DB Error: connect failed ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]のレビュー全57件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]
ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]で自分のブログにレビューを書く

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]

おすすめ!3.9 [3.9](57件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:DVD
  • Amazonランキング:23744位
  • 定価:¥ 5,076
  • Amazon価格:¥ 3,588
  • ユーズド価格:¥ 1,529
  • ISBN/ASIN:B000FOTK6Q(ジェネオン エンタテインメント)
ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション [DVD]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(57件) 3.9 [3.9]

この映画に描かれているのは、実際に起ったことを再現しています。 ルワンダで起こった大虐殺が題材です。 同じ国民同士の血なまぐさい争い。 なんでこんなことが起こるんでしょう? さかのぼれば、宗主国の支配政治に行き着くらしいですが、 集団心理、人種差別、悲しい人間の性 世界の何処かで、今でも血が流されています・・・。  

 先週は、シリアの首都ダマスカスで大規模な自爆テロにより、400人以上の死傷者が出たと言うニュースが飛び込んできました。ダマスカスはパウロが回心したダマスコのことです。聖書に親しむ者として、格別深い… このレビューの続きを見る

 少し時期を逸したが惜しくも作品賞を逃したもののアカデミー賞の最優秀監督賞を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が受賞したのは喜ばしいことだった。思えば今年のアカデミー賞はアメリカ人の「… このレビューの続きを見る

 かなり残酷なシーンいっぱいで目を覆いたくなることも多々あります。。特にあの川近くの道を車でいくシーンはかなり見ていてつらい…でもポールの最後まであきらめない気持ちとかは見ていてがんばろうって気になるね。実話に基づくってのがまたすごい。

100万人が虐殺されたというルワンダの内紛が悲惨だ。フツ族はツチ族をゴキブリと呼びナタで次々と殺して行く。根絶やしにすることを目的にしているので子どもにも遠慮がない。当然国連軍などが介入するところだが、… このレビューの続きを見る

本日2回目の更新 【ブラッド・ダイヤモンド】見ました 考えさせられる映画です。 前に見た【ルワンダの涙】と【ホテル・ルワンダ】を思い出しました。 今日学校では、学芸会です ムスメは朝、「やったー… このレビューの続きを見る

3.9

ホテル・ルワンダ

02:09:By infinity

民族抗争もの。普段はあまり興味がないというか、そこまで理解しやすいものではない。それは、宗教や民族間の差別などがない日の国に生きていたら当たり前かもしれない。そんなぬるい環境で生きている自分にとって… このレビューの続きを見る

ボーイフレンドデニムいいね〜 :)細かったらさまになるんやけど、微妙だと微妙にパツッてして微妙にださくなるという;笑昔アンドイットで買ったジーンズ送ってもらうか悩むな〜; 着た感じどんなんやったか忘れて… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画そういや月曜のメンズデーで「インビクタス/負けざる者たち」を見ていました。 ツイッターに書き込んだら、日記を忘れてしまった。 実話、主演モーガン・フリーマン、監督クリント・イースト… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画)1994年に、アフリカのルワンダ共和国で起こった国内の民族紛争における大量虐殺事件。この事件により多くの罪なき子供を含む100万人という死者が出た・・・。… このレビューの続きを見る

3.9

ルワンダ

22:43:By icono pic

CBSドキュメントにてインタビュー。

民族って・・・そんなふうに決められた民族もあるのか・・・民族間の憎しみあいで内戦とか内乱とか虐殺とか難民とか・・・日本人からはまるで想像を絶する世界が現在もいくつもあるんやけど、このルワンダの民族っ… このレビューの続きを見る

3.9

【ホテル・ルワンダ】

16:36:By SCRAP*

宮崎あおいちゃんオススメというだけで観ました。 ルワンダでの内戦に限らず、こういう現実を知るのは とても大事なことだと思う。 この人の勇気にも、未だに紛争が絶えない国があることについても 色々と考えさせられました。 それほどずしんとくるわけでもないし 観てよかったと素直に思えた。

ホテル・ルワンダ

17:00:By 映画メモ

ホテル・ルワンダ 2004年/122分/イギリス、イタリア、南アフリカ 監督:テリー・ジョージ 出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ホアキン・フェニックス

単に世界を震撼させた事件を再現したり、 依然として残る差別意識や国際機関の対応などにも厳しい批判を下す それぞれ勇気ある作り手の一貫した姿勢と思いに圧倒…。 世界に入り込んで見入ってしまいました。。。 自分に何が出来るとか、何かしなきゃとか、そんなことより。   この感覚忘れたくない…。目を背けちゃいけない…。

『ホテル・ルワンダ』

10:39:By GRIN

事実に基づく話やっぱりノンフィクションは史実が基になるだけあって精神の根底に響く気がしますルワンダ国の内戦下でルワンダ国民の中では富裕層に位置する主人公が街の人々や家族を必死に守り通そうとする話現代… このレビューの続きを見る

見ました@TV いやー、これも結構本気でしたね(?) これノンフィクションなんだよね? なんかほんとにすごい ポールほんとすごい 家族と同じくらい他の人を愛せるひとなんだと思う 人を公平に、まっ… このレビューの続きを見る

3.9

movie_2009_004

01:51:By meganeblog

近所のツタヤで、 宮崎あおいさんのオススメ映画として展開されていました。 JUGEMテーマ:映画

観終わった瞬間、母に 「これってほんとうにあったことなの?」 ときいたわたしは、無知。 ルワンダという国があることすら、 この映画みるまでしらなくて。 内戦っていわれてもなんかよくわかんなくて。 … このレビューの続きを見る

 テリー・ジョージ監督作品(2004年)。 日本での公開はなかったものを、 ファンの熱心な活動(主としてネット)で、公開にこぎつけた。 そんなニュースだけ知っていたので、ちょいとチョイス。 でも、これはそんな理由だけで観る作品ではなかったよ。 覚悟が必要だったよ。

3.9

ホテル・ルワンダ

03:50:By 嘔吐

 大型連休が始まった。来月の5日まで休み。もともと瀋陽に行く予定だったのだが、なんだかもう面倒くさくなってきた。チケットもまだとってないし。それに勉強しなきゃいけないことが山積み。夏休みにモーゲンソー… このレビューの続きを見る

 世の中には、「知らなかった」では済まされないことがたくさんあるなーっと思った。私の将来の夢の一つは緒方貞子さんのような女性になり、難民、避難民を支援したり、人権問題を改善すること。でもつい最近まで… このレビューの続きを見る

愛する家族を守りたいという想いをきっかけに、1200人もの命を救った一人の男の実話を映画化した感動のヒューマン・ドラマ。1994年、長年続いていた内戦が終結し、ようやく平和が訪れようとしていたルワンダ。しか… このレビューの続きを見る

愛する家族を守りたいという想いをきっかけに、1200人もの命を救った一人の男の実話を映画化した感動のヒューマン・ドラマ。1994年、長年続いていた内戦が終結し、ようやく平和が訪れようとしていたルワンダ。しか… このレビューの続きを見る

通りで、村々で、人々が突然、 隣人に襲いかかる。 想像を絶する大量虐殺の極限状態で、 家族と隣人を守ろうとした一人のお父さん。 ○ 「世界から涙はなくならない。だけど、愛だってなくならない。」 ジョン・レノンの言葉を思い出してみる。 JUGEMテーマ:映画

JUGEMテーマ:映画 ドン・チードルの演技が、輝いているの一言!

ストーリー:1994年アフリカ中部にあるルワンダで、ツチ族とフツ族の民族対立による武力衝突「ルワンダ紛争」が勃発した。フツ族過激派がツチ族やフツ族の穏健派を120万人以上虐殺するという状況の中、1200名以上を… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 これは映画館で観ました。 観て知ることが多かったので是非。 大国のエゴの部分も見えます。 自分自身の無知を申し訳なく思い、 また、ニュースやドキュメンタリーで 現在のルワンダを扱ったものを観た時に見え方も変わる。 そんな作品。

ごはん食べながら見てましたが、とても食べながら観れる映画じゃありません。 真実なのもびっくりしますが、これがまだほんの数年前に起こった民族抗争で 100万人も虐殺されている事に驚きます。

 1994年、100日で100万人が虐殺されたルワンダ事件の中、1200人の命を救ったホテルマンの実話を映画化したものです。 「シンドラーのリスト」のときも思いましたが、どちらも正義感ぶった人が「助けてやる!」と… このレビューの続きを見る

3.9

ホテル・ルワンダ

11:45:By Qtyhoney

TSUTAYAで、いつも貸出中の『ホテル・ルワンダ』 やっと見れました。 かなり映画マニアからオススメ度が高かったので。 ルワンダでの民族抹消行為について。すごい話です。 でも現実です。 おぉー、ジャン・レノ出てるんですけど・・ ・ホテル・ルワンダ@映画生活

「ホテル・ルワンダ」・2004年 ルワンダの内戦はそう昔のことではないんですよね。(1990〜1994年) ツチ族とフツ族は、もともとはほとんど同じで、遊牧民族か農耕民族か、生活形態が異なるだけだったようで… このレビューの続きを見る

ずっと観たかった映画。BSで放送してました。 ルワンダのフツ族とツチ族の民族抗争から大虐殺へ。 はげしい内戦。撤退する国連。白人だけが国外へ救助される現実。 イギリス人ジャーナリスト役のホアキン・フ… このレビューの続きを見る

ホテル・ルワンダ

07:39:By Junk Movie

★★★★ (★1pt/ ☆ 0.5pt / max:5pt) 実在の人物と、真実に基づく話。 無駄を一切省いて、リアリティあふれる作品に仕上げていると思う。 始終ドキドキしてものすごく苦しい。 こんなことが1994年まで続いていたとは信じられない。 ものすごい衝撃だ。 アフリカ版の「シンドラーのリスト」だ。

私は戦争映画など、良い映画だと言われても人がバッタバッタと死んでいったりするのを観ていられない性質なのでほとんど観る事はありません。 ホテル・ルワンダのDVDはパパが借りてきて、「これ絶対面白そうだよ… このレビューの続きを見る

ホテル・ルワンダ

23:33:By DEPORTARE

★★★ 違いなんてほとんどないようにしか思えないツチ族とフツ族。映画の中のセリフが本当なら、その区別にほとんど根拠なんてない。 最後のほうは、涙が出て止まらなかった。 いつぞや見た、虐殺現場の写真。たく… このレビューの続きを見る

アフリカのルワンダで、実際に起きた民族抗争の話。100日で100万人が虐殺されるという悲劇の中、一人の黒人男性が1200人の命を救ったという実話から作られた映画だそうです。 まず、好感が持てたのは主… このレビューの続きを見る

虐殺の事実を収めた映像が流れれば助けが来る、と信じている主人公に白人のメディアが言う。 「世界の人々はこの映像をみて、「怖いね。」と言うだけでディナーを続ける。」 国連も最後には、『ルワンダには価… このレビューの続きを見る

3.9

ホテル・ルワンダ

02:29:By

フツ族とツチ族との対立が悪化して起こったルワンダ紛争において、実在する高級ホテルのマネージャーの体験をもとに作られた映画。 マネージャーのポール・ルセサバキナは私財と自らの命を賭して、1200人以上… このレビューの続きを見る

最近更新できなかった理由のひとつが、 ダンナとDVDを見るようになったこと、なのです。 息子と一緒に見る用と、ダンナとワタシ2人で見る用と ダンナが2枚借りてきてくれます。 で昨日見たのがこれ。 … このレビューの続きを見る

アップデート:2007年2月3日 久々に見た社会派映画です。 昔から、硬派な社会派ドラマは結構好きで、よく見ていました。「キリングフィールド」や「遠い夜明け」などの感動は、今でもずっしりと心の中に… このレビューの続きを見る

ずっしりと胸のど真ん中にくる良い映画でした。 ルワンダのフツ族とツチ族の内戦については、ある程度知ってはいたし勉強もしたけれど、見るのはやっぱりつらかった。 でも、完全にルワンダの人たちを知ること… このレビューの続きを見る

「キリクと魔女」をご存知だろうか。日本及びアメリカのアニメに慣らされている身には、衝撃的なアニメ作品だった。 影絵を連想させるような静かな、それでいて滑らかな動き、美しい色彩、神聖な冒険譚。 いまやどれもこれも同じように見える日本のアニメの登場人物の顔や、ディズニーに代表されるような作り物の3D、そんなものに飽き飽きしていた私には、驚くほど新鮮で、感銘を受けた。

アフリカが舞台の映画を観るたび思うのは、アフリカの実情についての自分の不勉強さだ。  こういうことはニュースとして日本のマスコミはちゃんと流しているのか、それとも自分がそれを右から左に受け流してしまっていたのか。 

ホテル・ルワンダ

21:44:By MOVIE LIST

ドン・チードル テリー・ジョージ ソフィー・オコネドー

《感想》 内戦が終わりに向かっていた際に起こった大統領暗殺。 それによって、激化する二つの部族の内戦。 内戦に巻き込まれた人々を助けにきたはずの軍人が、黒人というだけで救助を 拒絶する様には理不尽さ… このレビューの続きを見る

前に大学の講義で参考に見ておけと言われた作品。 あらすじはAmazon見れば分かるでしょう。 うちは学科が学科なんで、けっこう戦争やら歴史上の大きな事件、危機について取り扱った映画の紹介なんかもされます… このレビューの続きを見る

●DVD● ずっと前から観ようと思ってた映画。 1994年に起きたルワンダ大虐殺の最中、 ある高級ホテルの支配人が1200人もの人々を救ったと言う 実話を元にした社会映画。 この紛争では、たった100… このレビューの続きを見る

素晴らしいが、重たく悲しすぎる。 ルワンダのツチ族とフツ族の民族対立の悲惨さ。 ホテル支配人のポールが内紛の中、難民をかくまいながら命を助ける本当の話。 彼の行動は素晴らしい。それとは逆に、世界の… このレビューの続きを見る

事実、なんだよなー。 しかも、今もこれに近いことは他の土地で起こってるんだよなー。 同じ時代に。今、この瞬間に。 それに、そんな前のことじゃないんだよね。

すごく期待していた作品。 恥ずかしながらこの映画を知るまでツチ族とフツ族の紛争も しらなかった。 同じ国の人なのにもう一つの民族を虐殺して「ゴキブリ」と呼ぶ。 悲しいこと。その中にも自らの安全よりも… このレビューの続きを見る

 アフリカの中央に位置するルワンダという国で、十数年前にフツ族とツチ族の内戦があり、わずか100日の間に100万人ものツチ族の民衆が虐殺されたことを、私は知りませんでした。その悲劇の中、裏切り者のレッテル… このレビューの続きを見る

意外に見易い映画だった。というか、想像していたものよりずっとソフトだったので、それがこの映画が地道に話題を呼んでヒットした一因なのだろうと思う。 まず、ルワンダの事件を知らない人がほとんどなのだろう… このレビューの続きを見る

 なぜだって――?  きみたちはニガーですらもない、  アフリカ人だからだ! お久しぶりです。激しくご無沙汰しています。 こんなサイトを覗きに来ていただける方は皆無になったものと固く信じ、 おそ… このレビューの続きを見る

ルワンダ内戦での実話が映画化されたものです。主演はドン・チードル。 フツ族とツチ族という民族対立が招いたルワンダ内戦において約1,200人の命を救ったあるホテルマン。 フツ族がツチ族に対する虐殺を繰り広… このレビューの続きを見る

舞台はアフリカのルワンダにある「ミル・コリン・ホテル」 主人公ポールはそこの支配人。 突如、ルワンダ国内で民族紛争が勃発。 ポールたちは過激派による大量虐殺に巻き込まれる。 彼の勤める「ミル… このレビューの続きを見る

3.9

HOTEL RWANDA

00:49:By CRYPTOLOGUE

アフリカのルワンダ紛争中の1994年、自らが支配人を務めるホテルで、1200名以上を救ったホテルマンの物語。 国内公開を求める署名運動が起きるだけあって、非常に良くできた傑作。

関連する商品