>
[Amazon] やがて目覚めない朝が来る

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

やがて目覚めない朝が来る
やがて目覚めない朝が来るで自分のブログにレビューを書く

やがて目覚めない朝が来る

おすすめ!3.5 [3.5](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1180855位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4591100014(ポプラ社)
やがて目覚めない朝が来るのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.5 [3.5]

 少女は、魅力的な大人たちに囲まれて、大人になっていく。すべてを包み込んで穏やかに流れていく時間と人生のきらめきを描き出す、今、最注目の著者の最高傑作。 なんか、私はこういうしゃっきりしたお祖母さんが出てくる お話が好きなんだと思う。 蕗さんやミラさんがかっこよくて素敵でした。 やがて目覚めない朝は、みんなに来る。 それまで、しゃっきり頑張ろう。  

 題名から連想する言葉は一つ。その言葉を、どういう感情で言っているのか。「恐れ」「諦め」負の感情をイメージしがちだが、私はそこに「少しの期待」を見出してしまった。積極的な「期待」ではなく、誰にも訪れることを受け入れ、その時が来たら喜びもあるのではないかという少しの期待。そう思ったのは、表紙につかわれている綺麗な写真による影響かもしれない。最近は、題名と表紙は一体なんだなと思い始めている。

3.5

戦友の恋

16:54:By The Samantha Times

あらすじ: 佐紀もそろそろ禁煙したら、と玖美子にしては珍しい忠告をした。いつもなら、うるさいなあと思ったはずなのに、神妙に頷き、まあね、あたしもやめようかなあとは思ってんのよね、と殊勝に答えると、そう… このレビューの続きを見る

あらすじ: 大人気ミステリ作家・近藤史恵が手がける、初の児童書! お嬢様中学生+普通の男子中学生が活躍する、ドキドキ☆わくわく♪の探偵ものがたり お嬢様中学校に通う智秋・巴・あけびの三人。 女優の母をもつ智… このレビューの続きを見る

3.5

三人姉妹

13:28:By The Samantha Times

あらすじ: 大学を出ても就職せず、ミニシアターでバイトしながら仲間と映画作りをしている水絵は三人姉妹の末っ子。長女の亜矢はある日子連れで実家に戻って離婚騒動に、次女の真矢は不倫を脱し、奇病にもまけず転… このレビューの続きを見る

  やがて目覚めない朝が来る              大島真寿美     元舞台女優の祖母のもと、 魅力的な人たちに囲まれて 私は大人になった―― 同じ時を生きるかけがえのなさが 描き出され、読後に… このレビューの続きを見る

有加のおばあちゃんは、みんなに蕗さんと呼ばれている。元舞台女優でもある。密かに有加の父親である息子を産み、自分のことを蕗さんんと呼ばせて育てた。マネージャーのように側にいる、富樫さんのことをママと呼… このレビューの続きを見る

後半ややダレてしまうのが惜しいけど、全体に文章のテンポで読ませてしまう楽しかった日々、そこにいた人々の描写、主人公の感覚とか回想の挟み方などのバランスが素晴らしい。人生のきらきらとした一瞬をうまい具合に収めている。

「眠りにつく時によくそう思った。やがてこのまま目覚めない朝が来る。それは明日の朝かもしれない。」 図書館でなんとな〜く手に取った1冊でしたが、こりゃ良かった。 ※ネタばれちゅうい 元舞台女優の蕗… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/3/17〜2008/3/18 [日販MARCより] やさしく、うつくしい時間を、私たちは共にしている…。少女は魅力的な大人たちに囲まれて、大人になっていく。すべてを包み込んで穏やかに流れていく時間と人生のきらめきを描き出す、今、最注目の著者の最高傑作。

あらすじ 元舞台女優の祖母のもと、魅力的な人たちに囲まれて私は大人になった――同じ時を生きるかけがえのなさが描き出され、読後には温かな感動が胸に満ちる物語。 以前、『香港の甘い豆腐』を読んだ。 出生… このレビューの続きを見る

タイトル。いい!!! まったくその通りですよ。ねぇ(ぇ 切ない、といえばそうなんだけど、 それ以上に温かいものがあって。 日々、繰り返される生活に、 ただ流されるように生きているけれど、 たまには… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 両親の離婚後、母とともに父方の祖母、蕗さんの洋館で暮らすことになった私。蕗さんは元舞台女優で、周囲には常に、若い頃から蕗さんの熱烈なファンである元記者の田幡さん、衣装アシスタントだ… このレビューの続きを見る

少女は、魅力な大人たちに囲まれて、大人になっていく。 すべてを包み込んで穏やかに流れていく時間と人生のきらめきを描き出す、今、最注目の著者の最高傑作。

2007年新刊本ベストへのエントリです。 あさとさんからのエントリです。 読まれた方、トラックバックやコメントをいただけると嬉しいです。

JUGEM編集部おすすめ商品