DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed サクリファイス - 近藤 史恵 のレビュー全52件 JUGEMブログ

>
[Amazon] サクリファイス

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

サクリファイス
サクリファイスで自分のブログにレビューを書く

サクリファイス

おすすめ!3.7 [3.7](52件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:141221位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4103052511(新潮社)
サクリファイスのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(52件) 3.7 [3.7]

自転車のロードレースが チーム戦であり ロードレースには エースとアシストという 役割分担があり ひとりひとりが勝利を 目指すのではなく、たとえ自分の順位を下げることがあっても アシストの選手は、エ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  結局この時間に至るまで雨はふりませんでした 山口のほう、すごいことになってるみたいなのに・・・中国四国地方というけど やはり日本って広いんだ 局地的ってヤツなんでしょ… このレビューの続きを見る

勝利は一人だけのものじゃない。 自転車ロードレースの世界を舞台に描く、青春サスペンス。 外伝しか読んだことなかったのが申し訳ないっ!!と、思うくらい面白かった。 なんか言葉がでない。 「エデン」も読みたいっ!! (4日読了)

ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。 勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、… このレビューの続きを見る

3.7

サクリファイス

11:55:By

「それでもな……奴は俺の誇りだったよ。汗みずくで必死にペダルを踏んで、あいつを勝負所まで連れていく。俺のペダルを踏む力がちょうど限界になったとき、あいつは俺を置いて飛び出していくんだ。まるで翼が生えた… このレビューの続きを見る

* あらすじ* 勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、… このレビューの続きを見る

3.7

サクリファイス/近藤史恵

19:30:By

自転車ロードレースの話。 自転車競技に興味はなかったが、おもしろかった。 ツールドフランスの名前は知ってるけど、自転車のマラソンかと 思ってた。 団体競技でエースをサポートする選手がいるってのが、 他のス… このレビューの続きを見る

3.7

サクリファイス

09:29:By 白い本棚

近藤史恵の小説です。 読売新聞の書評で見つけて読んでみました。 自転車レースの団体戦の話です。 自転車レースについては何も知らない私ですが、 知らない人でもおもしろく読めて、 引き込まれます。 新聞で人が… このレビューの続きを見る

サクリファイス

16:03:By ささめごと

将来を有望されていた陸上から自転車競技に転身した白石誓はプロのロードレースチームに所属して二年目、国内でのステージレースに出場することに。そのさなか、白石は過去チームで起きた悲劇を知る。そしてかつて… このレビューの続きを見る

3.7

エデン

10:43:By be afro style!

 JUGEMテーマ:読書前作「サクリファイス」が好きでその続編のエデンを待っていた。ロードレースとミステリー、一見相反するものをスーッと読ませてしまう筆者には脱帽した。で、エデン。前作よりはミステリーの要素は薄い。いっきに読ませてしまうのは相変わらず。サクリファイスが好きなら読むべし。

JUGEMテーマ:読書  ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ―。二転三転する真相、リフレインし重きを増す主題、押し寄せる感動!自転車ロードレースの世界を舞台に描く、青春ミステリの逸… このレビューの続きを見る

ミステリーにいれたけど、ミステリーでいいのかな、これ(苦笑) いやーおもしろかった。 自転車レースなんて全然わかんないけど、そんなのまーったく関係なかったし。 かっこよかったなぁ。

JUGEMテーマ:小説全般 「これミステリーだったのか!」って、後半5分の1くらいで気付きました。笑 最後までロードレースの熱さだけに焦点をあてていくのかと思ってた。 事故が起きて、主人公がその真相にたどり… このレビューの続きを見る

sacrifice=生贄、犠牲。 意味を知ったのは読後でしたが。 ロードレース、自転車競技、ツールドフランス。 アメリのあるシーンにも出てきますが、自転車競技は本当に盛んなようです。 日本ではほんとあまり注目され… このレビューの続きを見る

サクリファイス

12:11:By 受賞本

 サクリファイス  著者 : 近藤史恵  受賞歴 : 第10回大藪晴彦賞 受賞         2008年本屋大賞 2位         2008年このミステリーがすごい! 7位         2008年ミステリが読みたい! 5位         2007年傑作ミステリーベスト10 5位         2007年キノベス 1位

勝利は、ひとりだけのものじゃない度数:★★★★★ ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ―。 二転三転する真相、リフレインし重きを増す主題、押し寄せる感動! 自転車ロードレースの世界を舞… このレビューの続きを見る

石尾さんはあの時「エース」として走って笑っていたのかな。 それとも「アシスト」ととしての? どっちでもいいのにこの本を読み終えたしばらくたった今も考える。  「静かだと思った。  日本語とフランス語の入… このレビューの続きを見る

サクリファイス【sacrifice】 いけにえ。犠牲。 ミステリーとして読まないで欲しい。 これは「自転車ロードレース」の話。 読者に伝えたいことを確実に伝えるために、「ミステリー」的手法を使ったであって、 こ… このレビューの続きを見る

まず大阪北部が拠点という事で、そこら辺に住んでいた私はわくわく。(笑)暗峠は知りませんでしたが、十三峠には行った事があるし、名前だけ出てきた勝尾時も坂の上というか山の中にあるお寺で、小学生の時に学校… このレビューの続きを見る

サクリファイス 著者/近藤史恵 エースを勝たせるために、他のチームメイトはアシストに徹する。それが自転車ロードレースの世界。若手選手である白石は、チームのエース、石尾の不穏な噂を耳にする。 石尾が… このレビューの続きを見る

前に本屋でもらった読書案内に自転車をテーマにした小説があったので載せておきます寒くて外に出るのも億劫になる今日この頃、たまには読書もいかが?(ちなみに下のリンクはアフィリエイトではありません)私はこの間「サクリファイス」を読んでみました。・・・おもしろい!! 2日でいっきに読覇。ワンダー人なら絶対楽しめるはず。おすすめたまには文学部らしいことをしてみた、広報でした。

 ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。 勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠… このレビューの続きを見る

3.7

サクリファイス

16:29:By

JUGEMテーマ:読書 図書館に予約しておいて○ヶ月・・・ようやく手元にきましたぁ。 近藤史恵さんの今まで読んだ本とはまた、随分違った印象の違った作品でした。自転車競技って前にテレビでみたことがあるのですが… このレビューの続きを見る

【あらすじ】 高校時代は陸上部で名をはせたエース白石。 しかし彼は、ロードレースの道を選び、大学では自転車部、 卒業後はロードレースチームのチーム・オッジに入部する。 そんな彼は、エースとして活躍す… このレビューの続きを見る

☆☆☆★ タイトルが「サクリファイス=犠牲」ということ、主人公が自転車ロードレースチーム内のアシストという、エースをサポートする役割ということ、そして冒頭の文章から、主人公が何かやらかすに違いないと思っ… このレビューの続きを見る

新潮社/2007年8月30日初版・2007年9月25日二刷/1500円 ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。 勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担… このレビューの続きを見る

本屋大賞のラインナップをみて、よみました。 うーん、おもしろいです。 自転車競技って全然興味なかったのですが、こんなんなんですね〜。 ストーリー展開もすばらしく、秀作! なのですが、これってやっぱ… このレビューの続きを見る

陸上からロードレースに転向したぼくは 日本のプロチームであるチーム・オッジに所属することに。 個人の勝利にこだわりのないぼくはエースである石尾さんを アシストすることを抵抗なく引き受ける。 しかしツ… このレビューの続きを見る

タイトルが「サクリファイス=犠牲」ということ、主人公が自転車ロードレースチーム内のアシストという、エースをサポートする役割ということ、そして冒頭の文章から、主人公が何かやらかすに違いないと思って読み進… このレビューの続きを見る

ずっと気になってたこの本を一気読み。 本をじっくりと読む時間がとれなかったため、最近がーーーー!っと読書する ということをしていなかったのだけど、今日は午後から休みだったのでケーキ屋 さん併設のカフ… このレビューの続きを見る

キノベス2007の第1位。なるほど、面白かった。 サクリファイスというタイトル、ロードレースという競技、少しずつ明かされていく「事件」の真相・・・すべてに引っ張られるようにぐいぐい読んだ。 これほど… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 久しぶりに、大満足な本でした 全く知らない世界なのに、簡潔でわかりやすかったので、自然に頭の中でイメージできました とにかく読みやすかった ロードレースを通しての人間ドラマですが、絆ややさしさ、強さを感じました。本当に、感動した こんなにいろんなことが、レースの中で起きているなんて驚きました。でもその分、興味深く、面白かった スポーツって奥深い

3.7

サクリファイス

15:49:By Feeling my way

先に読んだ夫が薦めてくれました。 自転車の話なんて、私が読んでオモシロイのかなー?と不審に思いましたが、読み始めると、あっという間!!! もともと短い話なので、1時間くらいで読んじゃったかも?? … このレビューの続きを見る

サクリファイス

20:38:By

GW中に読んだもの、その1。 はじめて自転車レースを見たのは、たぶん2003年のツール・ド・フランドルだったと思う。スカパーを入れて、契約したチャンネルを適当に見ていたら、たまたまやっていて、景色… このレビューの続きを見る

3.7

サクリファイス

06:47:By 不定期戯言

JUGEMテーマ:読書 今年が半分も終わっていませんが、今年読んだ本の中で一番になるかもと思いました。 読んだ感想は美しい。 自転車競技が、エースと、アシスタントという自分の記録を捨ててもエースを勝… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ミステリーだということだったのに, 図書館で出されたその本の表紙は自転車競技?の写真 そしてサクリファイス [sacrifice]とは,いけにえとか犠牲とかという物騒な意味で,スポーツとど… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 いわゆるスポコン小説を読む機会が増えたこのごろ、これも同じような爽やか小説か?? と思って読み始めたこの本は、内容的にも、かなり衝撃的だった。 「サクリファイス」という単語の意… このレビューの続きを見る

サクリファイス

23:04:By 溺書録

 自転車レースの話ってことだけ知ってて、爽やかなスポーツものなのかなと楽しみにしてたら、冒頭でいきなり人が死んでいるので気が重くなった。ラストの辺りで誰か死ぬことを明示してある。うーん、あたしこれ楽… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/4/9〜2008/4/10 [新潮社HPより] ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。 勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が… このレビューの続きを見る

あらすじ ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。 勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢され… このレビューの続きを見る

本屋大賞候補ですね。 候補が決まったとき、ほとんど読んであるものでしたが、 これはまだでした。 (あと2冊読んでいないな〜) この賞の対象になる本は一般に読みやすい本が多いです。 この本も短時間であ… このレビューの続きを見る

バイシクル21での作者近影はかなりアレでしたが、いやー結構ちゃんと自転車の世界が描けてるのですんなり読めた。ビンディングのカチャリ、で始まるつかみはOK。あの音、始まりの合図だもんね。うざくならない程度… このレビューの続きを見る

3.7

サクリファイス

09:05:By Who knows?

レース部分と、その中の人間模様が面白かった。 でも主人公であるチカはイマイチ好きになれなかったなぁ。

前評判が良い+近藤史恵の小説。 面白くないわけがないじゃないか…! 「1位になる」事に意味を見いだせない主人公、白石。そんな彼にサイクルロードレースという競技との出会いがあった。自分が勝つためではな… このレビューの続きを見る

サクリファイス

00:15:By vanille plus*

音信不通だった学生時代の友人からいきなりメールが来て 挨拶もなしにこの本を読めという。 久し振りだったので、読むけど、最近元気にしてたか、などと返信してみたが その後はまた音信不通なのだった……。 … このレビューの続きを見る

これは自転車のロードレースを舞台にした物語です。 「ツール・ド・フランス」という言葉は聞いたことがあっても、それがどんな競技なのか全然知りませんでした。この本を読んで、ロードレースと言うのは、長い期… このレビューの続きを見る

2007年新刊本ベストへのエントリです。 たまねぎさんからのエントリです。 読まれた方、トラックバックやコメントをいただけると嬉しいです。

 陸上競技で将来を嘱望されていた白石誓は、高校時代に恋人と別れたトラウマからサイクルロードレースに転向した。それは、エースの勝利のためならアシストは犠牲になることも厭わない競技。誓はチームのアシスト… このレビューの続きを見る

 もう勝つことは怖くない。ぼくの勝利はぼくだけのものではない。その尊さを僕は知っている。(本文より)  ドラマ「僕の歩く道」では、主人公が自転車のロードレースに強い興味を持っていた。週刊少年マガジン… このレビューの続きを見る

3.7

サクリファイス

20:28:By ぼちぼち

ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。 勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征… このレビューの続きを見る

内容紹介 ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。 勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された… このレビューの続きを見る

新潮社HPより ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。 勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、単なる事故のはずだった――。二転三転する〈真相〉、リフレインの度に重きを増すテーマ、押し寄せる感動! 青春ミステリの逸品。

関連する商品