>
[Amazon] レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術で自分のブログにレビューを書く

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術

おすすめ!3.7 [3.7](34件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:8740位
  • Amazon価格:¥ 1,566
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4492042806(東洋経済新報社)
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(34件) 3.7 [3.7]

なぜ成果があがらないのか? 考え方の違いだそうです だから考え方を変える必要がある それが、レバレッジシンキング 目指す所は、「労力」「時間」「知識」「人脈」にレバレッジ(てこの原理)をかけ … このレビューの続きを見る

こんばんは。 新たにブログを始めました≪あなたの司書≫と申します。 大阪で働きながら、ひとり暮らしをしています。 私は本が大好きで、お金に余裕がない時でも気になる本を見つけては買って読んでいます。 最… このレビューの続きを見る

【今日の一冊】:久しぶりに読み返しております。 【1時間目】9:00-9:30 障害者福祉論の講義レジュメ作成。次回は人権思想です。 【2時間目】10:30-12:00 ホワイトハンズ大学のレジュメ作成。あと3日ですか。… このレビューの続きを見る

 労力、時間、知識、人脈、にレバレッジをかけます。 DMWL(do more with less)を心がけます。 また、労力のレバレッジに関して、「自分はできる」と 思い込むことが重要。結局、できるできないという話は 自分の中… このレビューの続きを見る

3.7

男版、勝間和代

00:34:By MyLib

  読書中。 男版、勝間和代です。

3.7

book_2009_010

01:04:By time of life

つまらない。 目新しくない。 何も得られない・・・。 この2年でこういった本読み過ぎたのかな。 まあ、そう思えた分だけ、意味があるかもです。 JUGEMテーマ:気になる書籍

 レバレッジ・シンキングとは労力に対する成果を無限大にするのが目的。いかに楽して最大の効果を得るのか、そのためには「労力」「時間」「知識」「人脈」に常に自己投資することである。本書ではその4分野に対… このレビューの続きを見る

3.7

book_2009_007

01:48:By meganeblog

ビジネス書です。 つまらない。目新しくない・・・・。 この2年、こういう類の本をたくさん読みました。 もう、やめる時期かもしれません。 JUGEMテーマ:読書

 常にレバレッジを意識せよ 「人生から何を得るかを問い、得られるものは自らが投じた物によることを知ったとき、人は人として成熟する」            −ピータードラッガー 『断絶の時代』 「… このレビューの続きを見る

 レバレッジシリーズで有名な本田直之さんの著書です。本書では、レバレッジを利かせた考え方についてまとめて述べていました。今までの著作であるレバレッジ時間術・レバレッジリーディングなどの内容も本書… このレビューの続きを見る

■労力のレバレッジ 1.仕組み化…マニュアル+α 2.無意識化・習慣化…チェックリスト作成 3.KSF(キー・サクセス・ファクター)をみつける 4.その他(二毛作、言葉のレバレッジ、エクササイズのレバレ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 気になってたので読んでみました。 さくさく読めるので1時間もあれば読み終わるかと思います。 感想としては、色んな本を読んでいるので大体同じ感じかなぁってところ。 内容も同じもの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 話題の、本田直之さんレバッレッジシリーズ。 なるほど勉強になる1冊。 なんだか聞くと、レバレッジシリーズがまとまっているような1冊で 導入本としておすすめのようです。 … このレビューの続きを見る

昨日の日記を書いてから、 ふと思い出してこの本をもう一度読んでみました。 以前読んだときも、とても面白い本だと思い影響を受けましたが、 今回改めて読んでみて、ふんふん、なるほど!と、 驚くほど納得… このレビューの続きを見る

まあ、結局は土曜日更新をできなかったわけで、予定は未定を見事実行したわけで、なぜなのかっつー、理由はあれです。まだ全部読んでない。 だけど、レビュー。レビューしちゃう。 --- 1年か1年半くらい前、… このレビューの続きを見る

どうやったらうまく風呂で読書できるのかな? 勝間和代さんはメモを作らない派で本田直之さんはメモ派。 私はメモを作りたいがなかなか作れない…。 仕事でも、ポイントをまとめたメモを作るのは大事。 だ… このレビューの続きを見る

レバレッジシリーズ。レバレッジ・リーディングと内容がかぶっている部分もあり。 作者が日々の作業を効率化するために実施している手法・考え方の紹介。 【労力のレバレッジ】 ■少ない労力で大きな成果を上げ… このレビューの続きを見る

今年の誕生日に友人からいただきました。 レバレッジとは梃子のことですが 仕事においても、この梃子の原理の発想が必要です。 仕事だけではないですね、日常生活においてもです。 プロのスポーツ選手は、本… このレビューの続きを見る

一生懸命判断働いているのに、成果が上がらないのはどうしてか。長い時間、努力をしているのに成果が上がらないのは何故か?

「レバレッジ・リーディング」と同じ著者の本だが、それを読んだときほどのインパクトはなかったかな。「労力」「時間」「知識」「人脈」の4つの分野に自己投資する、というのが基本思想。内容としては「知識」の部分は「レバレッジ・リーディング」の要約みたいなものだし、方法論のエッセンスとまでは行っていなくて、一つ一つの中身が薄い印象で、期待したほどではなくなんとなくいまいちだった。

以前紹介したレバレッジ・リーディングと著者が同じ。まぁベストセラーなのでどんな本なのか説明するまでも無いだろう。個人的に印象に残ったのは55ページあたり。

自分の持っているものを、パーソナルキャピタルとして4つの要素に分類し、各要素ごとにどうすればレバレッジをかけられるかをまとめている。

レバレッジシリーズ第3弾。 自己投資でパーソナルキャピタル(自分資産)を構築することで大きな成果を生み出そうという考え方。 そのパーソナルキャピタルの構築方法を4つの視点でまとめた内容。 労力の… このレビューの続きを見る

仕事のやり方を少し変えてみようと思う。 せっかくビジネススクールにも通っているので、実務での経験を外側からもう一度検証して見るのも手だ。 まったく違う業界・バックグラウンドの目も、新たな発見… このレビューの続きを見る

「努力するのに成果が上がらない人」と「余裕を持ちながら大きな成果を上げる人」の違いはレバレッジの考え方にあった。 必要なのは「労力」「時間」「知識」「人脈」の4分野への自己投資。 スポーツ・経営・投資… このレビューの続きを見る

ほとんどの本屋さんで平積みされているので多くの方が読んだんじゃないでしょうか。 僕自身、非常に勉強になりました。 本書のテーマは 「労力」「時間」「知識」「人脈」と言う四分野に自己投資し、パーソ… このレビューの続きを見る

内容紹介 「努力するのに成果が上がらない人」と「余裕を持ちながら大きな成果を上げる人」の違いはレバレッジの考え方にあった。必要なのは「労力」「時間」「知識」「人脈」の4分野への自己投資。スポーツ・経営… このレビューの続きを見る

レバレッジシリーズの第3弾。 レバレッジとは『てこの原理』のことです。 少しの労力でいかにおおきな成果をだすか? これを実践するための考え方が身につく本です。 いかに短時間で効率よくゴールや目標… このレビューの続きを見る

レバレッジ・リーディングでお馴染みの本田直之氏の新刊。 一番のお気に入りはDoing More With Lessというフレーズ。また他にも、俯瞰逆算思考、二毛作、無意識に習慣化する、時間のルーチン化(時間割)等など非常に勉強になります。 時間が無くて成果が上がらないのではなく、時間があるから成果が上がらない。というのはまさに目から鱗でした。

ビジネスマンのマインドの持ち方と、いかに効率的な仕事の進め方をするかについて 書かれた本。 目の前の仕事ばかりせずに、意識的に自己投資の時間を設定することが重要と あらためて認識。 個人的には「レバ… このレビューの続きを見る

「レバレッジ術のOS」とでも言い換えれそうな1冊。かなり「買い」な本。 「レバレッジ・リーディング」「レバレッジ時間術」の著者の新作。レバレッジ・リーディングを読んで読書メモを作り始めてから、読書と… このレビューの続きを見る

関連する商品