DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 - 山崎 豊子 のレビュー全20件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇

おすすめ!3.7 [3.7](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:34801位
  • Amazon価格:¥ 810
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:410110428X(新潮社)
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 3.7 [3.7]

1985年に起きた日本航空123便墜落事故を題材にした御巣鷹山編。 主人公の恩地を描くと言うよりは、 この事故に関わった人たちを俯瞰的に描いたノンフィクション・ノベルという感じでした。 国内最悪の航空機墜落事… このレビューの続きを見る

沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫) [文庫] 山崎 豊子 読了。 うーむ・・・すごい。 圧倒される。 言葉がない。 どこまでが事実でどこから脚色なんかわからん。 泣いてしもうたわい。 でもあれぢゃ。 1巻2巻と全然違う作品になっとるの。 この巻がすごすぎて、前の2巻がかすむ。

御巣鷹の話だけならこの1冊だけでも小説としては完成されてる(1、2巻読んでなくてこの巻だけ読んだとしても十分理解できると思う)。 1、2巻と立て続けに読んだ身としては、この3巻で唐突に事故の話が出てきてち… このレビューの続きを見る

山崎豊子作品、2タイトル目を読んでいます。 前回は大地の子でした。 今は、3巻目にやっと入ったばかりです。 会社の体質と、それに立ち向かう現場の人間の有様は、今でも昔でも変わらないものを感じます。

この映画を見て、よく映像化できたものだと改めて思った、と同時に、 映画全般の様々な出来事,人間模様、撮影時と公開されている現況との違いも頭にあって、複雑な思いがよぎりました。 国見会長(石坂浩二),和… このレビューの続きを見る

まさか全5巻だとはおもってなかったので、興味のあった御巣鷹山篇だけ購入だいじに読むつもりだったのに、一気に読んでしまいましたもったいない!このおはなしは小説的な部分よりも、ノンフィクション的な部分を期待して読み始めたので、なんだかしらじらしさを感じつつも、人間って、企業って、そんなことを考えました企業って私が思うよりもずーっと人間的じゃない部分が多いんだろうなあ難しい

で、山崎豊子映画はすごい。見応えありましたよ3時間30分、休憩付き。まずは、こんな。会社の現場の社員から内閣総理大臣まで網羅するお話。国策会社の日本航空の話ですな(というと語弊があるんだろな)えー内需拡大… このレビューの続きを見る

沈まぬ太陽

01:58:By

すごい作品でした。 山崎豊子ってドラマの白い巨塔(唐沢が主演の)は見てましたが 本を読んだのは初めてでした。 なんていうか、人間の心の奥底や背負っている 業のようなものを強く感じます。 この作品の主人公… このレビューの続きを見る

 謙さん主演の映画が公開されるまでに全てを読んでおこうと決めてから、ようやく半分まできた…読みごたえ満点!全5作の中でも、これはちょっとだけ雰囲気が違う1982年に起きた御巣鷹山の日航機墜落事故こ… このレビューの続きを見る

読んでて辛い。でもページを読む手が止まらない。普段の生活からはとても想像できない、凄惨な飛行機事故の現場。事故が起きた原因自体は些細なミスがきっかけだったりするのですが、それが整備士の過酷な労働環境… このレビューの続きを見る

STAR★EYESというジャズレストランに家族を引き連れて行ってきました。やっぱ生演奏は最高です。名古屋に帰ってきて、なんとなく「名古屋 ジャズ」とかで検索したら出てきたのがSTAREYESという店でした。(SEOって重… このレビューの続きを見る

3.7

ええわ〜

23:06:By BIG ORANGE

 ええよー

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 十年におよぶ海外左遷に耐え、本社へ復帰をはたしたものの、恩地への報復の手がゆるむことはなかった。逆境の日々のなか、ついに「その日」はおとずれる。航空史上最… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 長編が多いのであまり読む機会のない作者ですが(すみません) 『墜落遺体』を読んだあと、もう一度触れてみたくなりました。 少し前に読んだ『クライマーズハイ』が、記者の目線。 『墜落… このレビューの続きを見る

御巣鷹で思い出しましたので、ちょっと書き留めときます。 知人との他愛もない会話の中で「山崎豊子の沈まぬ太陽読んだ?」 「いや、読んだことない、」 「あの本読んでからっさ、オレたまに御巣鷹山に御参りに… このレビューの続きを見る

山崎豊子著の「沈まぬ太陽」。 航空業界に造詣の深い方は一度は読まれていることでしょう。 未読の方はこの「御巣鷹山篇」だけでも先に読まれることをオススメします。この巻から読んでも、十二分に楽しめる一冊です。(自分もそうでしたから・・・) だまされたと思って是非!

労働組合活動の懲罰人事として中近東・アフリカの支店をたらいまわしにされた主人公。 ついに日本への帰国がかなったその矢先、航空機事故史上に残る大惨事が発生する。 この巻で扱われている日航機墜落事故こ… このレビューの続きを見る

 ボイスレコーダーに残された機長と副操縦士の声  「パワーパワー!」  「あたま上げろ!あたま上げろ!」と怒鳴る声  「PULL UP PULL UP」と機械音  ・・・・・墜落  航空史上最大のジャンボ機墜落… このレビューの続きを見る

これまた図書館で借りてきた本です。1985年の実話がベースになっている小説。読み出したら止まらなくなり、読んでいくうちに胸が苦しくなってしまった。 読んでいるうちに当時ボンヤリとニュースを見ていた… このレビューの続きを見る

思わず泣いてしまいました。 本を読んで泣くなんて本当に数年ぶり…。 堕ちていく機内で書かれた遺書がもう…涙 突然残された遺族たちの悲鳴が聞こえてくるようで 一緒になって悲しんで、と同時に腹立たしく… このレビューの続きを見る

関連する商品