>
[Amazon] 少年計数機 池袋ウエストゲートパークII (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

少年計数機 池袋ウエストゲートパークII (文春文庫)
少年計数機 池袋ウエストゲートパークII (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

少年計数機 池袋ウエストゲートパークII

おすすめ!3.7 [3.7](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:164273位
  • Amazon価格:¥ 704
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167174065(文藝春秋)
少年計数機 池袋ウエストゲートパークII (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.7 [3.7]

3.7

少年計数機

04:15:By 揺れ

「少年はレイプや殺人などの悪事をかっこいいという動機で行う」などという描写があるが、ウエストゲートパークシリーズ自体比較的まともな青年以上の男に向けて、常軌を逸した人生を歩む男への、ある種の憧れ、(… このレビューの続きを見る

 やっぱIWGP面白い。 ドラマなんて絶対見たくない。 2巻の中では書き下ろしが一番好きでした。 1巻でもあったけどホモ要素入ると面白く感じるのは私だけでしょうか? うけうけしさを体全体からにじみ出してる登場人物って やっぱどんな物語にも必要なんだよね。 出てるの全部読めばホモネタもっとでてくるかなぁ。 いや、非ホモは面白くないとかじゃないんだよ? ホモはより一層いいってことだよ?

第二段。 表題作は相方のお気に入りで^^ 楽しかったです。暗号。

ドラマの内容はけっこう覚えているけれど、1巻の内容が思い出せません。 なんか抗争があったような気がする・・・ ともかく、マコトにせよキングにせよ、ドラマとイメージ違うのでなんか同じ話とは思えない。… このレビューの続きを見る

マコトがいろんな事件に絡んでく⇒解決、の流れに少し飽きるけどひとつひとつの事件に意外性があるのはやっぱおもしろいかな? けど飽きるかな? 家に2巻までしかなかったのでままんちもこの流れに飽きたのかな?笑 また読みたくなったときに3巻、4巻・・・と読んでいけばいっかなーと思いました◎

表題にある“少年計数機”のほかに全部で4編のお話があります。 その中の“水のなかの目”は4人の少年たちが女子高校生を自宅監禁し、食事も与えず暴行を続け、やっとの想いで逃げ出したが車にはねられて死亡してし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:注目★BOOK ドラマの方が有名?かもなシリーズ第二弾。 いまや大ヒット作家石田衣良の連作短編です。 1つ目から3つ目まではさすがです。 自分はこの人に スラスラ読める読みやすさと 話… このレビューの続きを見る

自分が誰なのか確認するために、 まわりのすべてを数え続ける少年・ヒロキ。 その笑顔は十歳にして一切の他者を拒絶していた! マコトは複雑に絡んだ誘拐事件に巻きこまれていくが…。 池袋の街を疾走する若く… このレビューの続きを見る

やっぱりヒロキですか。ヒロキって、純粋なんですね。ものすごく、いい子。でも、やっぱり世間一般の考えからすると漏れてしまうんでしょうね。 数字を何かに置き換えて覚えるのってきいたことがあります。洲崎はできないですけどね、百パーセント。 アツシの話は色々とキツイわけではないけど、何かある感じ。うあぁぁぁぁっ。 ■この記事は2008年2月10日に2007年1月13日の記事から独立させました

読書期間:2007/10/9〜10/12 自分が誰なのか確認するために、まわりのすべてを数え続ける少年・ヒロキ。その笑顔は十歳にして一歳の他者を拒絶していた!マコトは複雑に絡んだ誘拐事件に巻きこまれていくが・・・。池袋の街を疾走する若く、鋭く、危険な青春。爽快なリズム感あふれる新世代ストリートミステリー、絶好調第2弾!

自分が誰なのか確認するために、まわりのすべてを数え続ける少年・ヒロキ。その笑顔は十歳にして一切の他者を拒絶していた!マコトは複雑に絡んだ誘拐事件に巻きこまれていくが…。池袋の街を疾走する若く、鋭く、危… このレビューの続きを見る

いっきに読んでしまいました。 なんだか読んでて怖くなっちゃいました。。。 のんびりプチ田舎で育った私には池袋の本来の姿を知りません。 1,2度行ったことがあるだけ、、、そういえば。 それほどリアル… このレビューの続きを見る

シリーズで一番この本が好き。「少年計数機」の話はやっぱり好きだ。自分はこの世界と関係ないと思うような笑顔が、すぐに浮かぶ。「水の中の目」も悲しいけどすごく好きな話。でも、読むならやっぱり一巻から!!

自分が誰なのか確認するために、まわりのすべてを数え続ける少年・ヒロキ。 その笑顔は十歳にして一切の他者を拒絶していた! マコトは複雑に絡んだ誘拐事件に巻きこまれていくが…。 池袋の街を疾走する若く、鋭… このレビューの続きを見る

関連する商品