DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 裁判長!ここは懲役4年でどうすか - 北尾 トロ のレビュー全23件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)
裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

裁判長!ここは懲役4年でどうすか

3.1 [3.1](23件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:142782位
  • Amazon価格:¥ 710
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167679965(文藝春秋)
裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(23件) 3.1 [3.1]

裁判の傍聴をまとめた本っていうのは初めて読んだ 裁判ってみたことがないからその実情をかいてある本ってのは面白いと思う しかしこの著者、あまり好きになれない気がする たぶん単純に相性の問題だ たまたま自分とは合わないだけだ だから本の内容としては面白いと思う ちょっと裁判を傍聴してみたくなったほどにわ

『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』 原作2冊にはまり、漫画の方にもはまる。 つい何回も読み返してみたり、Wikiで事件調べてみたりしてしまいました。まさに「リアル」な感じが読みやすく描かれてい… このレビューの続きを見る

No.015  今年、裁判員制度が施行され、一般人も裁判に参加する可能性がでてきますが、皆さんは裁判を傍聴したことはあるでしょうか。  この本は裁判の傍聴記録ですが、基本的に著者の興味本位で傍聴してい… このレビューの続きを見る

イエスやじうまこんじょう。 「ううわあドラマティック!」と「下世話でごめんなさいね」が同時。 でもごめん、おもしろいのよ。

裁判傍聴記。 ふざけすぎず、まじめすぎずでおもしろかった。 本だとおもしろいけど、実際に傍聴したいとは思わない。 お受験殺人(音羽幼女殺害事件)の裁判が書かれてるけど、 新聞とかで読んだりした被告の印象… このレビューの続きを見る

ほんわか!

15:12:By

「ほんわか!」読みました〜。 本についてわからないことをねほりはほり調べたルポ紀です。なかでも「だれも教えてくれなかった寝室読書術入門編」が面白かったです。就寝前、寝ながら読書する人間にとって、「あー… このレビューの続きを見る

 今年からいよいよ裁判員制度裁判が始まりますね。 ということで,書店では,このような裁判関係の本(軽めのもの)がおかれています。 私がこの本を手にしたのは,ずいぶん前だったのですが,最近読んでみま… このレビューの続きを見る

裁判の本っていったら難読な感じがずらーっと並んでるイメージがあったんだけど、この本にはかたい話や難しい言葉は一切出てこない 傍聴記録にしてはふざけていて、常に不謹慎な目線で書いてあるから、眠たくはな… このレビューの続きを見る

ワイドショーも小説もぶっとぶほどリアルで面白いのがナマの裁判だ。 しかもタダで誰でも傍聴できる。 殺人、DV、詐欺、強姦……。 突っ込みどころ満載の弁明や、外見からは想像できない性癖、傍聴席の女子高生… このレビューの続きを見る

裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫) 著者:北尾 トロ 出版社: 文藝春秋 (2006/07) ISBN-10: 4167679965 ISBN-13: 978-4167679965 発売日: 2006/07 内容(「BOOK」データベースより) ワイドシ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 筆者の傑作裁判傍聴記。  大きな事件から、誰も知らない小さな事件を傍聴しまくるうちに「傍聴マニア」についに遭遇。  コンビ強盗をし、無罪を主張している男を見て「どうみても顔が有罪」… このレビューの続きを見る

漫画版が面白かったので買って観ましたが、やはり面白かったです。 日本でも始まる陪審員制度を見越して様々な裁判・法律の本が発売されていますが、実際に裁判の流れを把握するには傍聴するのが一番。 何もわ… このレビューの続きを見る

作者の裁判傍聴記。 知らなかったことがたくさん。 単純にどうして裁判って時間がかかるのだろう。って思っていたし、 誰でも傍聴できることすら知らなかった(^o^; こんなにおもしろがっていていいの? っ… このレビューの続きを見る

夏の暑い夜長にババっ〜と読むには読み応えのある一冊。というか、面白い!! 野次馬根性と興味本位で実際の民事刑事事件の裁判を自分も著者を通して傍聴したような気持ちになるんですが、時としてテーマが重いで… このレビューの続きを見る

タイトルとサクッと読めそうな表紙の雰囲気で買った本。 裁判の様子を覗き見してみたいという好奇心もあったし。 世の中にはいろんな人がいるもんやねぇ〜と 遠い世界の出来事のように読める事件もあるが、 … このレビューの続きを見る

まあ最後まで読んだものの、それほど面白くもない。 手っ取り早く言うならば裁判を普通の人の視線で傍聴して、あれこれと感想を述べている本です。そうそうちょうどワイドショーを見ている爺さまや婆さまが人が聴… このレビューの続きを見る

離婚、DV、詐欺、殺人・・・ 「傑作裁判傍聴記」と銘打ってあるが まさしくそのトウリ! 裁判なんて フツーの人間には縁のないところと思っていたけれど 誰でも傍聴できるところなのだ。 リアルな人間ドラマが展開される裁判所、面白すぎだよ。

全く赤の他人(著者)が人の裁判を傍聴し、 様々な裁判を紹介していくという内容。 人の不幸は蜜の味とよくいったもので、 犯罪犯したヤツが悪いか個人的な主観で裁判が面白い面白くないと 因縁をつけるのはどうだろうか。 また、下心まるだしでわいせつ事件とか傍聴しに行くのはどうかと思った、

著者・北尾トロの裁判傍聴記録。 のぞき見程度で行った傍聴からハマるまで、裁判官や被告にツッコミを入れながら 面白おかしく書いてある。 傍聴マニアに言わせると、裁判所で繰り広げられるリアルな人生ドラマ… このレビューの続きを見る

よし、今日は書けそうなのでもう一冊。 こういうルポ?ものも面白いかも。

めずらしく小説じゃないんです。 紹介してもらって読んだ本ですが、コレが大当たり。 裁判ものなんて難しいような気がしますが、 まったく知識がなくてもすいすい読めてしまいます。 著者が裁判を傍聴して、そ… このレビューの続きを見る

ヘタなメロドラマよりもワイドショーよりも濃い人生が煮詰まった場所、それが裁判所。地裁・高裁・簡易裁に 2 年足しげく通いつめた著者が描いた裁判傍聴録。 -- なにしろネタがよいので全体としては面白い。こ… このレビューの続きを見る

さて北尾トロ氏の本のレビューを立て続けに2本します。 逃避って日記書いたくせに・・・何をって・・・はい明るく凹んでます(笑) まず最初に、 これは、私にとっては、”面白い”という表現をすることができ… このレビューの続きを見る

関連する商品