DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed そして誰もいなくなった - アガサ クリスティー のレビュー全27件 JUGEMブログ

>
[Amazon] そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)で自分のブログにレビューを書く

そして誰もいなくなった

おすすめ!4 [4](27件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:66337位
  • ユーズド価格:¥ 343
  • ISBN/ASIN:4151300805(早川書房)
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(27件) 4 [4]

JUGEMテーマ:ミステリ 【インシテミル 7日間のデス・ゲーム】の感想を書いた時に、ちらっと言ってた最近読んでる本だった、アガサクリスティーの「そして誰もいなくなった」を無事読了。いやー、久しぶりに小説… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 アガサ・クリスティーの 不朽の名作らしぃ ミステリーとか 全っっ然興味がなくて (コナンとかもむしろ嫌い) 読んだことなかったんだけど 旦那が持っていたので 読んでみました 一気に読んじゃいま… このレビューの続きを見る

私はコレで推理ものを読むようになりました。 どういうきっかけで手に取ったのかは覚えておりませんが。 そして横文字名前を覚えられず、他に読んだ本はろくに記憶にないのですが。 最後の最後、きれいに裏返されるところがすきなんだよなあ、と実感。

さまざまな職業、年齢、経歴の10人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、どこからともなく客たちの過去の犯罪を告発… このレビューの続きを見る

   名前(ニックネーム)   hajime☆boin(はぢめ☆ぼいん)さん 何してる人ですか? 自営業しながら自由業。DJしながら、適当に遊びまくる。 所謂、好き勝手に生きてる最低の自由人デス。 あ… このレビューの続きを見る

4

そして誰もいなくなった

21:52:By

 言わずと知れたミステリーの王道!アガサ・クリスティーの代表作(だと私は思ってる作品)です。 うわ〜〜やっぱりすっごいすっごい面白かった…!!!小学校の頃に児童文庫verで読んだことはあったのですが、前に「… このレビューの続きを見る

言わずと知れた不朽の名作。初めて読みました。10人もの登場人物が最初の数ページで見事に書き分けられていて、無駄のない展開でどんどん読み進めてしまう。犯人の目星はついてしまったけれど、巧みなトリックで翻弄された。これぞ元祖といった感じ。面白くて読みやすい。

宿題を見ればありえない書き順の文字に。 ちびっ子を見ればオーソドックスないたずらの数々に。 (ティッシュを引き出す、引き出しの中を総ざらえetc・・) ワーキャー言っていたら夏が終わってしまいました。 なんともさびしい秋の夕暮れであります。  

多分、初めて読んだミステリー。 衝撃だった。 これ以降、すっかりミステリーにはまってしまった。

 【あらすじ】過去に誰かを死なせてしまった経験がある10人の老若男女。彼らはそれぞれ魅惑的な理由によって孤島にある別荘に呼び出された。不審がる10人ではあったが、そこで事件は起こるのだった。なん… このレビューの続きを見る

ドラマチックに淡々と事件が起こり、終わる。

 さまざまな職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、どこからともなく客たちの過去の犯罪… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 名作中の名作です。 先日読んだ「名探偵の掟」の解説でも取り上げられていて、 改めて読んでみました。 よく練られたプロットには感服ですが、 ラスト(正確にはその後)はちょっと、、、個人的にはやや納得いかないなぁ。

今回読んだのは、ハヤカワ文庫、アガサ・クリスティーさんの「そして誰もいなくなった」です。 ジャンルはミステリー、ページ数は360ページです。     □       こんな人にオススメ   この言わずと知れた本格派ミステリーは、「ガッツリ、ミステリーが読みたいゼ」とか

様々な職業、年齢、職歴の10人が、U・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客達が立派な食卓についた時、どこからともなく客たちの過去の犯罪を告発してゆ… このレビューの続きを見る

 皆は10人のインディアンなる歌をご存知か? どうやらいろいろ歌詞があるそうだが、中でもまた一番気に入っている歌詞があったりする 「そして、誰もいなくなった」の作品で有名でもあるこの歌、すこし改造… このレビューの続きを見る

あらすじ それぞれ見も知らぬ、さまざまな職業、年齢、経歴の十人の男女がU・Nオーエンと名乗る人物からインディアン島に招待された。 しかし、肝心の招待主は姿を見せず、かわりに見事な食卓が待っていた。 … このレビューの続きを見る

さまざまな職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、どこからともなく客たちの過去の犯罪を告発… このレビューの続きを見る

人材派遣大手グッドウィル・グループは11日、創業者の折口雅博会長らが同日付で退任し、堀井慎一氏が新社長に就任したと発表、併せて米投資ファンドの傘下入りも表明した。今後、同グループの経営には関与しないと… このレビューの続きを見る

Agatha Christie 「And Then There were None」 解説で赤川次郎さんは『インタビューで、誰の作品が好きですが?と言われればこの作品を真っ先にあげるであろう』と絶賛するほどの本作。 昔、ダニエル キイ… このレビューの続きを見る

4

そして誰もいなくなった

17:09:By

さまざまな職業、年齢、経歴の十人が U・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。 しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、 どこからともなく客たちの過去の犯… このレビューの続きを見る

幸運にもクリスティとC.ドイルが古新聞のように転がっていた幼少期だったものだから大抵は読み尽くしたつもりだったのだけれど、なるほど読み返すなら今なのかと思えばやはりこれが読みたいと真っ先に手に取ったのが「そして誰もいなくなった」。

これは読んでみたい。 横溝正史がこれに触発されて 書いたのが 獄門島 獄門島 石坂浩二

   評価:★★★☆ 3.5  AND THEN THERE WERE NONE.タイトルからして素敵なクリスティの名作。ポアロシリーズ以外はこれしか知らないのですが、なんだかもう小説の面白さががっつり詰まった作品です。  見立… このレビューの続きを見る

4

そして誰もいなくなった

19:15:By

レビュー投稿なんてものしてみます。 昨日読み終わりました。

 さまざまな職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、どこからともなく客たちの過去の犯罪を告… このレビューの続きを見る

関連する商品