DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 重力ピエロ - 伊坂 幸太郎 のレビュー全158件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 重力ピエロ (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

重力ピエロ (新潮文庫)
重力ピエロ (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

重力ピエロ

おすすめ!3.6 [3.6](158件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:10160位
  • Amazon価格:¥ 724
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101250235(新潮社)
重力ピエロ (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(158件) 3.6 [3.6]

JUGEMテーマ:読書 伊坂ワールド面白い。けど、後半戦は少し重力を感じさせられて重い感じ。名言だらけで明日からでも知ったかで使いたくなる(笑)

【伊坂幸太郎 新潮社文庫】 伊坂ベストと言えるんじゃないかと思われる、ファンの間でも人気の本書。 ようやく文庫になったので読めました。 なるほど人気なのもよくわかる。 主人公の泉水には、父親違い… このレビューの続きを見る

3.6

伊坂幸太郎作品

00:55:By ひとりごと

今週は伊坂さんの本を読んでいます ・オーデュボンの祈り  不思議な島がどこかにある様なきがします・・・グラスホッパー 現実に起こりうる様な事件と殺し屋達 楽しく読めました・重力ピエロ 少し重い感… このレビューの続きを見る

重力ピエロ。

23:48:By #ff8c00*

仙台市内で発生する連続放火事件の現場近くに出現する謎のグラフィティアート。 二つの関連性に気付いた弟・春と兄・泉水は、そこに秘められたメッセージの解読に乗り出すが…。 逃れることの出来ない遺伝子情報… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 この手の本はやはり早く読める。 しかし,次男に「春」とつけること前提に長男に「泉水」とつけるもんだろうか。いや別に本質と関係ないんだけど。

BUNKO

01:19:By maibu's diary

 JUGEMテーマ:オススメの本文庫本が読みたい気分になったので家族からもおすすめ文庫を借りました。一番右の、イン・ザ・プールはわたくしのです。文庫の中で読みやすいと感じ、面白かった。今回借りたのは重… このレビューの続きを見る

3.6

book_2012_001

16:05:By time of life

JUGEMテーマ:読書

3.6

頂き物

18:02:By Take It Seriously!

阪口正二郎先生から「憲法上の権利と利益衡量――『シールド』としての権利と『切り札』としての権利」『一橋法学』第9巻第3号、2010年、703-29頁、を頂いておりました。どうもありがとうございます。利益衡量的な「… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ちょっとマイブームの、伊坂幸太郎氏の出世作でしょうか? 「いずみ」と「はる」は、兄弟。 弟の出生には、ちょっと暗い過去がある。 でも、兄弟はとても固い絆で結ばれ、家族の仲も良い。 … このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

14:43:By my favorite

 遺伝子関係の会社に勤務する泉水には、春という弟がいる。母は若くして亡くなり、春の出生には複雑な事情があった。その事情を抱えつつも、強い絆で結ばれている家族。この父親のキャラクター、存在が、とっ… このレビューの続きを見る

 もう何ヶ月前に読んだっけ?前過ぎて「おもしろかったー!」っていう感想が薄れているのかとも思ったけれど、多分読んでる最中も「いつもの伊坂幸太郎のほうが好きかも」と思ってたような記憶がある。たしか… このレビューの続きを見る

長編。 『謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは―』 ぐぐっと入り込んで読んでしまった。面白かった。 でもミステリーというよりも、家族の人間模様がメインって感じた。 ミステリーにはまるきっかけとなったのがこの本 恋愛ものは「なんだかなー」な今日この頃。。。それはそれで寂しい

重力ピエロ

15:13:By Sucre-Livre

<あらすじ>兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と火事を予見するするような謎のグラフィティア… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

06:51:By my radio note

友達に貸す約束をしていたので、 買い溜めていた文庫のなかでも優先順位高めに 昨日、勉強そっちのけて一気に読んでしまいました “「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」” 伊坂さんリスペクト 世間から不謹慎と思われるような言動は 思いやりがないと感じるから口にはしなくなったけども、 この言葉は私の信条そのものだと思った だから私は絵を描いているんだ

JUGEMテーマ:読書 特にお目当ての本がなく、ふらっと書店や図書館に立ち寄ったとき、 「あっ、コレ面白そう」「読んでみようかな」と思わせるもの。 装丁に惹かれることもあるし。 “誰々大絶賛!!”という帯も… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 重力ピエロの映画化と配役が決定しました。 配役は以下。 泉水・・・加瀬亮 春・・・・・岡田将生 父・・・・・小日向文世 母・・・・・鈴木京香 黒澤・・・渡部篤郎(予想) 吉高由里子他 黒澤の… このレビューの続きを見る

3.6

読みました。

21:06:By ei

JUGEMテーマ:読書 映画を見てその足で買った原作です。 勢いで買って勢いで読みましたがとても面白かったです。 私は映画の原作を映画の後に読むのが珍しいです。 だいたい先に読むか、見たら読まないか。 内… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

01:00:By

 重力ピエロを読みました。奇怪な放火事件を追いかけてるとある兄弟の物語。『放火犯絶対こいつだよ』と、分かっているのに、ソコになかなか繋がって行かないジラしっぷりと、その間に巻き起こるエピソードが… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

13:30:By

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火 と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

17:43:By 揺れつづけ

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そ… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

22:22:By

 兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火 と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの… このレビューの続きを見る

明日のインタビューの準備! 速読、速読、速読… 下・画像の「重力ピエロ」。 485ページあるうち、 まだ74ページしか読んでいないけれど、 なかなか面白い。 今夜中に絶対読みきる! このほか、坂本光司の「… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

22:34:By k.mのレビュー

○ストーリー 兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアー… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎の小説『重力ピエロ』を読みました。正直、伊坂幸太郎原作の映画をいくつか見て、「おもしろいけど特に心に残らないな」って思ってたけど、今回初めて彼の文字(作品)に触れ、その魅力にびっくり!彼の… このレビューの続きを見る

 血のつながりとか遺伝とか、地球の重力とか。科学的根拠 かがくてきこんきょ ?結局それも目に見えない。ならば根拠になどならない。そんな曖昧なもの 壊してゆけるん だ 。『重力ピエロ』は 重力に縛… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画ぎりぎり映画館でみました。もうね、これはキャスティング勝ちといえましょう。すごくよかったです。特に春のキャスティングは大正解。岡田将生くんがよすぎて、ほんと画面にくぎづけでした。この… このレビューの続きを見る

 伊坂作品2冊目です。 ミステリー作品ですが、個人的にはミステリー部分よりも、登場人物たちの感情描写の方に惹かれました。主人公兄弟のキャラクターはなかなかに魅力的で、わき役たちもわき役とは思えない… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

21:04:By スピカ

 兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。 その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。 そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは―。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。

それは、自分が正しいと思えば、正しいんだ。ネタバレしますので、以下ご注意を。犯罪を肯定しないと、春は生まれてこない。春を肯定すると、犯罪が必要であったことを認めざるを得ない。春は、大切な家族。でも、… このレビューの続きを見る

 伊坂幸太郎さんの作品を読んでみたいと前々から思っていたのですが、なかなか手をつけることができず、たくさんある作品の中からたまたまこの重力ピエロを読むことになった。 読む前に、すでに読んだ人たち… このレビューの続きを見る

  ●あらすじ 連続放火事件の現場に残された謎のグラフィティアート。無意味な言葉の羅列に見える落書きは、一体何を意味するのか?キーワードは、放火と落書きと遺伝子のルール。とある兄弟の物語。 伊坂幸… このレビューの続きを見る

3.6

『重力ピエロ』

18:13:By KON blog

 伊坂幸太郎 『重力ピエロ』 を読みました。 しっかり本を読み切ったのは久しぶりです。 伊坂幸太郎さんの本で読んだことがあるのは、『死神の精度』でした。 それもレビューを書きましたね。 伊坂さ… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

15:15:By A SECRET*

  こちらも読み終わったので。 素直に良い話です。 親子って云うのは温かい。 こういう家族憬れます。 泉水も春も素敵な人。 そして奇人変人の類(笑) 読み終わったときは何だか長い夢から醒めた様な感覚。 心… このレビューの続きを見る

伊坂祭

23:05:By 真夏の夜のコーヒー

アヒルと鴨のコインロッカーのDVDが前から見たかった。 けど、機会は流れて流れて、 結局見れてない。 最近また読書熱が再発したので、 気楽によめるのがいいなーと思ってこの文庫本を買った。 じゃあすごい読みや… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

16:40:By 虹彩二色

 .

 バカ売れ商品

「本当に大事なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」

 友人によるネタバレで1年間積読になってた本。 すぐに読めばよかった! 兄弟の物語。 今回は途中で先が読めてしまった。 けど、謎解き部分はそんなに重要ではないのかも。 この物語の主題は別のところ… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

13:31:By ちこひろ日記

JUGEMテーマ:映画 兄・泉水と弟・春、そして父と母、平穏に陽気に暮らす家族には、過去に辛い出来事があった。 その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、連続放火事件が起こり、そして、現場の近くに謎の落書き… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

15:45:By ちこひろ日記

JUGEMテーマ:映画 兄・泉水と弟・春、そして父と母、平穏に陽気に暮らす家族には、過去に辛い出来事があった。 その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、連続放火事件が起こり、そして、現場の近くに謎の落書き… このレビューの続きを見る

「ハルが二階から落ちてきた」 このシーンが実写でどれくらい印象を残せるのか観てみたかった。 原作を読んでるからストーリーよりもただ映像が気になった。 いつもは原作を読むと映画を観る気がしないのですが… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 ◎映画『重力ピエロ』オフィシャルサイト 伊坂幸太郎原作、森淳一監督、加瀬亮・岡田将生出演の映画『重力ピエロ』を嫁と2人で観てきました。 仙台市内で起こる連続放火事件の謎を追う2人の兄弟、そして、家族の物語です。 【以下、ネタバレ注意】  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

重力ピエロ

00:52:By Potatomato

  本日はよしーと映画館デート(´ω`) 未成年ですがギリギリ11:00前に終演のレイトショーが観れました♪ 始まるぞ…(。ω。*)) 前にはほとんど人がいなくて 貸し切り状態ヽ(´▽`)/ 夜の映画館は素敵です… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

17:31:By Monkey Walk

重力ピエロ (新潮文庫) 伊坂 幸太郎 善も悪も判断なんて基準なんかどこにでもあって、どこにもないいんじゃないかな。 ハラハラしながら読んで、寂しいながらワクワクして。 まだまだ進んでいくんだ。 色んな思い出がひょんなタイミングで思い出されて、微笑んで、切なくなって。

土曜日。帰宅して、ひと段落した時間。たぶん22時頃から読み始めたんだけど、止まらなくなってしまって朝4時頃まで読んでました。昔から一度集中し始めてしまうと周りが見えなくなるのです。良くも悪くも。伊坂… このレビューの続きを見る

3.6

自信

14:24:By Aldebaran -a royal star-

「重力ピエロ」を再読してます。 春でも泉水でもなく、お母さんの事を考えてしまう。 乱暴されて出来た子供を産んで愛したひと。 大好きなひとが居るのに好きじゃないひとの子供を身ごもって 産む。そういう女のひと。 new DecolinkParser().start('diary_body')

 読む暇がない…。 書評だけでも2冊今のところ課題があって TOEICのテストがあって んでもってフィールドワークの課題があるという…。 何とも暇がない生活を送っております。 プラスアルファでギターだし。 重力ピエロ 読みたい…。 でも、全然読む暇がない。 てか 図書館に行く暇もない…。 どうしよう…。 本当に時間がほしいです。

3.6

重力ピエロ

13:44:By beyond my wish

「重力ピエロ」観てきました。 作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説である、傑作ミステリーの映画化作品。数々の伏線を基に、一つに絡み合ったすべての謎が解けたとき、過去から今へとつながる家族の真実が明… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

16:03:By 例外

JUGEMテーマ:邦画 「春が二階から落ちてきた。」 重力ピエロ:邦画(2009年) 全国公開の初日である昨日、観にいってきました。 伊坂幸太郎の小説は大好きで、さらに加瀬亮主演ということで、一年ほど前か… このレビューの続きを見る

實在的,過的快。虛幻的,亦快亦慢。好不容易。。。夏日。夏風。夏服。夏歌。夏感。夏天了嗎?騎著單車感受涼風。會看到什麼?潛。たいせつなあなたたちがいるから。きっと、会える、いつ。嘔,我寫很久了。還沒完成。搞什麼鬼東西啊。究竟怎麼樣好?二選一,二選一,還是二拿二。

人気作家、伊坂幸太郎の代表作の一つ「重力ピエロ」を紹介します。 彼にとっては初期の作品で、既に文庫になっているので、気軽に読んでもらえると思います。テーマは簡単に言ってしまえば、”家族愛 ”の一言… このレビューの続きを見る

【重力ピエロ】

00:15:By 朱晞の巻物

 たぶん発売されたばかりの頃、書店でタイトルが気になりながらも読まずに通り過ぎてしまった。あれから数年、今この作品に出会えて良かった。

ああああ

14:16:By My First JUGEM

 ああああああああ

ああああ

14:16:By My First JUGEM

 ああああああああ

olympus pen F + F.Zuiko 38/1.8 solaris 400

私は読み終わった後久々に爽快感を味わえた作品でした。 この小説に関して言えば『リアリティ』とか『文学的要素(レベルの高さ)』を求めるのは違うのではなかろうかと。って失礼? 私の感じたところにおけるテーマ… このレビューの続きを見る

誰かうたってる 誰だろ きこえる

3.6

  重力ピエロ

13:42:By Retrospect

  昨日やっと読めた! 1ヶ月くらい友達に借りっぱなしで; 内容はすごく良かったんだけど、私的にはもっとどんでん返しが欲しかったな。 てことで評価は4。途中で最後が分かっちゃったし、それほど驚かなかった。 でも映画は見たいな^^映像の方が面白そう! 今読んでるのはチェーンメールって本。 また読めたら感想書きます!

つぶやき中…

23:07:By * マリログ *

そういえば右サイドにtwitter載せてます。ちゃんと表示されてるかな?ブログよりも、もっと簡単に、思ったことなんかをつぶやいてます。重力ピエロ2回目読んだ。他の伊坂作品読んでから、もう一回読むと、また新た… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 「こらえて、こらえた先には、宝物がある」 この本を読み終えて感じたことはこれだ。 世界観は好き。 兄弟たちの名前、ちりばめられた哲学、文学的な他愛のない会話、DNA,思考回路が好みだ… このレビューの続きを見る

 映画も公開されるしということで読み直しました。 なので無意識に、泉水=加瀬亮・春=岡田将生等々、人物を置き換えて読んでたりしててそれはそれで新鮮でした!このシーンどうなるのかなあ…とか。  あ、吉高… このレビューの続きを見る

鮮やかなトリックと 稀有なキャラクターたち。 とにかく面白くて、厚みのわりに一気に読めてしまった。 伊坂幸太郎作品の中でも良作だと思う。

4月に入ってから新生活の多忙さゆえか、ちょっと読書熱が冷めぎみ?です。 続きが気になって読みたくって発狂しそうになるくらいのめりこめる本との出会い、ないかなー。(怖) ・・・ってことで、最近はウブメを読… このレビューの続きを見る

こんにちは♪  「毎月1冊伊坂幸太郎」キャンペーン絶賛開催中のはりゅうみです。 今月は「重力ピエロ」にガブリよってみました。 「小説の奇蹟」とまで書かれるほどの傑作とはいかなるものなのでしょうか? … このレビューの続きを見る

重い出生の過去を持つ弟春と、兄和泉はグラフィックアートと放火事件に興味を示し始めます。今は既に無き美しい母と、癌に侵され入院している父。やがて真実に近づいていきます。 兄和泉を中心とした語り口で、弟… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ (新潮文庫)

21:02:By yucco

重力ピエロ 井坂幸太郎 悲しい過去を抱えた家族の絆と重力のおはなし。 -------------- テーマが重そうってんでなかなか読もうと思わなかったんですが、読んでよかった。 井坂さんを贔屓目に見てるのも確かに… このレビューの続きを見る

今回読んだのは新潮文庫、伊坂幸太郎さんの「重力ピエロ」です。 ジャンルはミステリー、ページ数は470ページです。チョット多めかな。 二人の兄弟の話です。 その兄弟の家族には、過去に辛い出来事がありまし… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

15:24:By kb

JUGEMテーマ:小説全般 ―春が二階から落ちてきた。 連続放火事件、謎のグラフィティアート、遺伝子とのリンク。 複雑な要素が絡み合うミステリーでありながら、 この小説は家族愛を描いた物語だ。 主人公の… このレビューの続きを見る

3.6

ミステリー。

23:21:By

立ち読みで目次を見て、読もう!と決め、本文一行目でがっつり物語に引き込まれました。   スプリング兄弟かわいかった。春は泉水のこと好きすぎで、泉水も春のこと褒め過ぎ。いい兄弟だなー。 未来人… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

00:34:By metronome

今日は私の読んでみたい本についてです。 私は映画を見るときは予め原作を読んでおくのがすきなんです。 約2時間の映像の世界には原作の細かい設定とかストーリーを反映させるのって難しいから、予め全て読みきっ… このレビューの続きを見る

うちの母にも貸したんだけど、 結末を違う風に読んでいたので、 「あぁこれが本の面白いところだなぁ」と思いました。 春と泉水の会話の内容が興味深かったです。 色々考えさせられました。 生まれてこなかったほ… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

02:15:By memo

立ち読みで目次を見て、読もう!と決め、本文一行目にしてがっつり物語に引き込まれました。伊坂さんの本は、本を読む楽しさみたいなのをすごく感じる。伊坂さんは作家さんというより、もうむしろエンターティナー… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

21:56:By books

 memoの方でも少しだけ触れましたが、これに出てくる兄弟が良い感じです。※ここから少し妄想入るかもしれませんので注意。そして激しくネタバレ。『春が落ちてきた』から始まる話。これを読んでから、伊坂幸太… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

23:29:By 刺激のひとつぶ

JUGEMテーマ:読書  個人の好き嫌いでいえば、好きとはいえないスタイルの文体なんですが、ミステリーの組み立てを自分の感情を排除して理屈で考えれば、よくできた作品だなぁと思います。  伊坂作品はスタ… このレビューの続きを見る

表現が難しい だって、この方の本の中でも さらにさらに非現実な登場人物。 描かれる世界はなんだか現実なのに。 おもしろかったけれど その差をずっと感じながら読んだ本でした。

3.6

重力ピエロ

23:13:By かたくりこ

先週くらいには 読み終わってたのに いろいろ忙しくて、 感想書くの忘れてた 前に紹介した "アヒルと鴨のコインロッカー" と同じ著者、 伊坂幸太郎さんの 小説でございます あたしが本を選ぶ 参考にしてるサイトの… このレビューの続きを見る

3.6

03:重力ピエロ

20:41:By Le ciel

  私は長編はあまり好まないのですが、 この作品は軽快で、サクサクと読めました。 主題は別かと思うのですが、 春と私、のふとした会話が私は好きになりました。 その他の一人一人の主人公のキャラがすごい… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎をがんがんに読みたいと思い始めてから もぅしばらくたってたのですが やっと読めました!!! すんごい好きw 哲学と、偏った心理(真理)?と、思いと、思想 … このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎好きの同僚に「ゴールデンスランバー」と「モダンタイムス」読んだよ、と話したら「それだけじゃ勿体ないんで、コレを読んでください」とオススメされたのが、こちら「重力ピエロ」。 なるほど、確か… このレビューの続きを見る

≪内容≫ 異父兄弟の弟を持つ和泉。彼の会社が放火にあった。その放火を弟の春が予言?! 和泉の母が強姦され生まれた春。生むことを決意した父。彼らの複雑な春への父親への感情を放火と落書き=グラフティーアートとの関係性を織り交ぜながら事件を解決していく。そして犯人は・・・?!   ←他にも本の感想が見れます

プラネタリウム

21:35:By Andante**

*重力ピエロ 今日学校の図書室で私の貸し出しデータ見させてもらったー! 今日借りた分までで103冊でした・・・(´∀`)! ちなみに初めて借りた本が「重力ピエロ」なのでした、! (確か放火の事件の話だった気がしま、!) … このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

10:16:By 36. 5°

意外と、よんでるな。彼の本。 書き忘れてました。長くて割とボリュームを感じた…気がする。重すぎはしなかったけれど。(読んでいて、自分は現実世界にいるのになんだか実際に、重圧とか、恐怖とか、気配とか、迫… このレビューの続きを見る

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そ… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

00:09:By 永久煌々*゜

私的に一番好きな話かもしれないです。 簡単に言うと、重すぎない復讐の話。詳細はネタバレになっちゃうと思うので書きませんけど、いい話でした。スプリング(泉水と春)のコンビは、本当に仲のいい大人な兄弟っ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日々徒然 どんどん引き込まれるストーリーだった。出だしは一見目を引く、「春が2階から 落ちてきた」から始まるのだけれどそれに惑わされずストーリー自体も面白いと わたしは思った。 話のキー… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 最後までドキドキしながら読みました。 母親を殺された恨みから、別々に復讐を計画する兄と弟。 復讐っていうと重たい感じがしますが、それがメインではなくって 家族の絆についてのエ… このレビューの続きを見る

最近読んだ本はコレ。。 初めて読んだ伊坂さんの作品でした。 連続放火とグラフィティアートとの関係を、泉水と春の兄弟と父親が推理していくのだが・・その推理や謎解きもさることながら、この兄弟愛や親子愛が読んでいて気持ちよかった。 謎解きの本を読み終えると、もう一回読みたくなるのはオレだけ!?(笑

JUGEMテーマ:気になる書籍 初めて読んだ伊坂作品です。 率直に言うとおもしろかったです。 一見仲のよい家庭なのに、複雑なものが絡んでいて、それでもお互いの事を大切に想っている。まさに理想の家族です。 ミステリーというよりは家族愛の話? 現代は崩壊した家庭が多いので、家族愛的なものを読むとなんだかほんわかします。 伊坂ワールド、はまりそうです。

もうねーすんごい面白いの。 癖のある登場人物たちに、私好みの引用とか比喩とか、ずっぽりハマりました。一晩で読みました。 これは伏線?これも、あれも?って疑いながら読む快感ったらなかったっす。背後からなんか来ちゃうんじゃないかと思ったくらい。笑 伊坂幸太郎作品に手を出したのは、主治医の先生の影響なんだけど、他のも読んでみたくなりましたとさ。 ちゃんちゃん。

初めて読んだ伊坂作品。 こっから激ハマりww なんと言っても春の性格に魅かれた バリっとしてて、自分をしっかり持った人に、 やっぱりおれは魅かれるんだなあ・・ Amazon.co.jp ウィジェット

今年読んだ本の中ではダントツに面白かった!! 最近一度読んだだけという読み捨てが多いんですけど、この本は自分でも購入し何度も読み返したいと思わせる本でしたね。 ストーリーは主人公である遺伝子関係の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 よかった。 さすが。

3.6

重力ピエロ (新潮文庫)

13:16:By 月窟

JUGEMテーマ:小説全般 先日買った『重力ピエロ』読み終わりました。 これは面白かった。 ありきたりな言葉ですが、そのままです。

じゃじゃーんっ 伊坂さんの本レビュー、第四弾ですねっ! 今回は親父が購入してきた「重力ピエロ」ですっ ↑親子で伊坂さんにハマってる テスト終わるまで、我慢できませんでした。 3日に読み始めて、4日に… このレビューの続きを見る

最近 私の中では伊坂幸太郎ブームです。 今回感想を書き記すのは 「重力ピエロ」です。 この書籍は 私が今までにない 幸太郎ワールドを感じました。 この「重力ピエロ」は ゆっくりと読み進めると … このレビューの続きを見る

35

21:53:By tubutub u

生物の知識 フル活用。 ちょっと思い出した。 最後がちょっと くどかったかなぁ

JUGEMテーマ:小説全般 今度映画化されるんですよね^^ 原作を読んでるので、それがどんな風に映像で表現されるのかちょっと興味があります。 映画も観てみようかなあと思ってます^^ 「重力ピエロ」。 なんだ… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

17:59:By vanille plus*

今回も面白かったです。 数奇な運命で産まれてきた弟と、その兄の話。 ミステリっぽいけど、全然ミステリな終わり方じゃなかった(笑) 文章も構成も相変わらず読みやすいし、優秀。 ただ、何冊も読んでるとちょっと物足りなくなるかなー。 好みかとは思いますが。(ちょっとマニア好みなので…笑。) JUGEMテーマ:小説全般

JUGEMテーマ:読書 主人公の弟、春のイメージは瑞々しさを備えた産まれながらの少年だ。 歳を重ねるにつれて社会の常識の中に順応せざるを得なくなり、次第に順応しきってしまう。 その社会の常識を軽く飛び越… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

21:33:By 蜜色日和

タイトルとかあらすじとか結構惹かれるものがあって 読んだんだけど… なんだかなぁ、って感じでしたね。 もしかすると、女の立場から読んだからかも?とか。 読んでて気分がいいものではないですが 続きが気に… このレビューの続きを見る

----- 兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出… このレビューの続きを見る

今更ですが伊坂幸太郎をようやく手に取りました。「死神の精度」が映画化されたおかげでどこの書店でも彼の本のコーナーが出来ていますが、なんとなく最メジャーな本は手に取るのをためらってしまって一番地味そう… このレビューの続きを見る

最近自分の本棚の本を読んであげてなかったので、あまり読み返していなかった重力ピエロを読んでみました 前回読んだときはまだ伊坂さんの作品を全て知らなくて、彼がどんな世界観をもっているのかいまいちまだ… このレビューの続きを見る

 燃える燃える燃える燃えろ。  重力も繋がりも全て全て飛び越えていけ。  嗚呼、ハルがオチテくる。 *あらすじ*  泉水の弟「春」の出生には、とある秘密があった。それでも、彼等は確かに家族だった… このレビューの続きを見る

(あらすじ) 兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母・・・。 チョット重かったけど(春の出生の秘密とか) 『この次はどうなるんやろ〜?どうなるんやろ〜?』 と言う感じで面白かった┗|´Д`*||*´Д… このレビューの続きを見る

図書館貸し出し(→1/29)

重力ピエロ

17:35:By RRRR!!!!!

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。 家族には、過去に辛い出来事があった。 その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。 連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出… このレビューの続きを見る

伊坂氏の小説の「リズミカルな禅問答」が好き 今回の内容は ルールは越えられる。世界だって変えられる。読書界を圧倒した記念碑的名作。文庫化にあたり改稿。 兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。… このレビューの続きを見る

何度も読み過ぎて, 私の文庫本はボロボロです。 語り口は淡々としているけれど ほんと,熱い小説です。 個人的には,「重力ピエロ」は, 「親子の絆とは何か」 ということを世に問うた作品だと思います。 … このレビューの続きを見る

二学期の中間試験中に友達から借りた「重力ピエロ」、 本日読み切りました。 「本を買うときどうやって決めるかは題名で決める」という話を人から聞いたので、 実際本屋へ行って探した際に最も気になった本。 … このレビューの続きを見る

重力ピエロ (新潮文庫)

12:52:By kurumi

面白かったので紹介を。 基本的には家族の話であり、重いテーマでもあるんだけど (重く、かつ色んなテーマが絡んでいる) 軽妙な会話のやりとりといい、リズムがとても心地よかったし 登場人物も魅力的で楽しく読めました。 伊坂さんの作品は、他のものも何作か読みましたが 私はこれが好き。なんとも言えない不思議な感動を味わえました。

昨日読みました。 実は初☆伊坂氏。 なんか色々なことと重なって図書館にいけなかったりしてね。 いけても借りられてたり。 母親が太っ腹にも買ってくれたので。 うん。すごーい面白かった!! というかなんか文章が洒落てるというか。 ラストも驚きだったし。 悲しいのに笑えるってゆう絶妙な。 素敵でした。 明日カフェイレに伊坂氏が来るからその前に読めてよかったなぁなんて。

≪内容≫ 異父兄弟の弟を持つ和泉。彼の会社が放火にあった。その放火を弟の春が予言?! 和泉の母が強姦され生まれた春。生むことを決意した父。彼らの複雑な春への父親への感情を放火と落書き=グラフティーアートとの関係性を織り交ぜながら事件を解決していく。そして犯人は・・・?!

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そ… このレビューの続きを見る

『重力ピエロ』伊坂幸太郎

3.6

重力ピエロ

14:25:By engawa@cafe

「世の中が許さなくても俺達は許すんだ」 って、うーん、やっぱりこれは小説だから許されるんだろうな、と思うのですが。 それでも主人公達は最強の家族だなあ。 泉水の弟の春は、偶然家に侵入してきたレイプ犯… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

21:45:By Sound Sleep Machine

兄弟&父の話。 泉と春。 どっちも英語でスプリング。 遺伝子の本が読みたくなる。 ところで、写真の「YONDA?」かわいいけどちょっと邪魔ですね。 空中ブランコしてます。

少し前に読み終わりました。 兄弟 遺伝子 グラフィックアート 放火事件 がキーワードかな。 ワタシはこの兄弟がだいすき。いや家族がすき みんなが魅力的だなあ 春のことばはなぜかこころにくるものがあってね。なんでだろね。フシギ ひとそれぞれだけど、ワタシはこの作品がすきだ つぎはなに読もうかなー はやく伊坂作品を全部読みたい

【★★★★☆】 ーーー春が二階から落ちてきた。ーーー 冒頭のこの一文で、まずぐいっと引き込まれてしまう。 そして、ジョーダンバットの登場によって、さらにぐいぐいっと伊坂ワールドにはまり込んでしまった。… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

17:56:By Sound Sleep Machine

test

泉水と春は義兄弟。 死んでしまった美しい母、癌の父親。 連続放火事件と、謎のグラフィティアート。 その謎解きを始めた家族の行方とは。 謎解きや犯人探しははっきりいったらどうでもいい。 作者もどうでもいいと思ってる気がする。 泉水と春のなんともインテリな会話が面白い。 出だしの文章がすごくよくて、それが最後までこの物語をひっぱっていってるかんじ。 筆力あります。

最近は新書と文庫を交互に読むようにしてる 伊坂はおもしろい

3.6

重力ピエロ (新潮文庫)

13:43:By

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。 家族には、過去に辛い出来事があった。 その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。 連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの… このレビューの続きを見る

昔から、春が笑うと私たち家族は幸せだった。 春がすきです。もうほんとに好きです。もっと早くに読んでれば、私の人格形成に相当な影響を与えられた気がする。今でも充分。 兄弟のお父さんが世界中の人のお父… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ (新潮文庫)

18:51:By 234

これも買った。 先にこっち読んでる。 本好きなんだけど、選ぶのむずかしいー。 好きな作家サン特にいないし。 大体帯見て選んでます。後はやっぱり新書とかランキングに 頼る(*´・ω・`) 本に詳しい人はカッコイイなぁ。

グラフティの話しで 書いては消すバイトていいなって思った 誰かやればいいのに 落書きを消して作品残す トンネルに春が描いたグラフティ こうゆうのを誰かがやればいいのに with市で 夏子さんは好きですが 推理的にはあんまりやった 遺伝子の話しはサッパリ けど警察に行かない所にスカッ

忌々しいレイプ事件と清々しい家族愛の物語。

半年くらいかけてよみました。 伊坂さんのって読んでるとしらないことがいっぱいでてきて、それをわたしはいちいち調べながら読むんですけど、面白いんですけど時間がかかるんですよねえ・・・

お父さんもかっこよかったし、春もかっこよかったし、でも一番はお兄さんかなあ。あのカスタードクリームのお菓子を持たせてホテルのおじさんに謝りにいかせるシーンが本当に大好き。思わず泣き笑いだった。 夏… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

00:54:By beyond my wish

はっかさん、べーやんさん、読み始めました!! まだ128P目です^^; 「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」 早く全部読みたいっ

泉水と春の兄弟、家族にはつらい過去と秘密があった。町で起こる連続放火とグラフィックアートの事件に興味をもち、調べ始めるうちに意外な事実が…。 ただいま凄く調子が悪くて更新停滞中なのですが、この本を読… このレビューの続きを見る

今年一番はまっている作家さん、伊坂幸太郎の作品です。この本は本当に良かった!街中で起こる放火事件、その事件の真相を追う主人公の兄弟。その2人と家族の物語。 この作品で一番印象に残ったのは兄弟と家族… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎おもろい。 これはなんだろう。 学生んときに遺伝子勉強したのが懐かしくなったかな。 もう殆ど覚えてないけど。 重力ピエロは発想が楽しい。 遺伝子と放火と落書きと。 よくもこうつながりを… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

00:42:By fragreen

『重力ピエロ』は 伊坂幸太郎の作品 話のテンポがあまりないかんじで 少し新鮮だったけど でも途中で犯人はわかっちゃうのよね〜 そこがちょっと残念だった

買ってて読むのを忘れてた一冊。 この物語も登場人物が個性的。 遺伝子関係の仕事をする主人公。 レイプされた母親が身篭って生んだ弟は 街の落書きを消す仕事をしている。 父親は癌で入院中。 そんな家族が… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

14:11:By melt

読みたくて買ったくせに、ちょっと分厚いなあ、と思って読んでいなかったもの(いつものパターン)。そして面白かった。やっぱ面白いなあ、この人のお話は。何でこんなに話のリズムが気持いい軽さなんだろう。 救い… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

21:09:By 文法ノート

ともだちに薦められて。 サクサク読めて、伊坂幸太郎らしい軽さがあって、でも割と読み応えがあってなかなかよかった。 ただあのラストはちょっと微妙な気が…。 無理矢理泣ける? 風にして誤魔化している感が否めないかも。 ちなみにこれから読もうとおもっている方は、 ぜひデビュー作『オーデュボンの祈り』を先に読んでおくべきです。 ちょっと嬉しい気持ちになれるはず。

3.6

重力ピエロ

05:37:By 音楽と言葉

もちろんミステリーなのですが、どちらかというと 家族の、兄弟の物語だと思います。 グラフィティアートとか扱う題材のセンスがいいですね。

重力ピエロ

02:52:By 我的故事

伊坂幸太郎デヴューです。 この話はサスペンスだと思っていたのですが、純粋なそれでもないみたいですね。 火事、グラフィティアート、遺伝子、そして性がキーワードとなっています。 そこに家族愛とストーカ… このレビューの続きを見る

「陽気なギャング…」のイメージが強かったのですが、こういう矛盾の中を必死に肯定しようとする過程って好きです。 自分の無力さを認められるってすごい。

気になってはいたけど何だか機会を逃して読めていなかった本のうちの一冊。 この前お金に余裕があったときに本屋へ行ったので迷わず購入。 購入動機はタイトルが面白そうだったからです。 いやあ、久しぶ… このレビューの続きを見る

連続する落書き事件と放火事件。 その関連性に気づいた二人の兄弟が事件の真相をさぐり… …ってなストーリーなんですが、こう書くとなんか ミステリ小説みたいですね…でもあんまり ミステリっぽい感じじゃないで… このレビューの続きを見る

 評価:★★★☆ 3.5  「なんだ、小説、まだまだいけるじゃん!」とかいうふざけたキャッチコピーはどうかと思いますが、内容はやはり面白いです。  レイプ犯との間に出来た子供、春。の兄の目線で物語は進… このレビューの続きを見る

この本すっごいおもしろいよ−♪ おすすめだからみつけたら読んでね(^ω^)

引き続き、伊坂 幸太郎です。 文章が読みやすいことと、続きが気になることの二乗により、一気に読んでしまいます。 これは家族の話。 ちょっと風変わりな、家族。 兄弟が、なんだかんだで仲が良く、父親と母… このレビューの続きを見る

読了■重力ピエロ

14:55:By OVER

やっぱ伊坂幸太郎好きだわ。キャラとか雰囲気とかね。で、私家族の絆とかそういうの(あの東京なんとかとかね)って読みたくないという捻くれモノですのでこれ大丈夫かな、とちょっと思ったんだけど全然!押し付けがましくなくさらっと、でもちゃんと。そのぐらいがいいの。

最近お気に入り(といっても、読んだ数は少ないですが)の、伊坂幸太郎。 今回のテーマは「家族」ですね。 本作品も他の作品に漏れず、 捻りとウィットに富んだ作品になってます。

この作品も映像化とか。 すごいね、伊坂さん。 次から次へと、映像化。 これは、家族の話。 そして、遺伝子の話。 仲良しの兄弟と、連続放火事件の話。 火事を予知するかのように散りばめられた謎のグ… このレビューの続きを見る

 伊坂幸太郎は、文章の洒脱さと軽快さにおいて現代作家の中ではちょっと太刀打ち出来ない作家であることは、「春が2階から落ちてきた」という冒頭の一文からはじめた本作からでも十分に覗えよう。限られている登… このレビューの続きを見る

素直に再読したい気持ちは90%位あったのですが、 残りの10%は前の感想文があまりに馬鹿っぽかったからです(苦笑) 伊坂さんに失礼だ、って事で気合を入れて書き直そうと思いましたが、 この話って案外ま… このレビューの続きを見る

3.6

重力ピエロ

22:11:By 7話目

やっと読み終わったですよー 遺伝子うんぬんあたりは正直??でしたが(笑)、ラストの親父さんの場面で感涙でした。 結局自首しないのかな? ちなみに自分、伊坂作品の中に感じられる、「悪人は死んでよし」的思想がかなり同感です。だから好きやなー

伊坂幸太郎。 噂では知っていたけれど、今更ながら初めて読んだ。 ミステリー作家に分類されることが多いかも知れないけど、この作品はミステリーを多く読む私からすると、ミステリーという感じは全然しなかった。 でも、ミステリー好きの私がたいそう楽しめた。 

3.6

重力ピエロ

01:41:By

 兄・泉水、弟・春。  つらい過去を持ちながら、成長してきた二人の近辺でおこる連続放火事件。   グラフィックアートと、遺伝子と、ストーカーと、癌闘病中の父と、  あい絡まって結末へ。    重い・… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;重力ピエロ 伊坂 幸太郎 私―兄である泉水、二つ下の弟春、優しい父に美しい母。そんな家族には、辛い過去があった……。 半分しか血の繋がっていない兄弟の周りで起きた連続放火事件。 意味深… このレビューの続きを見る

重力ピエロ

16:33:By mopsy note

 昨日の夜、お風呂に入りながら読み終えました。最後の方は汗だらだらで頭ぼんやりだったのであんまり頭に残ってな…い…。とにかく伊坂先生は兄弟ものが好きなんでしょうかね?今回もいい兄弟でした。あとお父さんがいいお父さんでした。  今ちょっと感想が思いつかないのでまた後で書き直します。  

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品