こと鮫島、 石… このレビューの続きを見る

 いやー読むのがもったいないー(笑)  週間プレイボーイに去年から今年にかけて連載されたものを単行本にまとめたんだって。  鮫ファンの人が、知らずにプレイボーイを広げてビックリしたろうなー。 大沢… このレビューの続きを見る

7人の作家のうち、京極しか読んだ事なかったけど、面白かった。 石田衣良とか、なよなよした恋愛小説のイメージだったけど普通に読めた。 私の中でこち亀といえば、アニメでしか知らなくて麗子は森尾由美のイメージで、いつも両ちゃんを呆れつつ見守るお姉さんキャラだと思ってましたが、原作ではもっと小娘キャラっぽいのね。 てか柴田よしきって女の人なのーー!!?

あのこち亀をミステリ作家達が小説にしてみました。しかも自分の小説に出てくるキャラを絡ませたりしちゃいました。というとんでもない豪華小説。 勿論京極夏彦目当てで買ったのですが(笑)いやはや、他の作家さ… このレビューの続きを見る

この本を購入するきっかけになったのは、駅ナカの本屋でこの表紙を見たところからはじまる。 僕あまり小説は好んで読まず、漫画がそのほとんどである。その中で「こちら葛飾区亀有公園前派出所(以下、「こち亀… このレビューの続きを見る

おそろしく豪華なトリビュートを読んだ。 それも本歌は、既刊150巻を越すマンガ「こち亀」だ。 "今"を代表する推理作家の面々が描くかの世界とは。 どの作家さんの話も、まず笑いころげた。 この本の魅力は… このレビューの続きを見る

メンツ、質ともにこのうえなく豪華なトリビュート。

読みましたー!! 日本推理作家協会監修のこち亀です♪ higeruさんのブログでこの本を見て、これは読まねば!!と急いで購入♪ なんたって京極さんや今野さん、柴田せんせ、東野さんなどなど…執筆陣が超豪華!! … このレビューの続きを見る

7人の作家によるこち亀ノベライズです。豪華な執筆陣は大沢在昌、石田衣良、今野敏、柴田よしき、京極夏彦、逢坂剛、東野圭吾。こち亀はたまにジャンプでまたはコミックで読むくらいなので精読しているとは言いがた… このレビューの続きを見る

関連する商品