>
[Amazon] 五辧の椿 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

五辧の椿 (新潮文庫)
五辧の椿 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

五辧の椿

おすすめ!3.5 [3.5](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:480875位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101134057(新潮社)
五辧の椿 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.5 [3.5]

商人の家に婿に入り遊ぶ事も一切せず、ただ店を大きくし頑張ってきた病気の父を献身的に世話をする娘。 そしてそんな父には近寄りもせず若い男を囲んで遊びほうける母を憎み、父の恨みをはらすという、ミステリーと… このレビューの続きを見る

五弁の椿 (新潮文庫)

15:30:By 俗世間

読み終わったー 山本周五郎すきすぎる 早い段階でおとっつぁんの死亡フラグが立って しばらく読み進められなかった(´;ω;`) 個人的には徳次郎と千之助がすき あとおまさもいい子だった いくらかの良心があったのは この人たちくらいだと思われる 徳次郎に関してはよくわからんが

「五弁の椿」読了。 (新字体で書くのをご容赦) 実は、初・山本周五郎。 江戸の雰囲気というのがよく出てました。 時代というものかな。 そして強烈でした。 娘の潔癖さで物語をどんどん引っ張っていく感じ。 あの年頃でなければ。 ここまで突っ走れない気がします。 ただ、解説にもありましたが。 結末のつけ方はちょっと弱かったかも。

高校生の頃、山本周五郎という作家の小説にすごくハマッていて、 高校生にしたら渋いもん読むな〜と親に言われたことがあります。 確か、宝塚歌劇団の月組が、剣幸(つるぎ・みゆき)の退団公演で 山本周五郎… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品