>
[Amazon] 異邦人 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

異邦人 (新潮文庫)
異邦人 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

異邦人

おすすめ!3.8 [3.8](24件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ペーパーバック
  • Amazonランキング:6319位
  • Amazon価格:¥ 432
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4102114017(新潮社)
異邦人 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(24件) 3.8 [3.8]

「本が増えて家が手狭になったから」という理由で妻子を殺す男。 俄かには信じられない動機で殺人を犯す主人公・仁藤は、『異邦人』(カミュ著)の主人公ムルソーに極めて近い印象を残す。 ムルソーは殺人の動機… このレビューの続きを見る

【カミュ 訳:窪田啓作 新潮文庫】 母の死の翌日に、海水浴に行き、女と関係を結び、喜劇映画を観、自分とは直接関係のなかった男を殺したことにより、死刑の判決を受けるムルソー。 裏の粗筋ほぼそのまま… このレビューの続きを見る

481 異邦人

16:23:By AW

読んだ。

JUGEMテーマ:学問・学校  さて今日は午前造形大で図学の補講。午後から名古屋芸大でファンデーションの最終回ということで、八事から三角形状に移動する必要があったわけですが、これが決まったあと今シーズン… このレビューの続きを見る

まっとうに捉えようとすると、心が壊れそう。 BGM:Sigur ros"Saeglopur"

再読

10:58:By つれづれ〜

本は面白い。 そして、人間って面白いと思う。うん。 同じ本なのに、感想が信じられないくらい変わっていたりする。 中学・高校時代に読んだ本、あんまりよくわからなかった本、 途中で挫折してしまった本、先生に… このレビューの続きを見る

3.8

異邦人

20:36:By トトガ御用達

 JUGEMテーマ:読書くもんのすいせん図書I-15

・やっぱり、世界的な名作はガツンとくるものだ。 ・翻訳された小説は言い回しが独特で、日本の小説と比べるとマンガと絵本くらいに違う書物のように感じる。 ・だが、それがいい! ・感情の表現がどれだけこの世… このレビューの続きを見る

 生きていまして、シンプルに考えれば考えるほど、疑問が溢れ、悩みますね。意味が分かりません。様々なことに。ある政治家がこう言いましたね。「人生の不条理を感じる」と。もう、それこそ、不条理ばかりで… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般JUGEMテーマ:読書  「きょう、ママンが死んだ。もしかすると、昨日かもしれないが、私には分からない」 こんな冒頭から始まる「異邦人」。 考えることが多すぎて一読しただけで何かを語… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学 昨日の深夜から今朝にかけて「異邦人」を読んだ。実に19年ぶりに。 19年前の私は、大学一年生だった。「異邦人」を読んだのは、確か夏休みで実家に帰った時のことだったと思う… このレビューの続きを見る

どれも内容が深すぎて、コメントするのが難しいので載せておくだけにします。

 世の中は村上春樹でウキウキなさっているようですが、アンチ村上春樹の私は「異邦人」を読みました。 ところで、以前、「ノルウェイの森」が爆発的ヒットだったようなので、我慢して読みましたけど、性的な表現が… このレビューの続きを見る

カミュの『異邦人』です!! 最終土曜日の22時からですので皆さまどうぞいらしてくださいね。トリセツ本もあったので載っけてみました。うまく載っかるかな……1回に2冊レヴューしたことがないので不安……読んでない… このレビューの続きを見る

 今、カミュの『異邦人』に夢中になっております。 これほどすばらしい小説ってなんで以前読んだときに わからなかったんだろう。 ママンのことを愛しながらも、死後のママンはただの物体になり、 お通… このレビューの続きを見る

『今日、ママンが死んだ。もしかすると、昨日かも知れないが、私にはわからない。』 これまで1度も本作を読んだことのない私だが、この冒頭の文章は知っているし、タイトル、著者を知らない人はいないだろう。 照… このレビューの続きを見る

カミュ「異邦人」

15:41:By 種折々

何となく名著と思って購入しておいたカミュの「異邦人」。買った動機も何となくなのですが、今回読んだ動機も何となく。物語は主人公ムルソーの亡くなった母親の葬儀のシーンから始まる。ムルソーは葬儀を終えた翌… このレビューの続きを見る

3.8

異邦人

10:10:By OKULO

 題名は大事なもので、もしこの翻訳小説の題名が『外国人』や『外人』であったならば、日本で今に至るまでの読者数(何人かは知らないが)を確保することはできなかっただろう。鯨はこの題名だけに魅かれて、この… このレビューの続きを見る

3.8

異邦人

16:26:By ほんのひとこと

養老院で暮らしていた母の死の翌日 海水浴に行ってガールフレンドと出会い、 隣人が女と縁を切るのを手伝い 報復に訪れたアラビア人をピストルで撃ち殺したムルソー。 愛も情も欠落しているとされた彼は 裁判… このレビューの続きを見る

3.8

異邦人

19:29:By びぼうろく

うーむ、何故だか、全く集中して読めませんでした。 文字をなぞっているというよりも、紙の上を目がただ行き来しているだけ、とういう感じでした。 ほんと本読む資格無いですね……反省です。 苦しい言い訳を… このレビューの続きを見る

異邦人

20:22:By しまくまの本棚

 積んである本を薄いものから潰していこう企画と名付けて、今日読んだ一冊。  現代のフランス小説を読んだのはまだこれで二冊目なのですが(一冊目はサガンの「かなしみよ、こんにちは」、フランス人は海とバカ… このレビューの続きを見る

異邦人

00:44:By シメンソカ

この本は何回読んでも飽きない。 なんでかしら? セインさんのおじいちゃん。 ♪ あなたにとって私 ただの通りすがり     ちょっと振り向いてみただけの異邦人           ・       … このレビューの続きを見る

今日、ママンが死んだ。 どっかーん!!!ピンポイント。 まあ僕はアホなので、ムルソーの言ってるふかーい話ははなくそほどもわかってないんですが(汚いな、たとえが) 昔の本って、性欲についての書き… このレビューの続きを見る

3.8

異邦人

16:33:By barks at the moon.

殺人を犯した動機を「太陽のせい」にした主人公の話。不条理とかそういうものが許せなかった潔癖な中学時代に読んだ。ので、私の人生観や論理感に大きな影響を与えた小説。個々は個々でありわかりあう事もないし、人は誰でも異邦人。でも今読み返すとまた違った印象を受けるかもしれん。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品