• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

読書

このテーマに投稿された記事:126567件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c138/29/
読書
このテーマについて
JUGEMの旧公式テーマです
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

「カブキブ!」6巻 著者:榎田ユウリ

JUGEMテーマ:読書 今日は3年ぶりの俳優祭だったのだよね〜。 行きたかったなあ〜。 まあ、チケット発売日をすっかり忘れていたのですが…。

こんな本よみました… | 2017.03.28 Tue 22:03

5月新刊のソーニャ文庫(4/29日発売)

JUGEMテーマ:読書 「天才作曲家は甘い声に溺れる(仮) /著者 八巻にのは (著),氷堂れん (絵)」 [honto] ■本の内容 未定 「狂王の寵愛(仮) /著者 富樫聖夜 (著),アオイ冬子 (絵)」 [honto] ■本の内容 未定

FANTASTIC倶楽部 | 2017.03.28 Tue 16:19

5月新刊のアリアンローズ(5/12日発売)

JUGEMテーマ:読書 「魔導師は平凡を望む 18 /広瀬 煉、 11」 [amazon] ■本の内容 未定 「乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。 1 /空谷 玲奈、 双葉 はづき」 [amazon] ■本の内容 未定 「ドロップ!! ~香りの令嬢物語~ 3 /紫水ゆきこ、 村上ゆいち」 [amazon] ■本の内容 未定

FANTASTIC倶楽部 | 2017.03.28 Tue 16:02

5月新刊の一迅社文庫アイリス(5/20日発売)

JUGEMテーマ:読書 「恋人に捨てられたので、皇子様に逆告白しました (仮) /森崎 朝香、 山下 ナナオ」 [amazon] ■本の内容 未定 「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…5 /山口 悟、 ひだか なみ」 [amazon] ■本の内容 未定

FANTASTIC倶楽部 | 2017.03.28 Tue 15:56

5月新刊のHJ NOVELS(5/22日発売)

JUGEMテーマ:読書 「陶都物語~赤き炎の中に~ 壱 /まふまふ、 碧風羽」 [amazon] ■本の内容 未定

FANTASTIC倶楽部 | 2017.03.28 Tue 15:54

心霊探偵八雲10 魂の道標(3/31日発売)

JUGEMテーマ:読書 「心霊探偵八雲10 魂の道標/神永学 」 オススメ! [amazon] [honto] ■本の内容 未定

FANTASTIC倶楽部 | 2017.03.28 Tue 15:23

佐伯泰英さんの新刊『 旅立ちぬ: 吉原裏同心抄 』

2017年3月9日(木曜日)。Amazonで予約注文していた佐伯泰英さんの新刊『 旅立ちぬ: 吉原裏同心抄 』が届きました。 吉原裏同心シリーズの二十六巻ではなくて、新しいシリーズ「吉原裏同心抄」が始まるということだそうです。 何れにしても楽しみです。   JUGEMテーマ:読書

KOKAのつぶやき | 2017.03.28 Tue 12:35

猿丸幻視行

JUGEMテーマ:読書   ○内容 奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞くときぞ秋は悲しき―百人一首にも登場する伝説の歌人、猿丸太夫が詠んだ歌に秘められた謎。 そして“いろは歌”に隠された千年の暗号とは?友人の不可解な死に遭遇した、後の民俗学の巨人・折口信夫の若き日の推理が、 歴史の深い闇をあぶりだす。江戸川乱歩賞受賞の永遠の傑作。     ○感想 井沢元彦といえば『逆説の日本史』とかを書いている歴史研究家としてのイメージが強いのだが 元々は本作で第26回江戸川...

のーみそコネコネ | 2017.03.28 Tue 02:37

孫子の盲点〜信玄はなぜ敗れたのか〜

JUGEMテーマ:日記・一般 JUGEMテーマ:読書   武田信玄はなぜ天下を取れなかったのか?   孫子の教えとは、「戦わずして勝つ」こと。そのためには、事前の準備、手回し、謀略などあらゆる手を尽くし戦いに臨む。 孫子を体現した武田信玄がなぜ天下をとらず戦国大名として終わったかを、時代においての立ち位置や、パワーバランスを踏まえて丁寧に説明しています。 筆者の主張である「社会科学からの歴史観」からみると、川中島の合戦が単なる陣取合戦ではない意味合いが見えてきます。 ...

「学び」をサポートする女性社長のブログ | 2017.03.27 Mon 22:16

きみの町で

JUGEMテーマ:読書   重松清の「きみの町で」(朝日出版社)を読んだ。 この本の軸になっているのは「子ども哲学」シリーズ全7巻の付録として掲載されたものである。 だが、付録と侮るなかれ、哲学の専門書を読んだことのない自分がこんなことを書くのはいささか僭越かもしれないが、おそらく難しい言葉が出てくる哲学書よりも、重松清の文章の方が深く心の芯に響くと信じている。 それは、彼が以前「寄り道パンセシリーズ」で記した「みんなのなやみ」と通底しているものがあるからだ。 「みんなのなやみ...

バニシングポイント(BOOK SIDE STORY2017) | 2017.03.27 Mon 18:40

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!