DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed おまけのこ - 畠中 恵 のレビュー全40件 JUGEMブログ

>
[Amazon] おまけのこ (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

おまけのこ (新潮文庫)
おまけのこ (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

おまけのこ

おすすめ!3.7 [3.7](40件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:102832位
  • Amazon価格:¥ 562
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101461244(新潮社)
おまけのこ (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(40件) 3.7 [3.7]

一人が寂しくて泣きますか?あの人に、あなたの素顔を見せられますか?心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。鼻つまみ者の哀しみが胸に迫る「こわい」、滑稽なまでの厚化粧をやめられない微妙な娘心を描く「畳紙」、鳴家の冒険が愛らしい表題作など全5編。(データベースより) 久しぶりにこのシリーズを読んだけど、面白かった。

*おまけのこ

18:56:By 本のなる木

辛抱が幸福を招くものなのだ。 『おまけのこ』 畠中恵 かなり切なく、やるせない話から始まるこの巻。 「こわい」の話はかなり考えさせられます。 大好きなお雛ちゃんが変わり始めるお話も好きですが、 … このレビューの続きを見る

 畠中 恵ワールドに どっぷり浸っています・・・ ”しゃばけ”シリーズのおもしろいこと・・ 廻船問屋兼薬種問屋 長崎屋の若だんなである 大事な跡取り息子の一太郎の祖母が 皮衣(かわごろも)という大妖(… このレビューの続きを見る

 お久しぶりです。本を久しぶりに読んだので、読了記録をば。畠中 恵「おまけのこ」(新潮文庫)  長崎屋の若だんなは、ちょっと人とは違う。体が弱く、妖(あやかし)である二人の手代に甘やかされ、離れ… このレビューの続きを見る

3.7

おまけのこ

14:32:By ほんのひとこと

神にも仏にも見捨てられた狐者異が持ってきた妙薬を巡って関係したものがみな不幸になってしまう「こわい」厚化粧がやめられないことを悩んでいるお雛が夢の中で屏風のぞきに相談する「畳紙」まだ五つだった一太郎… このレビューの続きを見る

一人が寂しくて泣きますか?あの人に、あなたの素顔を見せられますか?心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。鼻つまみ者の哀しみが胸に迫る「こわい」、滑稽なまでの厚化粧をやめられない微妙な娘心を描く「畳紙」、鳴家の冒険が愛らしい表題作など全5編。

シリーズ4冊目です。 今回は5編構成です。 1本目の「こわい」は狐者異という妖怪からも忌み嫌われる妖を描いたものなのですが、今まではどこか人好きのする妖ばかりが出てきましたが、狐者異は妖らしい妖という… このレビューの続きを見る

おまけのこ

00:03:By

 本当はちびちび勿体ぶって読もうと思ってたんだけど、図書館に予約してある『ちんぷんかん』(しゃばけシリーズ6作目)の順番が明日にでも回ってきそうなので、読むピッチを早めてみました。笑思ってたより早… このレビューの続きを見る

おまけのこ

21:21:By Searchvision

一人が寂しくて泣きますか?あの人に、あなたの素顔を見せられますか?心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。鼻つまみ者の哀しみが胸に迫る「こわい」、滑稽なまでの厚化粧をやめられない微妙な娘心を描く「畳紙」、鳴家の冒険が愛らしい表題作など全5編。 ぎゅわーっ!

 まだ未読なので、詳細はいずれまた〜

 一人が寂しくて泣きますか?あの人に、あなたの素顔を見せられますか?心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。鼻つまみ… このレビューの続きを見る

 

 

3.7

おまけのこ

19:32:By ◆Ruri+Hari†◆

おまけのこ 畠中恵 新潮社 しゃばけシリーズ第4弾。短編集。 「こわい」 「畳紙」 「動く影」 「ありんすこく」 「おまけのこ」 以下それぞれ感想。ネタばらし。 「こわい」 安直にハッピー… このレビューの続きを見る

家鳴が可愛かったしゃばけシリーズ「おまけのこ」です とにかく家鳴が可愛かったです 最後の家鳴の冒険の話もそうですが、若だんなの着物に入り込んでしっかりと守るところとかは気ままで白状なイメージのある… このレビューの続きを見る

おまけのこ

13:21:By Mak World Blog*

とうとう第4作目まできてしまった「しゃばけ」シリーズ。現時点で文庫化されているのはここまでだから、とりあえずここで打ち止め(単行本は7作目まで出ている。買えって?)。話が進むにつれて、ちょっとずつ若だ… このレビューの続きを見る

おまけのこ

13:20:By 徒然*日々楽観

読んだよ、という記録。 ああ、もう、鳴家がかわいすぎる!笑 JUGEMテーマ:小説全般

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 一人が寂しくて泣きますか? あの人に、あなたの素顔を見せられますか? 心優しき若旦那と妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件の数々。 鼻つまみ… このレビューの続きを見る

-------------------------------------------------------------------------- 一人が寂しくて泣きますか? あの人に、あなたの素顔を見せられますか? 心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳あ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  無くしたかと思ったらひょっこり出てきました。よかった。  あいも変わらず若旦那は布団に臥せってました。妖怪のクォーターなのに体弱いよね。  とても切ない「こわい」、前回出てきたお… このレビューの続きを見る

「しゃばけ」シリーズの第4弾「おまけのこ」 若旦那一太郎と妖たちとの話である。 今回の本の題名にもなってるおまけのこは 一太郎の家にすんでる鳴家(やなり)が、 主役の話になっている。 このやなりは、しゃばけシリーズでは、 こねこのようにわかだんなになついている妖怪で有名。 若旦那が他のやなりの声と我が家のやなりの声を ききわけるシーンがあり、感動した。

風呂で読むにはちょうどいい。 厚化粧の娘の話と、家鳴の冒険が好きです。

JUGEMテーマ:読書 しゃばけシリーズ4作品のなかで一番好きな作品が収録されてます。 吉原の遊郭を舞台にし、禿(遊女見習い)の足抜け(脱走)を手助けする「ありんすこく」 病弱だと必然的に接する人が少な… このレビューの続きを見る

解説 谷原章介

13:27:By 141_chip

「おまけのこ」(新潮社/畠中恵)を読んだ。 帯で谷原章介がおすすめしていて、なんでだろうと思ったら、そういえばお正月のドラマで仁吉を演じたんだった。 待望の文庫化で楽しみにしていたけど、長編じゃなく… このレビューの続きを見る

 畠中恵『おまけのこ』(新潮社)です。

5歳児カワ!! 6才の栄吉さんは泣き虫なのか、そうか… 「こわい」は嫌われ者がなぜ嫌われるかという話ですか。話が通じない通じない、。情も通じなきゃ道理も通じないという大変恐ろしい話でございましたよ。あいつ… このレビューの続きを見る

3.7

おまけのこ

09:44:By

一人が寂しくて泣きますか?  あの人に、あなたの素顔を見せられますか?  心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、 ちょっと訳ありの難事件。 「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です… このレビューの続きを見る

「おまけのこ」読了。 表題作はとにかく鳴家が可愛い。 大冒険しちゃいましたね。 永遠に幼児レベルなんだろうな。 自分ちとよその鳴家の区別がつく若だんなもすごいが。 常連では屏風のぞきが活躍する「畳紙」もなかなか。 結構粋じゃないですか。 実写版キャストで映像化してもらいたいような。

3.7

おまけのこ

13:47:By 世界樹の葉裏

文庫版、購入。 帯の「鳴家ストラップ1000名プレゼント」の文字に釣られました。 これが100名だったら買わなかったかも……。 このストラップ、全然可愛くないんだけどね!でも可愛くないのが鳴家だから。 … このレビューの続きを見る

文庫に落ちてたのでようやく読むことができました、しゃばけシリーズ第四弾!病弱な若旦那と妖怪たちの素敵なストーリー、今回も短編集だ!これまでの短編集よりずっと好きなんですが、心温まる系のストーリーが多… このレビューの続きを見る

しゃばけシリーズ文庫化、年1冊くらいのペースだった気がするのに今回早い?勘違い? 若旦那のやさしさを理解できず、自分はいつどこにいても人々から遠ざけられ邪険にされる存在だと、もうずっと前からしってい… このレビューの続きを見る

いつもと同じトーンなんだけど、 ちゃんと毎回、違った工夫があって、 でもいつもと同じ雰囲気という安心感があって、 でも絶対面白い。 貴重なシリーズです。 ドラマ化したくなる気持ちは分かるが、 是… このレビューの続きを見る

おまけのこ   

01:06:By よそゆき

みなに嫌われる妖怪を描いた「こわい」。 厚化粧がやめられない娘の心理を描いた「畳紙」。 子どもの頃の一太郎の大冒険「動く影」。 禿の足抜けを手伝う顛末を描いた「ありんすこく」。 鳴家の冒険を描いた表… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 文庫最新刊。 表題を入れて5作品が収録されている。 毎度の事ながら、私は若旦那になりたい。と常々思う。 砂糖菓子にさらに砂糖を振りかけたように甘い両親に大店の一人息子というお金に… このレビューの続きを見る

 届きました。「しゃばけ」シリーズ第四弾。  テレビ版見損ねたから悔しくって。配役すら把握しとらん。  居候の身には辛いです。実家はよっぽど見るものが無い限りNHKしか見ない。  総合、教育、BS。せめて「本所深川不思議草子・茂七親分」みたくやってくれないかなぁ。  本の方は隙を見つけて読みますよ〜。JUGEMテーマ:読書

この前ドラマもやっていた『しゃばけ』シリーズの最新文庫が出たので早速購入。 今回も短編集で、若旦那の幼少時代が垣間見れる『動く影』や、若旦那じゃなくて厚化粧のお雛が主人公の『畳紙』、鳴家が大活躍の… このレビューの続きを見る

じゅげむのレビュー機能っちゅーもんを使ってみます。 「ねこのばば」「ぬしさまへ」に続いてようやく見っけた「おまけのこ」文庫本。 何のことはない、新刊やから置いてある場所が違ってて、前回行った時に見… このレビューの続きを見る

≪内容≫ 摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若だんな・一太郎に持ち込まれるは、訳ありの頼み事やらお江戸を騒がす難事件。親友・栄吉との大喧嘩あり、「屏風のぞき」の人生… このレビューの続きを見る

一人が寂しくて泣きますか? あの人に、あなたの素顔を見せられますか? 心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。 「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。 鼻… このレビューの続きを見る

28日発売の「おまけのこ」文庫版です。 しゃばけのドラマ見ましたか? ドラマなのによくがんばったと思いました(^^) CGはともかく…、特殊メークは素晴らしい! 最初から第一弾!なんて、やる気満々でいいではあ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品