>
読書感想文
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

読書感想文

このテーマに投稿された記事:3817件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c216/3627/
読書感想文
このテーマについて
感想をどうぞ。
できることならば、ネタバレはご遠慮お願いいたします。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「lemon19860402」さんのブログ
その他のテーマ:「lemon19860402」さんが作成したテーマ一覧(2件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

住野よる 『よるのばけもの』

                                    JUGEMテーマ:読書感想文          冒頭の   『黒い粒が一滴の涙の姿で零れ落ちた。』   何時の頃から、あっちーは、夜になると人間から   ばけものになる。そして、ばけものなので眠らない。   何故、ばけものになったかは詳しい説明がないので &nbs...

こみち | 2019.08.20 Tue 20:46

宮本輝「海岸列車」

宮本輝「海岸列車」 ☆☆★★★星2つ(5点満点中) 夏彦とかおりの兄妹は伯父が経営する高級クラブ“モス・クラブ”で働き始める。 心の隙間を埋めるように年上女性との放蕩生活を送る夏彦と、モス・クラブの 内部分裂に翻弄されながらも会社のトップとして奔走するかおり。2人は昔自分たちを 捨てた母がいると聞いていた山陰本線にある無人駅・鎧の情景を心に浮かべる。 宮本輝っぽくはあったがイマイチ心に響かなかった。それぞれの登場人物はしっかり 描写されていてよかったが、ストーリーが行き当たりばったりな感じがした。...

才能とは努力を継続できる情熱 | 2019.08.20 Tue 13:05

「ぼくらが非情の大河をくだる時」 清水邦夫

1974年に「熱海殺人事件」と共に岸田戯曲賞を受賞した戯曲。 ああ、こういう戯曲を読む力が無いことが哀しい……。 とにかく題名がカッコイイと思ったんだけれど、 いきなり舞台が都内の公衆便所である。 そうだ、これはちょうど新宿に出た時の、 見覚えのある風景と見たことのない風景が混在していて、 おろおろと手掛かりになる看板を探す、あの感じである。 JUGEMテーマ:読書感想文

あべゆかり の 回想法ノート | 2019.08.19 Mon 00:05

湯村記久子 『この世に容易い仕事はない』

                                    JUGEMテーマ:読書感想文          前職で燃え尽きたので、仕事を辞め実家に戻ってきたが   失業保険が切れたので、短期の仕事を捜し紹介して貰ったのが   監視対象者の自宅に設置された暗視カメラの内容のチェック。   これは、二次受けの仕事なのでしょうか。 ...

こみち | 2019.08.18 Sun 01:03

晴れときどき猫背・村山由佳著

生活の中の小さな変化が、自分の生き方や暮らし、当たり前だと思っていたことが知らずに覆されてしまうことが時々ある。   例えば、新しい車を買ったとか、そのときは単に移動手段として買った車だったけど、それをきっかけにひとりでドライブに出かけるようになって、そこから旅行へ、さらには日本一周へとか・・・ね、そんな何かを変えようと思ったわけでもないことが、大きな変化へとつながり自分自身も変わったとかいうようなこと。誰でも大きさはそれぞれかもしれないけれど、経験したことあるのではないかと。 &...

ウチウネコサロン | 2019.08.17 Sat 22:56

人生に迷っていなくても、そうだ!知覧にいこう

JUGEMテーマ:読書感想文   とっておきの本屋さんがとっておきの本を、とっておきの包装で美しく送ってくれた。 その場で立ったまま読んじゃった。   涙が出てきて、ああ、とっておきってこういうことかあ、と思ったよ。   とっておきの言葉と心がいっぱい詰まった今を生きるからこそ、必要な本だと思った。

コラム 裏当 | 2019.08.15 Thu 23:34

天沢夏月 『前略、初恋の彼女が生き返りました。』

        JUGEMテーマ:読書感想文          『この世界にiをこめて』のように成りすましかと   思ったら、本当にあの世から遣って来たのね。   何故、亡くなった四年後に化けて出てきたのでしょう。   「ひさしぶり。」と言ってアパートの前に   現れるのは、ホラーですよね。   この世に未練があるのならば、死んで直ぐに   出てきてもおかしくないのに。      ...

こみち | 2019.08.14 Wed 22:02

「トゥモロー・ボックス」 アン・チスレット

旧世代の、関白亭主と堅実な農家の主婦。 新しい感覚の息子夫婦とフェミニストの女性弁護士。 60才にして自立を思い立つ主婦とふてくされる亭主。   カナダの小さな農村に劇場を建て、 分かりやすく面白いお芝居を書いたアン・チスレット。 トレーラーハウスの中で繰り広げられる軽快なコメディ。   JUGEMテーマ:読書感想文

あべゆかり の 回想法ノート | 2019.08.14 Wed 14:52

「もっと泣いてよフラッパー」 串田和美

ブレヒトの「三文オペラ」を空想のシカゴに放り込んで、 キューピットにエナジードリンク飲ませて めっちゃやたら矢を打ってハートマークを乱造して、 ジャズと踊り子とギャングとアルコールと トランク・ジルとボクサーと皇太子と新聞屋と、 ついでにおもちゃ箱の中身をぶちまけたら、 こんな音楽劇ができるのかなあと、そういう感じ…。 JUGEMテーマ:読書感想文

あべゆかり の 回想法ノート | 2019.08.13 Tue 21:11

梨沙 『つつじ和菓子本舗のこいこい』

                                    JUGEMテーマ:読書感想文         つつじ和菓子本舗シリーズ        集英社オレンジ文庫から発刊された『鍵屋甘味処改』に   登場した蘇芳祐雨子が主人公の『つつじ和菓子本舗のつれづれ』で   再登場し、『つつじ和菓子本舗のこいこい』で再び登場...

こみち | 2019.08.12 Mon 05:18

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!