>
[Amazon] 妊娠カレンダー (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

妊娠カレンダー (文春文庫)
妊娠カレンダー (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

妊娠カレンダー

おすすめ!3.3 [3.3](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:32077位
  • Amazon価格:¥ 495
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167557010(文藝春秋)
妊娠カレンダー (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.3 [3.3]

姉が妊娠した……やがて妹はめまいのするような悪意の中へすべりこんで行く。現実のゆらぎをきらめく言葉で定着した芥川賞受賞作「内容紹介」よりこれは、遥か遥か昔に読んだことがあったような・・・?と思いつつ読んだ… このレビューの続きを見る

出産を控えた姉に毒薬の染まったジャムを食べさせる妹…。妊娠をきっかけとした心理と生理のゆらぎを描く芥川賞受賞作「妊娠カレンダー」。謎に包まれた寂しい学生寮の物語「ジミトリイ」、小学校の給食室に魅せられ… このレビューの続きを見る

小川洋子さんの作品は初めて。 たまーに聴くTOKYO FMの番組の声から受ける印象とは全然違った。 かなり好きかも。 なんともいえない独特な雰囲気。 耽美で残酷でシュールで静かで激しくて、、、。 表題作の「妊娠… このレビューの続きを見る

妊娠した姉。まったく味気のない義兄。 そんな2人と同居している妹。 つわりが始まり、病的に何も食べなくなった姉。 つわりが治まり、怪物のように何かを食べ続ける姉。 「妊婦」という別の生き物に… このレビューの続きを見る

ほぅほぅ

19:25:By いくのよ

小川洋子さんの本、多分初めて読んだけど、こういう世界観なんだ(^^) なんか柔らかい感じですごく好き(^^) 角田光代さんのちょっと切ないバージョンって感じだと思った(分かりづらい)。 図書館の先生、角田さんの本好きだからきっと話合いそう! 明日図書館に行って話そうかな^^ あ、でもかぁちゃん読んでから行くって決めてたんだ。早く読もう。 心に突き刺さる、とても良い本

3.3

妊娠カレンダー

20:44:By kira* kira*

JUGEMテーマ:読書 

妊娠カレンダー

14:02:By 受賞本

 妊娠カレンダー  著者 : 小川洋子  受賞歴 : 第104回芥川賞 受賞

妊娠カレンダー

19:34:By HOME SWEET HOME

小川洋子「妊娠カレンダー」読書メモ。3篇から成る。妊娠カレンダー妊娠中のからだの異物感、違和感。心理と生理。従順な妹が妊娠中の姉に毒入りジャムを食べさせるなんて童話みたい。毒入りと言っても、アメリカ… このレビューの続きを見る

芥川賞受賞の表題作含む、3編の短編集。妊娠した姉について、妹が日記形式で語ってゆく内容だったのだけど、あまり好みじゃなかった。ただ、アメリカ産のグレープフルーツは体に毒だと知っていながら、それで作っ… このレビューの続きを見る

「妊娠カレンダー」「ジミトリィ」「夕暮れの給食室と雨のプール」 の三話収録。

出産を控えた姉に毒薬の染まったジャムを食べさせる妹・・・・・・妊娠をきっかけとした心理と生理のゆらぎを描く芥川賞受賞作「妊娠カレンダー」。 謎に包まれた寂しい学生寮の物語「ドミトリィ」、小学校の給食室に魅せられた男の告白「夕暮れの給食室と雨のプール」。 透きとおった悪夢のようにあざやかな三篇の小説。

いつにも増して閉鎖的な、小川洋子さんの芥川賞受賞作。 神経症の姉が妊娠し、‘姉の妊娠’というその状況を冷めた目でみつめる妹の日記が綴られていきます。じめじめとしているそれは、全体から薬品の匂いがただよっ… このレビューの続きを見る

すぐに読み切れる短編小説が3篇がまとまっている文庫本。 博士の話を読んだ後に彼女の他の作品も読みたくなり、 本屋で買ったのがきっかけ。 もちろん、芥川賞受賞作!という帯にまたやられたのだが。(苦笑) … このレビューの続きを見る

関連する商品