DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 - 村上 春樹 のレビュー全26件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉

おすすめ!3.5 [3.5](26件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:143281位
  • Amazon価格:¥ 15,914
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101001340(新潮社)
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(26件) 3.5 [3.5]

ここは誰の世界?なんの世界? 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)』 村上春樹 文章は読みやすいけど、 文字量がやたら多いという印象。 あと情報量も多くて、ちょっと戻って読んだりして… このレビューの続きを見る

春樹の作品の中でも評価の高い「これ」読んでみた。 春樹の中でも初期の作品らしいですが、すごすぎる。人気の高い理由が分かります。海辺のカフカと同様、二人の主人公が別世界でストーリーを進行させていく二部形… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  どちらかと言えば、この人の作品は、純文学になるのだろうが 普段は対して純文学は読まないのでカテゴリを増設する気にならなかった とりあえずここに放り込んでおく。 村上春樹の小説… このレビューの続きを見る

 村上春樹の作品を読むと、「物語の面白さ」をいつも感じます。何がどう面白いと上手く説明できないんですが、物語の世界に引き込まれてしまいます。感想は書けていないんですが、『1Q84』もそうでした。そし… このレビューの続きを見る

四股、柔軟、筋トレ。写真を選ぶのが段々と見えてきた。 iMovieで保存して別バージョンを幾つか。 何を入れるか。何を外すか「選択の芸術」と言う言葉を実感中。 ようやく見えてきた。過去のコンプレ… このレビューの続きを見る

やれやれ。 上巻読み終わるまで時間かかってしまったな。 この一ヵ月はなんだかバタバタと過ぎた。 苦しい…。 あんまり読書の時間もとれないし…。 でも途中から一気に読んでしまった。 あいかわらず、この人の本は… このレビューの続きを見る

【商品内容】 [村上春樹] 買取価格:¥240 * 2010年4月26日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数ごとに★★★★もれなく買取点数ボーナスプレゼントキャンペーンを実施中★★ 本・CD・DVD・ゲームソフト・おもちゃ・LEGOの買取は楽珍堂

 村上春樹さんの小説。以前カフカも読んだけど、カフカ同様(だったとおもう、たしか)二つの世界が交互に話を紡いで行くのが面白かったです。頭の中にそれぞれの話がふんわり浮かんできる感じで読みやすかった。現実のような、そうでないようなむしろ現実に起きているんじゃないかと思ってさえしまうようなそんな話。

  村上春樹作品。 また読んでみた。 海辺のカフカに繋がる話じゃないかって噂を耳にして(笑) 兎にも角にもれびゅーします!

さて、春樹ワールドが全開なわけだが 相変わらず描写が丁寧すぎてしつこいなと思うところもある でも、それも含めてのこの世界観 私は酒には弱いほうなのだが、どうもこの人の本を読んでいるとウイスキーをオン・ザ… このレビューの続きを見る

 新しい出版のものではないですが、ずーっと以前から読もう読もうとしてでも上下巻ありの分厚い(文庫ですけど^^:)のにためらっていたのですが、新刊『1Q86』が出て読みたい気分もあるのですが、以前の… このレビューの続きを見る

 世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド  著者 : 村上春樹  受賞歴 : 第21回谷崎潤一郎賞 受賞

春が過ぎ、夏が終り、光が微かな透明さを帯びはじめ初秋の風が川の淀みに小波を立てる頃、獣たちの姿に変化が見られるようになった。金色の体毛は最初のうちはまばらに、まるで何かの偶然によって芽ぶいた季節はず… このレビューの続きを見る

久しぶりに村上春樹の作品を読んでみた。 昔はなんだか、すかした感じというのか、変に気取っているというのか、あんまり好きな作家じゃなかったのだけれど、やっぱり話の筋は面白いし、特にこの作品なんかは、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  常々…私は村上春樹を理解したいと思っている。それは海よりも深く山よりも高い望みだったりするわけです。世間ではかなり評価の高い村上春樹。ノーベル文学賞の候補に何度となくあがり… このレビューの続きを見る

村上春樹さんの長編小説です。 やっとのことで読破しました。長かった〜。 今回の物語は少しファンタジックな面もあったので、より楽しめましたね。 物語は、「世界の終わり」と「ハードボイルド・ワンダーラン… このレビューの続きを見る

 先日のエルサレム賞受賞スピーチはネット各所で翻訳公開されていて(例えば、finelventさんのblog)、スピーチの内容に感動を覚えた。 「卵」、「壁」、「The System」ときたら思い出すのはこの物語、『世界… このレビューの続きを見る

 表現力がはんぱない。同じ場所の描写は容赦なく繰り返されていたけど。そしてちょっと難しい。引用は多い。文体は滑らかで優しい。どんな主人公もこれで好感を持ってしまう。この作者の中でセックスは重要なテーマらしい。

春樹の小説はどんなに長い物語でも「短編」の様相を呈す気がする。ファンタジーとして描かれる「世界の終わり」と、ややSF味のある現実「ハードボイルド・ワンダーランド」の二つのエピソードが同時に進行し、実… このレビューの続きを見る

うーんこれ幾つかのレビュー繋げられないの? 上下巻とか一緒にしたいのに。 村上春樹はずっと読まず嫌い(と言っても幾つかは読んでた)だったんだけど、これは面白かった。 主人公のキャラのせいかも。村上作… このレビューの続きを見る

高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、〔世界の終り〕。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠され… このレビューの続きを見る

 ってわけで、別の記事にしてみました。でもがんばって気楽に書こうと思います。あれ?  大学一年のとき、お連れ様から借りて読んで以来の再読です。あのときは、こういう書き方もなんだとは思うけどいわゆる“普… このレビューの続きを見る

デザイナーズウィークが、安心できるところまですすんだ。 そのあとは? つぎは何をするんだっけ?? 今日の帰り道、 ずっと欲しかった本を買った! 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」村… このレビューの続きを見る

二つの世界が重なり合いながら収束していく様は、読んでいて心地がいい。 これまでの著作より明らかに世界観が大きい。

関連する商品