DB Error: connect failedDB Error: connect failed 狼と香辛料 - 支倉 凍砂 のレビュー全35件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 狼と香辛料 (電撃文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

狼と香辛料 (電撃文庫)
狼と香辛料 (電撃文庫)で自分のブログにレビューを書く

狼と香辛料

おすすめ!3.5 [3.5](35件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:396318位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4840233020(メディアワークス)
狼と香辛料 (電撃文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(35件) 3.5 [3.5]

「夢でアニメの美少女が出てきたら、夢最強じゃね?」的な事をブログで書きましたけど、38歳になって初めて、夢の中でアニメキャラと会話した。 ?「おぬしはこれからどうするよ」 私「夜はロストリバーデル… このレビューの続きを見る

図書館で見かけて「そういえば昔アニメになっていたなぁ」と一巻借りてみた。 うん。 めんどくさい。 ロレンスとホロのほのぼの冒険譚でよかったんちゃうかな。 あと、美しい、美麗だって言う割にホロのキャラデザが微妙すぎる。(これはラノベあるあるか。)

2006年に発行された本なので少し古いですが、狼と香辛料の1巻を読んでみました。 行商人が主人公です。 商人がメインなので頭も使っていますが、男性向けライトノベルなので体力も使っています。 そして女の子が可… このレビューの続きを見る

 最近嵌ってるアニメの原作本。 第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞した作品らしい。 中世が舞台のファンタジーなんだけど、 派手な戦いのシーンはないし、 魔法が飛び交う訳でもなく、 何と、経済活動が主… このレビューの続きを見る

3.5

狼と香辛料

00:51:By D.I.'s Memorandum

JUGEMテーマ:読書 It is a fantasy story called "Spice and Wolf" which caught my heart for several years more than Harry Potter. First of all, its way of speaking, old Japanese courtesan way which i… このレビューの続きを見る

August 9  今日はお昼に雨が降っていて、洗濯物が・・・悲惨なことに  今日は特にどこかに出かけることもなく家でじっとしていました。  今日食べたもの  ご飯 なんか肉みた… このレビューの続きを見る

【商品内容】 行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以… このレビューの続きを見る

遅ればせながら、図書館から借りてきて1巻を読了。(常に貸し出し中で読めなかった) なんというか、ホロとかのキャラクターとかも良いんだけど、全体的な印象としては「良い子の商取引講座」って感じだった。面白い・・・のか? JUGEMテーマ:小説全般

原作。

19:37:By にき

 狼と香辛料漫画版の新刊出てた。 わっちわち可愛い。 狼バージョンも好き。 桃の蜂蜜漬けが美味しそう。食べたい。 疑ってるときの顔が可愛い。なんか心なしか大人っぽい顔になったような。きれいな感じ。 1巻の… このレビューの続きを見る

■JUGEMテーマ:オススメの本おすすめの本かぁ…。まずは、桜庭一樹さんの本かな?私は「推定少女」から入ったものですが、一番好きなのは「赤×ピンク」かな。桜庭さんの描く少女はとても皆可愛いのですよ。ただ、表… このレビューの続きを見る

3.5

ホロ完成〜><

00:27:By 330style

JUGEMテーマ:イラスト なんとか、完成まで漕ぎ着けました。 本作と比べるとー・・・あー。 やっぱ違うw  もっと華奢な感じですね(原作 致命的なのが、表情ですねー。 原作は・・・純粋な笑顔ですよね。 次回は資料見て、ちゃんと描きたいと思います。 そういえば画集出てたような〜・・・欲しいなぁ(・ω・) 今日は、バタバタしていたので疲れました>< はよ寝よう。 おやすみなさー!

 相方にね、言われたんですわ。 「小説買いたいから、紋さん商品ブログに張っておくれ」 いいよぉ〜!ってこれから書くわけですが、他の2〜8まで紹介するんでしょうかねぇ? 相方に紹介したらすっかりはま… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書JUGEMテーマ:小説/詩   会社の上司との会話でちょろっと出たことがきっかけで、購読してみた一品(?)。  経済がテーマとの話を聞いてたので読まず嫌いしてたんですが、読んでみれ… このレビューの続きを見る

最近、久々な感じでライトノベルを読んでおります。 ミステリのあと時代物に流れてすっかりご無沙汰だったライトノベル。 田中ロミオだけ読んでましたが、アレは作者のコレが気になったので読んでみただけであっ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ホロかわいい 林檎をねだった時の感じは最高だね かわいい面もありつつ老成した感じもありつつでいい 時折見せるさびしげな感じがグッとくるよ ロレンスとの掛け合いのような会話も面白い ロレンスはこの先も尻に敷かれる感じはある

 名前は以前から知っていましたが、周囲から推薦されて初めて読んでみました。  面白いですね、この本。経済小説なんですね。それも下手なビジネス書より面白いし、リアルかもしれないですね。ハラハラしなが… このレビューの続きを見る

【10月読んだ本】 こうしてラノベ界隈にだんだんと足を踏み入れています。 猫耳ならぬ狼耳。しっぽがふさふさなのが猫よりも可愛い(笑) これは経済がテーマなのかな。不思議な分野の面白いお話です。 JUGEMテーマ:本の紹介

若き行商人ロレンスは、ひょんなことから 狼神を名乗る少女ホロと旅をすることになる。 面白いです。 行商人の目を通じて、世界観がきちんと描かれています。 文章も合格点。 ホロの花魁くずれのような口調は慣れるとかわいいですね。 アニメのCVはあみすけかぁ。確かに合うかも。

暇だから最近話題の「狼と香辛料」を読んでみた。 つっても長いからまだ読みきれてないけど。 商人ロレンスと狼(?)のホロの商売話らしいが、 なかなかおもしろい わっちわっち

以前から本屋で「話題本」として取り上げられていたので 気にはなっていたのですが ライトノベルズだしな〜どうかな〜と 逡巡していたシリーズ。 結局読む本がなくなってしまい ま、いいか、一巻だけ読んでみ… このレビューの続きを見る

アニメ化されたのをきっかけに、狼と香辛料を読みました。 商売のやりとりを中心とした物語で、ちょっと珍しいタイプのお話ですね。 主人公が行商人のロレンス、相棒は自称「賢狼」のホロ。 ホロは自称に「賢… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  珍しく、アニメから入った原作。  何でアニメからかというと、OP曲がzabadakの吉良氏によるものだから。  世界観も良いし、この商売てか、経済学の概念もおもしろい。そして、何よりもホロの性格が何とも言えない。しゃべり方が花魁じゃん、てのも笑えるが、この手練手管ぶりがお見事。  教会と神、神々の概念も好きだ。

 ゆるーいファンタジーだときいて。旅人系ということでキノスキーな自分にもあうだろうかと。  あと狼娘。表紙が津久葉瑤を連想させる類でびっくりしたけど。  内容としてはゆるーいファンタジーではないも… このレビューの続きを見る

単なるライトノベルとは違います。 今までラノベは「萌え」だので、なんとなく遠ざけてましたが、 普通の文学作品と一緒にしてもよいんではないか、と思うほど面白い。 感覚的に、伊坂幸太郎さんと空気感が似て… このレビューの続きを見る

今期のアニメの中で一番楽しいやつだったので今日買いました。 原作もかなり面白かったです

 これも面白かったなあ。「お留守バンシー」も「哀しみキメラ」も良かったけど、この作品がいちばん好みかもしれない。(「火目の巫女」はまだ読んでないけど)ヒロインが地方神(賢狼)というファンタジックな設… このレビューの続きを見る

今回は「狼と香辛料」と言う本のレビューを。 いや、まだ読み終わってないんだけどww 面白いです。 あらすじは―  行商人ロレンスがふとしたきっかけで出会った少女「ホロ」。 狼の耳と尻尾を持ち、自ら「… このレビューの続きを見る

期待を込めて。 ホロがかわいい。独特のいいかた(〜くりゃれ?とか)がとてもかわいい。 最初はロレンスも半信半疑で疑いつつだけど、いろいろなイベント(笑)に巻き込まれていく内に…なーんて。 あーライトノ… このレビューの続きを見る

 ファンタジーに付き物の行商人だが、ここまで正面から取り扱うのは盲点だった。この作品の主人公ロレンスに熱心な金勘定と説明をさせることで、海千山千の商人の世界に見事な立体感を与えている。  為替のシス… このレビューの続きを見る

狼と香辛料

00:03:By 俺の、変身!

久々にラノベが読みたくなり,ちょうど以前から気になっていたのでこれを選択. おそらくライトノベル初の経済(具体的には商売)をテーマにした作品. といっても,その要素はメインでなく,むしろメインキ… このレビューの続きを見る

ムリヤリな読み方をすれば狼が女子でなくてはいけない理由は何。

狼と香辛料

01:43:By ブックレビュー

ファンタジーにめずらしくほのぼの系。 「このラノベがすごい!」で戯言・ハルヒを押しのけて 一位になった作品とはいかなるものか?という興味で読んでみた作品。 異世界ファンタジーなのに、「商売」に重… このレビューの続きを見る

更新、遅れてしまいました。ごめんなさい。 やっぱり、本を読むのが遅くなってるわぁ。 というわけで、この言葉からも分かると思いますが、久々にラノベを読んじゃいました。 前々から気にはなっていたものの、… このレビューの続きを見る

3.5

狼と香辛料

22:39:By 裏ミリタリー部

狼と香辛料?〜?を先日購入。 舞台は、16世紀くらいの欧州的な所。 主人公はロレンツ、25歳。職業、行商人。 ヒロイン(?)、もう一人の主人公はホロ。賢狼。 外見は10代半ばの娘。実年齢は数百歳。物… このレビューの続きを見る

狼と香辛料

20:09:By

電撃文庫の本なんて、数年前に『キノの旅』を買って以来です。 (しかもその『キノの旅』も途中で放置……) 新規開拓のつもりだったのですが、なかなか面白かったです。 魔法も剣もないファンタジー。 これだ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品