>
[Amazon] 名もなき毒

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

名もなき毒
名もなき毒で自分のブログにレビューを書く

名もなき毒

おすすめ!3.9 [3.9](43件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:141325位
  • Amazon価格:¥ 1,800
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344012143(幻冬舎)
名もなき毒のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(43件) 3.9 [3.9]

今多コンツェルン広報室に雇われたアルバイトの原田いずみは、トラブルメーカーだった。 解雇された彼女の連絡窓口となった杉村は、振り回される。 折しも街では、連続毒殺事件が注目を集めていた。 人の心に巣… このレビューの続きを見る

3.9

人を恨む

21:41:By 招き猫な暮らし

 宮部みゆきさん原作で 小泉孝太郎さん主演のドラマ ”名もなき毒” が今夜最終回でした・・。 極端には描いているけれど 原田(げんだ)さんのような気持ちは 誰でも少なからず持ってい… このレビューの続きを見る

この秋の連続TVドラマで・・ 宮部みゆきさんの・・・・ 名もなき毒 が来ると予告がありました 以前読んだことがあったのですが ・・・あれ どんな内容だったかなぁ と思いだせなかった事もあり 図書館に行った… このレビューの続きを見る

早いものでいつのまにか1月が終わっちゃいましたね(^_^;)まだまだ寒い日が続きますが、気合を入れて行きましょう〜♪というわけで、恒例の総括です。1月に読んだ本は14冊、見た映画は5本でした。映画の方は、月… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】今多コンツェルンの広報室に勤める杉村三郎。彼は、職場トラブルを抱えつつも、平凡な日々を送っていたのであったが、ある日、連続毒殺事件の被害者の遺族と知り合う。犯人も捕まらず、心に闇を… このレビューの続きを見る

3.9

名もなき毒

21:44:By u_simple

勧善懲悪だけで終わらない読後感がいいなあ、とこの作家さんの本を読むといつも思います。 すっきりしないわけでなく、すっきり割り切れすぎるわけでもなく。 我侭な読み手だとは思いますが、「決着」はつけてほし… このレビューの続きを見る

図書館で借りてきた本で・・・・ 宮部みゆきさんの”名もなき毒”・・・と言う本 ちょうど母親を整形外科に連れていって 長い待ち時間で読み上げてしまいました・・・ で・・・・・次に読んでいるのが ”誰か”・・… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:本の紹介  「誰か」と同じく、財閥企業の会長がお義父さんという杉村三郎の視点で物事は進みます。事件は大きく2つに分かれています。・無差別毒殺事件(飲料に青酸カリを混入させる)これは… このレビューの続きを見る

3.9

名もなき毒

23:55:By 雑記

「誰か」の続編。 主人公の杉村三郎は財閥今多コンツェルンの広報室勤務のサラリーマン。 サラリーマンが続編が出るほど事件に絡むなんて事あるか!とも思うが杉村は今多コンツェルンの会長の婿。 その会長に事件の… このレビューの続きを見る

 私は、我々の内にある毒の名前を知りたい。誰か私に教えてほしい。我々が内包する毒の名は何というのだ。(本文より)  散歩途中の老人が、コンビニで買ったウーロン茶を飲んで死亡した。首都圏で発生している… このレビューの続きを見る

3.9

名もなき毒

16:36:By semisweets**

 「誰か…」の続編。 上記作品に関する感想。 そこに事実があり、自らの主観フィルターを通して「現実」が見える。 この結果、主人公・杉村三郎にぶつけられる言葉は「酷い」。 他人が、何を覚悟し、何を諦め… このレビューの続きを見る

「誰か」の続編。 何が怖いって、こういう通じない人が一番怖い。 意外と近くに居たりするのが怖い。 そしてこの主人公が探偵になっちゃったらイヤだな、と素直に思った。 その板挟みのまま、一般人感覚で行ってほしい。

3.9

名もなき毒

15:08:By kira* kira*

JUGEMテーマ:読書

いろいろと張られている伏線が読み進める程に紐解かれる感じが心地良く、読み応えのある本でした 毒の塊みたいな1人の登場人物が怖かった 作中に、前作があることをにおわす文がちらほらとありましたが、『誰か』の続編だそうで。 『誰か』・・・。読んだかな?表紙に見覚え無い気がするな。 今度読んでみようと思います JUGEMテーマ:読書 

3.9

名もなき毒

17:35:By 言葉メモ

ひさしぶりに宮部みゆきのミステリを読みました。 いや、やっぱりうまいなって思った。 入り組んだ話をこんなすらすら読ませるなんてさすが大物ですと思った。 話は面白かったです。 でも正直読んでて「うまいな」ってほうが先に感じてしまって。 入り込むって感じではなかったのかも。 でもよみやすい。 オススメ

3.9

名もなき毒

16:46:By OT18-33

内容(「BOOK」データベースより) どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 気づかず読み出しましたが、「誰か」の続編でした。 とはいえ、「誰か」を読んでいなくても問題なく読めます。 (が、知っているほうが話は早い) ネガティブな人間の持っている「毒」に… このレビューの続きを見る

名もなき毒

11:42:By 不機嫌にっき

JUGEMテーマ:読書 図書館で借りましたが、予期せずシリーズだった!! 「誰か」の今多コンツェルン会長令嬢の婿、杉村三郎のお人好し探偵が今回も活躍。 杉村のアシスタントとして採用したアルバイトの… このレビューの続きを見る

書いた文章が消えちゃった……。 「誰か」と同じ主人公が登場する ストーリーです。 落ち着いたら、感想を、また。

3.9

名もなき毒

18:55:By peko*peko

先週読み終えた宮部みゆきさん久々の長編。 何か読んだことあるなぁって思っていたら『誰か』の続編でした。 大企業の社長の娘と結婚し、その会社の社内報を編集する主人公が トラブルに巻き込まれ、そのトラブ… このレビューの続きを見る

3.9

名もなき毒

12:13:By 小春日和の本棚

内容(「BOOK」データベースより) どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探… このレビューの続きを見る

名もなき毒

02:18:By telescope

昨日風呂に2時間も浸かる原因になった本です。 止まらなかったなぁ。 殺人事件が入ってますが推理小説ってわけでもミステリーってわけでも なかったんですけどね。 私にとって魅力的なテーマの話ってわけでも… このレビューの続きを見る

3.9

名もなき毒

17:46:By veryberry★books!

どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。 それが生きることだ。 財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、 トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、 私立探偵・北見のもとを訪れる。 … このレビューの続きを見る

名もなき毒

02:16:By Book's scrap paper

名もなき毒 / 宮部 みゆき 私は、宮部みゆきさんの本はとにかく精神的な体力がある時にしか読めないです。ボリュームもそうですが内容が。ずっしりしていて痛いから。 この「名もなき毒」は「誰か」と主人公… このレビューの続きを見る

何処かで見たようなと思ったら『誰か』の続編だった。続編は大抵面白くないのだが、『誰か』よりも面白かった。 主人公は前作に引き続き、大企業の社長の娘と結婚し、その会社に途中入社した杉村。勤め先で雇用し… このレビューの続きを見る

3.9

名もなき毒

07:51:By 約束の地から

JUGEMテーマ:読書 どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを… このレビューの続きを見る

名もなき毒

23:46:By Library of N

よくできてる。 模倣犯とかは読んだことがないからかもしれないけれど、 長いのに けっこう一気によんだほう。 宮部みゆきさんは これしかよんだことがないので、 今後いろいろ挑戦してみます。 … このレビューの続きを見る

『火車』ぐらいまでは読んでたのですが、ひさびさに読みました。 そうそう、人物描写とかこんなだったなぁとか思う。 でもイマイチのめり込めなくて、こんなだったかなぁ?とも思った。 も少し書くと、出てく… このレビューの続きを見る

これ今売れているから、読んだ人も多いかな。 殺傷してしまう本物の毒、以外にも、 生きていくにはいろんな毒が潜んでいる。と、 現代の問題にもぶつかります。 犯人は誰だろう。と読みすすめているうち… このレビューの続きを見る

未読ですが、「誰か」の続編ってことらしい。 理解の及ばない事物は怖い。 理解の及ばない人間は怖い。 目に見えず、名もない毒は、 少しずつ、確かに周りを侵食していく。 人間同士、意思の疎通ができ… このレビューの続きを見る

名もなき毒

22:06:By ぶくわむ

『誰か』と、舞台と主人公が同じだということには全然気づかぬまま読了しました。(記憶まじ薄弱) 読んだのは一ヶ月以上前のことですが、『誰か』をすっかり忘れていたので覚えているうちにレビューしとこっかな… このレビューの続きを見る

イタイんだよ、宮部さんの本は。 サクッとこんなイタイこと書かれたら、歪んでいて平凡で思いやりに欠けた私はどうしたらいいか分からなくなってしまう。そんなこと知るかってなモンでしょうけど。 ほかの人に… このレビューの続きを見る

名もなき毒

17:48:By 本であそんで

宮部みゆきの本はいつも期待しちゃうんです。 読みやすく、すんなり引き込まれていくのは毎度のことですが、 『模倣犯』や『理由』ほど 夢中にはなれませんでした。 まあ、それなりにおもしろかったですが。 … このレビューの続きを見る

Eさんに借りた1冊。 宮部みゆきの本は大抵読んでるが、現代物はそれほど好きでなかったりする。 が、これはかなり効いた。本屋大賞を取ったという一冊だが、評価は人によって大きく分かれるようだ。 面白かった… このレビューの続きを見る

昨年ベストセラーになった宮部みゆきの最新現代ミステリー。と言っても、これがミステリーかと言えば、必ずしもその範疇で割り切れないような多くの主題を孕んでいて、社会派ミステリーとでも呼ぶべきものであるよ… このレビューの続きを見る

宮部みゆきさんの長編小説。 久々の現代ミステリーです。 この作品にはさまざまな毒が出てきます。 そしてそれは、僕たち人間の間から出てきています。 普通の人でも毒を持っている。そんな怖さが伝わってきます。 人間関係が怖くなること必死。 おすすめです。

名もなき毒

21:50:By windfall

面白かったような。宮部作品にしてはちと物足りなかったような…。 「誰か」と登場人物がかぶっているようです。でも読んでいなくても、この本単独で楽しめました(私も読んでない人) 主人公が、あまりにも… このレビューの続きを見る

日曜にどこにも出かけないで、朝からずーっと読書  やることはいっぱいあるのに  たまには自分を甘やかそうと思い  一冊読みきってしまいました! 宮部作品は 淡々としているのですが 身近にある恐怖がひしひしとくるので、読み進むと止まらない  贅沢な休日でした 

あらゆる場所に「毒」は潜む――。 財閥企業で社内報を編集する杉村三郎が、私立探偵・北見を訪れて出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。現代ミステリー。 『誰か』に引き続き、… このレビューの続きを見る

財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。 そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高校生だった… このレビューの続きを見る

罪作りな宮部みゆき。夜更かしの後、つらい朝を迎えてしまった。もうただ夢中で頁をめくり、物語が先へ進むのを手に汗を握って見守った。 行き場のない怒り。 私の普段の生活でもしょっちゅう目にする。ホルモン… このレビューの続きを見る

3.9

名もなき毒

23:18:By 有象無象

ひさしぶりの宮部殿

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品