[楽天]

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

イメージがありません
この商品で自分のブログにレビューを書く

おすすめ!5 [5](53件のJUGEMレビュー・感想)
  • 楽天市場 価格:¥0
  • ショップ名:

JUGEMユーザーのレビュー・感想(53件)

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 全都・都市計画道路問題交流会が2011年9月11日(日)13時から16時半まで、杉並区久我山(井の頭線)の久我山会館で開催される。この運動は40年来の歴史を持つ。世田谷区で風害などの住環境破壊や税金の無駄遣いが問題になっている二子玉川ライズ反対住民運動も連携してきた。 1.SORA報告書について  東京公害患者と家族の会 2.道路をめぐる社会情勢の動向と都の道路政策及び行政の実態 3.各団体報告(10分ぐらい) http://hayariki.zero-yen.com/poor.html 二子玉川ライズ優先で家計簿に歪み http://hayariki.x10.mx/kakeibo.html 区の家計簿点検 http://www.hayariki.net/poli/setagaya.html

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 Do you know what kind of man Hayashida Riki (the plaintiff who fought Against TOKYU Land Corporation) actually has been? Though he seemed to have been gossiped about so mortifying by blockbusters, the real Hayashida Riki has detested all sorts of meanness and dirtiness and, whatever reason they may have, he has wanted to make all such dirty people suffer. Do you think such a diligent man should forgive TOKYU Land Corporation? No, never. Of course… 【続きを表示する

 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』は、消費者の権利を追求する原告の人生が生み出した血と涙と汗の結晶ということを我々は絶対に忘れてはならない。そのような原告が何もしないのに偉そうなだけの悪徳不動産業者を許さないことは当然である。東急不動産工作員や地上げブローカーも許さないことは当然である。そのような連中の悪事を暴露するために、原告は『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』を書いた、と言っても過言ではない。我々も悪徳不動産業者にだまされないようにしなければならない。 http://www.hayariki.net/tokyu/cre.htm 「「被災者に手を差し伸べる自治体に」、保坂展人世田谷区長が抱負を語る」PJニュース2011年6月27日 http://www.pjnews.net/news/794/20110626_1 林田力「口頭主義を生かしたシモキタ裁判第21回口頭弁論」PJニュース2011年6月30日 http://www.pjnews.net/news/794/20110629_6

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急不動産(販売代理・東急リバブル)よってに不利益事実を隠して問題もん件をやまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)でぇ売買代金を取り戻した闘いの記録。 裁判における当事者って裁判官の緊迫やるやり取りを丹念に再現 個人が不誠実な大企業を相手ぇに闘うドラマがやる! 裁判って並行して明らかになってん耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 現実空間でも東急不動産工作員は原告に粘着した。不買運動家は原告に警告した。 「あなたは外をよく監視していなければならない。悲観にくれて嫌な顔をしてはならない」 「何故ですか」 「東急不動産工作員がアルスを監視しているからだ」 不買運動家はアドルフ・ヒットラーに立ち向かったウィンストン・チャーチル英国首相の言葉を下敷きに支持者の前で演説し、原告を励ました。 「悪徳不動産業者は知っている。東急不動産だまし売り被害者を制することができなければ、この戦争に負… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急不動産の答弁書は掘り下げたものが何一つない粗末なものであった。本当に自らの責任がないと主張するなら、堂々と表に出てきて説明すべきである。弁護士を三人も付していながら、不誠実極まりない応訴態度である。このようなやり方を仕事ができることと勘違いしている連中は皆同罪である。このようなやり方が当たり前と思っている会社全体も同罪である。 東急不動産の主張は不当である以前に非礼を極めていた。東急不動産は図々しさと空威張りを新しい水準に押し上げていた。つま… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 形ばかりの議論さえ成らないならば、正義、不正義の問題までが些事として、あえなく押し流されるしかない。悪徳不動産業者の一方的な企業論理だけが語られ、反論となると声に出すことさえ許されないならば、それ自体が暴力の行使と変わらない。 http://blog.livedoor.jp/hayachikara/archives/3278351.html 「二子玉川再開発説明会で住民の懸念続出=東京・世田谷」PJニュース2011年5月16日 http://www.pjnews.net/news/794/20110513_1 「市民的基盤を失った民主党の退潮」PJニュース2011年5月16日 http://www.pjnews.net/news/794/20110515_5 「『江〜姫たちの戦国〜』第18回、水川あさみの初の恋する乙女」リアルライブ2011年5月16日 http://npn.co.jp/article/detail/28981498/

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 二子玉川ライズ住民訴訟控訴審準備書面(1)  住民監査、住民訴訟は、主権者たる国民が自ら納めた税金の支出を監査するという、法律で保障された主権者としての権利行使である。そこで、監査作業の基礎となった、領収証、契約書、見積書、成果物などが一切証拠として提出されず、世田谷区職員OBが事務局長を務める再開発事業組合作成の実績報告書の提出のみで世田谷区が多額の公金を支出したことについて、漫然とこれを正当と認定するような審理されるとすれば他に類例をみない、… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動不利益事実(隣地建て替えなど)を隠して新築マンションをだまし売りした東急リバブル・東急不動産の醜さ、みっともなさ、ワガママさ、自己中心主義、冷血さについては、既に人口に膾炙され尽くしているが、それを明快な記述した言葉を紹介する。 「東急リバブル・東急不動産の根底にあるものは卑怯だ」 東急不動産だまし売り裁判において、東急不動産はマンション建設時に無関係の社員を出廷させた。東急不動産だまし売り裁判原告は「何もできない。はっきりしない。何とも殺風景な人物だっ… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 二子玉川ライズ住民訴訟控訴審準備書面(1)  堯ヽ攻荼園  街区公園は2カ所に設置されるが,その面積は再開発事業区域の5.5%程度の小規模なものに過ぎず,本事業により新たに集積する人口(居住人口のみで3000人,昼間人口も数千人規模で集積が予想される。)を考えれば,十分に公共的利益に貢献するようなものとは考えがたい(控訴理由書62頁)。 エ 被控訴人は,従前の公園の都市計画が,事業地の大半を所有している東急グループ企業の事業的な欲求と矛盾していたこと… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 二子玉川ライズ住民訴訟控訴審準備書面(1) 2 争点5 都市計画法13条1項 柱書きについて (1)被告準備書面第3項(2)アについて (二橋の交通流対策) ア 被控訴人は,控訴人らが東京地域公害防止計画(甲95)2頁を引用して,本件再開発計画においては,大気汚染の悪化を防止する施策の一つとして交通流対策,とりわけ本地域の周辺で,たびたびボトルネックとなって渋滞を生ずる原因となっている二子橋の交通流対策を何らとらずに放置したままで本件地域に大量の自動車… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急リバブル・東急不動産が不利益事実(隣地建て替え)を隠して新築マンションをだまし売りしたことは不公正(アンフェア)である。消費者と宅地取引業者は初期条件や情報量が異なる。同一の条件かつ情報量で取引するならば公正な取引になるが、東急リバブル・東急不動産の取引は異なる。東急リバブル・東急不動産は不都合な事実を隠して、問題物件をだまし売りした(『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社、2009年)。消費者の正当な権利が悪徳不動産業者によって侵… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 悪徳不動産業者は他人の心臓の傷口から流れ出す血を舐めて生きる輩であった。東急不動産だまし売り裁判原告は市民としての義務を果たすにあたって、権利を行使する時と同様に積極的であった。東急不動産だまし売り裁判原告が自らの存在を悪徳不動業者に誇示した理由は、子どもっぽい虚栄心ではなく、間違いなく心理戦を仕掛けた一面が存在するであろう。 怒りや憎悪が理性を圧倒し、悪徳不動産業者の関心が東急不動産だまし売り裁判原告に集中する。その結果、東急不動産工作員の工作… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 「東急不動産だまし売り裁判・こうして勝った」は東急不動産消費者契約法違反訴訟を描いたノンフィクションである。悪徳不動産業者は人語を解さない爬虫類のように見える。石の上の雨蛙とか。その目は岩場に打ち上げられた半ば腐った魚の目に似ていた。 東急不動産だまし売り裁判原告は不思議と絶望はしていなかった。自分の中で今まで思いもよらなかった扉が開かれたような感覚であった。その先に何があるのか分からない。扉を通り、踏んだことのない地面を踏み、歩いたことのない道… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【PJニュース 2011年2月12日】4月10日に中間家屋調査が行われ、ブロック塀の角の部分が離れてしまったことなどを確認した。事業者側は原因として以下の2点を説明したという。 第一に山留め杭の計画変位幅以上の変位である。地盤調査から、現地には地上面から3m程度の腐植土層が存在することが判明している。腐植土層は枯れ草や水性植物などの有機物が分解して土壌と混じり合ってできたもので、比較的軟弱な地層である。ピーエス三菱は腐植土層を前提として施工計画を立てたと主張する… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【PJニュース 2011年2月3日】第二に世田谷区長に対する公金支出差し止めを求めた住民訴訟である。住民にとっては二子玉川ライズそのものが問題であるが、同時に世田谷区の街づくりがおかしいという思いがある。莫大な税金が補助金などの形で二子玉川ライズに投入されている。東急グループの営利事業で、住環境を悪化させるような事業に税金が使われていることは、住民にとって我慢できない。そのような住民の思いに応える訴訟である。 住民訴訟は私権ではなく、公共的利益の実現を目… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急不動産の倒産危険度が高いとする分析が発表された。2010年8月10日時点の安全性確認指標に基づく分析結果は以下の通りである。 東急不動産の株主資本比率は19%と非常に低い。業種平均は23%である。株主資本比率が高ければ高い(100%に近い)ほど財務体質は健全である。 流動比率は93%と非常に低く、業種平均189%よりも低い。株主資本比率が低ければ低いほど倒産危険度が高まる。 当座比率は13%と非常に低く、業種平均64%よりも非常に低い。流動比率は200%以上、当座比率は100%以上であれば短期的な資金ショートのリスクが低い。 分析では他の銘柄と比較して、東急不動産は倒産危険度が非常に高い財務体質と結論付ける。東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りし、消費者契約法違反で売買契約を取り消された(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社、2009年)。

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急電鉄(東京急行電鉄)の倒産危険度が高いとする分析が発表された。2010年1月15日時点の安全性確認指標に基づく分析結果は以下の通りである。 東急電鉄の株主資本比率は19%と低く、業種平均35%よりも低い。流動比率は51%と非常に低く、業種平均93%よりも低い。「当座比率」は24%と非常に低く、業種平均52%よりも低い。以上より、分析では東急電鉄を同業他社と比較して、倒産危険度が高い財務体質と結論付ける。 インターネット掲示板では「東急電鉄が倒産の危機」とのスレッ… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急不動産では自社サイトとは別にソリューション営業本部営業第一部名義でクレディールの公式サイト「CRE戦略力クレディール」を開設しとる。そのサイトのインフォメーション欄にはなんぼなんでも8月29日時点では2009日7月21日付で「「週刊ダイヤモンド(7月25日号)」に当社記事掲載」と表示され、リンクをクリックするねんとパブ記事のPDFファイルを閲覧できたちうわけや。せやけど、高田容疑者逮捕報道後の9月4日には記載が削除されてんねん。 パブ記事では「同社(東急不動産)は… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 大手不動産会社・東急不動産(金指潔社長)の従業員がコンサルティングのクライアントに嫌がらせ電話を繰り返したとして2010年8月18日に逮捕されたちうわけや。逮捕された人物は東急不動産ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者である。堺区検は9月3日、大阪府迷惑防止条例違反で略式起訴し、堺簡裁は同じ日に罰金20万円の略式命令を出したちうわけや。 被害者は大阪府堺市のホテル運営会社の女性社長である。運営会社は2009年10月、東急不動産とコンサルタン… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 パブ記事では「同社(東急不動産)はあくまでも客観的・中立の姿勢を貫きつつ、本業の収益拡大に主眼を置いた戦略を提案する」と述べ、高田容疑者の以下の言葉を引用する。 「クライアントベストの追求が私たちのミッションです」 これはコンサルタントに望まれる姿であるが、トラブルになったホテル運営会社とのコンサルティングでは、クライアントのベスト追求の正反対であった。高田容疑者はクライアントを恨み、嫌がらせ電話を繰り返した。パブ記事の謳い文句と実態には信じ難いほ… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 (6)都市再開発法第3条3号違反(土地利用の細分化)   ア 都市再開発法第3条3号は、都市計画に定めるべき施工区域として「当該区域内に十分な公共施設がないこと、当該区域内の土地の利用が細分されていること等により、当該区域内の土地の利用状況が著しく不健全であること」という条件に該当する必要がある旨を規定している。   イ しかし、もともと本件再開発事業の予定地の85%は東急グループの所有地であり、?街区、及び?街区についてみると、そのほとんど全てを東… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 ア 施工地区・・本件再開発事業決定で定められた施工区域11.2haのうち,?−a街区を除いた約8.1ha。 イ 施設建築物 ??−a街区・・商業施設1棟。高さ48.4m。 ??−b街区・・広場(ガレリア)の他,業務棟・高さ約77m,商業棟高さ53m等。 ??−b街区・・駐車場,外向き店舗・高さ16.55m ??街区・・超高層住宅3棟・高さ102m,151.1m,102m。中低層住宅3棟・高さ,19.7m,23.7m,11.5m。その他駐車場等。直住宅施設は947戸… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【PJニュース 2010年12月23日】東京急行電鉄の野本弘文専務のインタビュー記事が2010年12月17日に日経BP社のウェブサイト「ケンプラッツ」に掲載された(樋口智幸「街との調和を欠く店は続かない、野本弘文・東急電鉄専務」)。この記事は二子玉川ライズの矛盾を浮き彫りにする。 問題の記事は東急電鉄が駅施設と街の関係をどのように捉えているかを野本専務に尋ねたものである。野本専務は東急電鉄で開発事業本部長、都市生活創造本部長などを務めた。 東急電鉄では2010年10月に東急田… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』は息を飲む思いで読みふけることができる書籍である。新築マンションをだまし売りされた原告の怒りを我が事のように感じることができる。連日連夜、食事もそこそこに『東急不動産だまし売り裁判』の世界に浸りきって、ノンフィクションを読む楽しさを十二分に体験できた。 『東急不動産だまし売り裁判』も過去の作品と同じく、文学への愛に基づいて書き、静かで純粋な美に心底から傾倒する感覚に従い、十分に考察した作品である。平… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 現実空間でも東急不動産工作員は東急不動産だまし売り裁判原告に粘着した。東急リバブル不買運動家は原告に警告した。 「あなたは外をよく監視していなければならない。悲観にくれて嫌な顔をしてはならない」 「何故ですか」 「東急不動産工作員がアルスを監視しているからだ」 東急不動産工作員はマンション住民のリストを作り、繰り返しチェックした。誰が従い、誰が従わないかを確認するためである。住民の出入りや交友関係を調査した。アルスを見張るには絶好の場所であった。座っ… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急不動産は準備書面を提出した。被告準備書面(二〇〇五年四月二一日付)は嘘に満ちていた。内容は貧弱で取るに足りないもので、どうでも良いことを大問題と同じ重さで扱うのみならず、時には更に重い厳粛な気持ちで表現しようとしていた。その文章たるや真実ではなく、即座に反論できるものであった。その主張は前提も間違い、推論過程も間違い、結論は勿論デタラメで、全く話にならなかった。 原告は被告準備書面を東急リバブル東急不動産不買運動家に見せた。不買運動家は「東急… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動東急不動産は東急不動産だまし売り裁判を長引かせたい一心で時間稼ぎを繰り返した。東急不動産の主張は全て独自の見解に基づいて一方的に決定し、強弁することにより従わせるものであり、法治国家の下では断じて許されない行為である。 林田力「『龍馬伝』完結、民主主義を求めた龍馬の志」リアルライブ2010年11月30日 http://npn.co.jp/article/detail/69093482/

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【PJニュース 2010年11月21日】二子玉川東地区第一種市街地再開発(二子玉川ライズ)の違法性を主張する2件の訴訟の原告団・弁護団集会が2010年11月14日、東京都世田谷区用賀の用賀地区会館で開催された。上告する差し止め訴訟と12月2日に第1回口頭弁論が開催される住民訴訟・控訴審の方向性を確認した。 二子玉川ライズは東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅前で進められている再開発であるが、住環境を破壊するとして周辺住民から反対運動が起きている。二子玉川東地区第一種市街地… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動東急不動産工作員みたいに、職業で、人の感情を害するような書き込みや 荒らしを連投するのは、東急リバブル東急不動産のためにもならないと思うよ。この企業工作員は企業だけではなく思想団体や、カルト宗教からもお金貰って擁護活動している。 極めて悪質な内容の書き込みと東急不動産だまし売り被害者の自殺との間に相当因果関係があれば、当然捜査の対象になりうる。書き込みは匿名で済むと思ってるとしたらそれは全くの幻想。漫画喫茶からでも足はつく。告訴したるぞ。 http://news.livedoor.com/article/detail/5154958/ http://www.pjnews.net/news/794/20101119_3 二子玉川ライズ原告団・弁護団集会で方向性確認(上) http://news.livedoor.com/article/detail/5154957/ http://www.pjnews.net/news/794/20101120_4

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 524 名前:名無し不動さん :2010/11/11(木) 09:24:32 ID:??? 東急不動産工作員は深夜に投稿、夜も寝られず 同じ被害者を出さない為だと何回言えば(ry 己の利己のみを優先し、詐欺紛いに客の金をむさぼり食う東急リバブル・東急不動産社員に言っても無駄なことだったが 犯罪者が簡単に罪認めるようじゃ最初から罪自体犯さない、警察も検察もいらないw 事実伝えて判断してもらうことが目的であって、他人の利益守る為に自分の時間割いて張り付いて自演なんかするかよww 屁理屈と関… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【PJニュース 2010年11月1日】東京都世田谷区の住民団体「にこたまの環境を守る会」が2010年10月30日、上野毛地区会館大会議室で原告団集会を開催した。原告団を組織化し、住民運動を進めていくことを確認した。 世田谷区の二子玉川では二子玉川東地区第一種市街地再開発事業(街の名称:二子玉川ライズ)が進行中であるが、高層ビル乱立による住環境悪化などにより、反対運動が継続している。住民反対運動と並行して法廷訴訟も起きている。 住民らによる二子玉川東地区第一種市街地再… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 被告準備書面は恐ろしい程、嘘に満ちていた。事実を捻じ曲げた強弁である。あまりにも虚偽が多過ぎて、その一つひとつを指摘する事は大仕事になる。ここまで間違いだらけでは、単なる過失の筈がない。意図的にデマの垂れ流しをしていると判断せざるを得ない。 被告準備書面は読むだけで虫唾が走った。図々しいにも程がある。ビショビショの濡れ雑巾と同じで絞れば絞るほど、嘘という汚水が滴り落ちた。大企業意識をむき出しにし、相手をあげつらえば不幸極まりない結果に帰着するだけ… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動東急不動産だまし売り裁判とNHK大河ドラマ『龍馬伝』の第42話「いろは丸事件」(2010年10月17日)はオーバーラップする。「いろは丸事件」は刀や鉄砲の戦いとは一味違う法廷サスペンスのような雰囲気であった。強力な相手にも臆することなく、正義を貫こうとする龍馬の姿勢が清々しい。 海援隊を脱藩浪人の集団として見下す紀州藩は、消費者を馬鹿にする東急リバブル東急不動産そのものである。しかし、龍馬は泣き寝入りしなかった。 「船の事故はたとえ相手にどればあ非があろうと力の弱い… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社、2009年)は、マンションだまし売り被害者が東急不動産を相手に壮絶な闘いを繰り広げる法廷闘争を描いたノンフィクションである。主人公は東急不動産(販売代理:東急リバブル)から不利益事実(隣地建て替えなど)を隠して新築分譲マンションをだまし売りされた。登場人物が様々な絵模様を織り上げる『東急不動産だまし売り裁判』は、現代に騎士道小説を蘇らせたと言っても過言ではない。 『東急不動産だまし売り裁判… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【目隠し】原告は目隠しの件について尋ねた。 「ピーエス三菱から隣地所有者に『費用はうち持ちでやるので、窓に目隠しをしませんか』との依頼がなされたそうです。この話はご存知ですか」 「それはいつのことですか」 「私が隣地所有者から聞いたのが今年の10月頃です。ですから、それ以前の話になります」 「聞いていない。何の話かさっぱり分からない」 「施工会社は事業主の指示によって動くものと考えていましたが、施工会社が勝手にそのようなことをすることはありますか」 「… 【続きを表示する

  アルス東陽町301号室契約取り消しに関する協議は12月12日、東急リバブル渋谷センター(渋谷東急プラザ)6階会議室にて行われた。電話で大島は「建物の入口でお待ちしています」と言っていたが、11時になってもいない。不安の微粒子が原告の心で踊りまわった。東急不動産従業員が来る気配がなかったため、自らエレベータで6階まで上がった。 エレベータの中は暑く、空気が不足していた。気分が悪くなりそうであった。小さな籠は窮屈で、修理の仕様もないほどオンボロであった。上昇速度は極めて緩慢なばかりか音も大… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動子どもの頃から歌手を夢見てデビューを勝ち取った女性が自らの半生を振り返る。新築マンションだまし売りの裁判闘争を描いたノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』の著者・林田力による私小説。 第一章 子ども時代 第二章 母 第三章 歌手への憧れ 第四章 虚像 第五章 欠点 第六章 学校への反発 第七章 集団主義への反発 第八章 体育嫌い 第九章 金魚 第一〇章 中学 第一一章 高校 第一二章 科学の欺瞞 第一三章 都会への脱出 第一四章 感情失禁のような人類愛 第一五章 最後のチャンス 第一六章 オーディション 第一七章 一次審査 第一八章 二次審査 第一九章 最終審査 第二〇章 残念旅行 第二一章 夢の実現 第二二章 デビュー 第二三章 生活 第二四章 食事 第二五章 成功 http://www.mybookle.com/indiv/bookle/2151

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 食用蛙のように醜怪で、食用蛙よりはるかに邪悪な顔が首の上に乗っている。食用蛙と野間の間に差があるとすれば、野間は煮ても焼いても食えないということであろう。むしろ人間と蛙の双方を侮辱し冒涜する存在である。 普通の人間ならば腹の中では「あの野郎!」と思っても、本人を前にすると、「元気ですか」と、もっともらしい言葉で取り繕うものである。特に日本では、場の雰囲気、立場を弁えることが品位、礼儀とされている。 日常の会話をきっかけに、自分の可能性を大きく広げる… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 悪徳不動産営業の目には弱々しい人間と映ったことだろう。敵陣に迷い込んだ敗残兵のように思えたかもしれない。とはいえ、これは悪徳不動産業者が汚す地上だからこそ、弱々しいと分類されるだけのものである。飛び立つ寸前の鳥はどうであろう。落ち着かず、そわそわと羽ばたく姿は弱さそのものである。 四人のうち、面識あるのは一番手前に座っていた宮崎だけであった。宮崎からは以前対峙した時よりも一段と強い悪意のエネルギーが放射されていた。害意、敵意、悪念といったマイナス… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 原告は戦術を変更した。原告は11月22日にインターネット経由で東急不動産に問い合わせた。大島宛の手紙では大島が放置して、まともに対応しないことは先の経緯から明白であった。しかも大島は返事が遅れたことについて一言の謝罪もない。 大島は問題から逃げるだけで、反省は皆無である。このまま大島に再問い合わせをしても、先数週間放置された挙句、三行半的な回答で済まされてしまう危険がある。これがインターネット経由で問い合わせた動機である。 問い合わせ内容は以下の通り… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 宮崎から9月30日に電話がある。 「お手紙届きました」 「そうですか」 「私は今度神奈川に転勤することになりました」 原告には神奈川としか説明しなかったが、後にグランディスタ青葉台(横浜市青葉区青葉台二丁目)の販売を担当していたことが判明した。グランディスタ青葉台は東急不動産住宅事業本部第四事業部の久保章がプロジェクトプロデューサーとなった物件である。第四事業部はアルス東陽町の担当部署でもある。 東急不動産のウェブサイトでは「マンションの北側から桜台… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 回答は相変わらず自社には全く非がないとするものであるが、建替時期(アルスが建ったらすぐ建てる)、建築概要(三階建てを建てる)ことを隣地所有者から聞いていたことを初めて認め、売主として了知済みの事実であったと明言した。 これまでの中田、宮崎、今井の説明とは全く異なるもので、東急リバブル及び東急不動産の調査のいい加減さ、誠意のなさを示している。しかも12月12日の協議では態度を豹変して東急リバブル自体も最初から知っていたと回答した。こちらが前の手紙で担当… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 林田力「無言電話逮捕の東急不動産係長はクライアントベストを主張」リアルライブ 大手不動産会社・東急不動産ソリューション営業本部係長の高田知弘容疑者は、クライアントの女性社長に無言電話を繰り返したとして大阪府迷惑防止条例違反で逮捕された。2010年9月3日に明らかになった。 東急不動産は大阪府堺市のホテル運営会社とコンサルタント契約を締結したが、契約内容や支払いでトラブルになった。東急不動産側の担当者が高田容疑者で、運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【東急リバブル回答文書(宮崎英隆作成、2004年9月24日)】東急リバブルから回答が届く。その内容は以下の通りである。 1 東急不動産、東急リバブルから階数を隣地所有者に確認したことはない。建替えるのであれば、「三階建てにしたい」という希望は聞いていた。 2 東急不動産から隣地所有者へ土地の有効活用の方法として等価交換方式で「一緒に建てましょう」と提案した。その際に隣地所有者から等価交換ではなく、単独で「将来的に建替えたい」という希望を聞いた。 3… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 九月一九日、東急リバブル住宅営業本部営業第五部の今井と宮崎が原告宅に訪問する。今井は「申込証拠金預り証」の取扱者で、契約締結時には門前仲町マンションギャラリーで飲み物を出した人物である。原告との関係はそれくらいで、特に会話したこともなかった。 今井は微笑を浮かべていた。侮蔑というほどではないが、どことなく見下げるような雰囲気をもった笑みである。唇にはコップにべっとりと跡が付きそうな真っ赤な口紅を塗っていた。笑みがこびりついて歯をむき出して笑ってい… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急電鉄や東急不動産にはユーモアのセンスはないが、二子玉川ライズなどで自然を破壊する東急グループのキャッチコピーには爆笑してしまう。「東急田園都市」「美しい時代へ」などである。東急不動産だまし売り裁判でも東急リバブルは洲崎川緑道公園への眺望をセールスポイントとして、問題マンションをだまし売りした。 東急電鉄・東急不動産が開発を進めることは、さらなるブルドーザーが草木をなぎ倒し、さらなる自然がコンクリートに変わることを意味した。東急グループの考え方に小躍りして喜ぶ連中がいた。建設業者や建設機材業者である。地元の政治家達は恐れおののかなければならないのに、大半は眠ったままであった。 http://www.janjanblog.com/archives/13431 東急不動産だまし売り裁判購入編(14) http://www.janjanblog.com/archives/13647 スーパーFMWの魅力(3)「外国人選手の活躍」 http://npn.co.jp/article/detail/11920419/

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 高級マンションを装っているとはいえ、二子玉川ライズ タワー&レジデンスは景観破壊の集合住宅である。売れ行き好調と報道されたが、2010年4月の竣工から数ヵ月後の8月末時点で100戸も在庫がある。最先端の技術者達の手でデザインされ、最新の設備を備えていても、二子玉川ライズは集合住宅のままである。外見はコンクリートの積み重ねにしか見えない景観破壊マンションである。集合住宅の現実を薄めるために不動産業者が好んで採用したものが婉曲語法である。その結果、集合住宅をレ… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動  本書は二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)に対する住民運動を記録したノンフィクションである。東京都世田谷区の二子玉川(ニコタマ)では街壊しが進行中である。「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」や「二子玉川ライズ オフィス」など東急電鉄・東急不動産ら東急グループの営利目的の再開発によって、二子玉川の貴重な自然と近隣住民の住環境が破壊されている。  自然と住環境を守るために住民運動側は住民集会や裁判、議会への陳情など様々な活動に取り組んでいる。本書… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 アルスの販売は建築完成前から行う、青田売り(籾売り、図面売り)であった。そのため、原告が契約時に現物を確認することはできなかった。この点は原告が別に検討した株式会社ダイナシティのマンション「デュオ・スカーラ東陽町」とは異なる。「デュオ・スカーラ東陽町」は完成後販売で、現地で実物を見せながら販売していた。 【モデルルームの問題点】青田売りにおいて、現物の代わりとなるものが、モデルルームである。建設前の青田売り、豪華なモデルルーム、女性ばかりの販売員… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【問題物件をたっぷり召し上がれ】東急リバブルが配布したパンフレットのタイトルは「Buon Appetito!」である。この言葉はパンフレットのみならず、図面集でも使われている。この言葉はイタリア語で「たっぷり召し上がれ」の意味であると説明されている。 但しイタリア語ならばBuon appetitoとAは小文字で表記するのが普通である。フランス語のBon AppetitならばAは大文字であるが、イタリア語は異なる。 東急リバブルはパンフレット等でブォンアッペティートという言葉を用いることで、顧客に「たっぷり召し上がれ」と言いたいようである。しかしセールスポイントが僅かの月日で皆無になってしまう物件では召し上がりようがない。綺麗な言葉で飾るだけの、実態を何ら伴わないパンフレットには消費者としては腹立たしい限りである。

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 協議は東急不動産により一方的に切り上げられた。悪徳不動産営業達は薄ら笑いをたたえて、原告をエレベータまで送り出した。下級悪魔めいた笑顔であった。最後に悪徳不動産営業は一礼したが、その儀礼に原告が応じなったことは当然であった。虚礼の極みとは、まさに悪徳不動産営業のやりようであった。原告は外に出た途端、いかに東急リバブルの会議室が息苦しかったかを実感した。 東急不動産にとって消費者との協議は見せかけの飾りごとに過ぎない。協議の間、東急不動産の担当者は… 【続きを表示する

JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【PJニュース 2010年8月7日】東急リバブル東陽町営業所が専属専任で仲介したアルス301号室では、東急リバブルとは別の不動産業者の広告チラシでも虚偽内容が記載されていた。問題の広告はナイス株式会社木場営業所が2008年2月に配布したチラシである。虚偽内容は3点ある。 http://news.livedoor.com/article/detail/4932296/ http://www.pjnews.net/news/794/20100801_10 第1に間取り図で洋室(5畳)の扉が内開きドアになっている。正しくは引き戸である。 第2に「お買物」欄で、「セイ… 【続きを表示する

レビュー検索

新着レビュー

「易経」一日一言 (致知一日一言シリーズ)
「易経」一日一言 (致知一日一言シリーズ)
  寝る前に布団で、これまでの人生を思い出してみる。 ノートに箇条書きにして...
08/17 14:10 : By 僕の輪郭。
チャーチル―イギリス現代史を転換させた一人の政治...
チャーチル―イギリス現代史を転換させた一人の政治家 増補版  (中公新書)
  寝る前に布団で、これまでの人生を思い出してみる。 ノートに箇条書きにして...
08/17 14:10 : By 僕の輪郭。
チャーチル150の言葉
チャーチル150の言葉
  寝る前に布団で、これまでの人生を思い出してみる。 ノートに箇条書きにして...
08/17 14:05 : By 僕の輪郭。
現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史 (イースト...
現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史 (イースト新書)
この商品の評価 JUGEMテーマ:気になる書籍    「若者論」がどう変わったのか。かつては「若者よ、政治...
08/17 13:53 : By DB Error: unknown error
ユング名言集
ユング名言集
この商品の評価 娘を見ているとイライラする。 社会に対する甘い考えとか働いたら負けだという考えとか。   ...
08/17 10:38 : By 思ったこといろいろ