>
[Amazon] 大人失格―子供に生まれてスミマセン (光文社知恵の...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

大人失格―子供に生まれてスミマセン (光文社知恵の森文庫)
大人失格―子供に生まれてスミマセン (光文社知恵の森文庫)で自分のブログにレビューを書く

大人失格―子供に生まれてスミマセン

おすすめ!3.3 [3.3](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:162662位
  • Amazon価格:¥ 594
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4334728677(光文社)
大人失格―子供に生まれてスミマセン (光文社知恵の森文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.3 [3.3]

松尾スズキのエッセイ。 「ギリギリデイズ」はWEBに書いてた日記だったけど、こっちは雑誌に連載していたエッセイ。だからその分グダグダ感が減ってエッセイの体を成しています。 松尾スズキの洞察力と妄想力はやはり目を見張るものがあります。笑える。おもしろおい。

大人失格/松尾スズキ

22:10:By

エッセーというものがわりかし苦手な私だが、 最近注目している松尾スズキさんのエッセーということだし買ってみた。 というかインザプールの映画見たり、トップランナーでのインタビュー見たり、 赤塚不二夫の… このレビューの続きを見る

2008/08/13 クワイエットルームにようこそ、の、松尾スズキ。 しかも、芥川賞をとりそこねてた?ってつい最近知った。 さて、話は「大人失格」に。 2・3年前に読んだケド、 金原ひとみも面白いって言っ… このレビューの続きを見る

松尾スズキを何故かリリーフランキーと間違えたが為に購入してしまった本。 何をどう勘違いしたのか、リリーフランキーのつもりで本屋で購入し、半分を読了する頃になって間違いに気づいた。たいしたボケっぷりで… このレビューの続きを見る

可能な限り更新。 前のブログの時にも書いた気がするんだけど・・とりあえず再読している1冊。 松尾スズキの『大人失格』。 ホントこの人も想像力&創造力ゆたか。発想がゆたか。 素晴らしく好奇心をかりたて… このレビューの続きを見る

読書に関しては特別に何かない限りは 2度読みってものを決してしない自分ですが、 何だか、最近読み返したい衝動にかられます。     「大人失格」 この本に表れている松尾氏の考え方とかを もい… このレビューの続きを見る

 少し笑えるエッセイ。

基本「大人」をテーマにした話題をつづっているエッセイ。 解説で漫画家の山本直樹も書いているが、感想は「面白い」。ほんとにこんだけ。内容は多岐にわたっているが、生きることは悲しいけどおかしいものである、と感じた。「そりゃないよ松尾さん!」と突っ込みをいれつつも、「ありっちゃありなのかも?」という絶妙さが良いなあ。

関連する商品