>
自作小説
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

自作小説

このテーマに投稿された記事:5987件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c231/4192/
自作小説
このテーマについて
自作のオリジナル小説。ジャンルは問いません。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「enokimoji」さんのブログ
その他のテーマ:「enokimoji」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

勇気のボタン〜タヌキの恩返し〜 第五十九話 タヌキと猫の大喧嘩(1)

JUGEMテーマ:自作小説 スマホのアラームが鳴っている。 俺はもそもそと手を伸ばし、アラームを解除した。 服を着替え、マサカリの散歩に行き、霜の降りた川原を眺める。 家に帰ると、みんなで朝食を食べた。 いつもならワイワイとはしゃぐのに、誰も口を開かない。 空は晴れているのに、家の中は暗かった。 飯を食べ終えると、こがねの湯に電話した。 アカリさんが出て、今日は出勤できないことを伝える。 すると『また休みい?』とイライラした声が返ってきた。 でも理由を伝えると納得してくれた。 『たまきには去年の...

SANNI YAKAOO | 2017.06.23 Fri 10:10

BBクリーム

JUGEMテーマ:自作小説 れいなは、儚先生にいつも頑張っているからとプレゼントをもらった。 BBクリームとクレンジングが、入っていた。 嬉しくて何度も、確認した。 国産のBBクリームだった。 貰った翌日に、つけていくと評判が良かった。 流石、儚先生。 大学にもつけていった。 化粧品に詳しい友達が、いいのをつけてるねと言ってきた。 嬉しかった。 やっぱり国産品は良いらしい。 つけると、ツルツル。 早速、ネットで評判を調べてみると良い口コミが多かった。 儚先生は、相当化...

だって活字ならなんでも読みたいんだもん | 2017.06.22 Thu 23:01

勇気のボタン〜タヌキの恩返し〜 第五十八話 猫神の告白(2)

JUGEMテーマ:自作小説 「やる!絶対にやる!」 マイちゃんは拳を握って叫ぶ。 「そんなの私たちにしか出来ないもん!頑張ろう悠一君!」 「あ、ああ・・・・。」 さっきまで気絶していたとは思えないほど元気だ・・・・。 家に帰ってから、マイちゃんはしばらく横になっていた。 金印の力で潜在能力を引き出し、挙句には自分のパワーに耐えかねて死にかけた。 なのに凄まじい元気だ。 最初は暗い顔をしていたけど、たまきから聞いた話を伝えると、目の色を変えた。 「たまきさんは、悠一君のことを信頼してるんだよ!...

SANNI YAKAOO | 2017.06.22 Thu 12:09

勇気のボタン〜タヌキの恩返し〜 第五十七話 猫神の告白(1)

JUGEMテーマ:自作小説 暗い夜の神社。 一人で来たら怖いだろうけど、でも今は恐怖なんてない。 隣に座るたまきが、大事なことを喋っているからだ。 境内の焚き火を見つめながら、低く、よく通る声で語る。 「どうしてコマチさんを試すような真似をしたのか? それはね、その子にもう一人の私と戦ってもらわなきゃいけないから。 アイツは予想以上に強くなっている。 いくらコマチさんが幻獣といえど、下手をすれば負けるかもしれない。 だからその子の力を見極める必要があったのよ。」 気を失ったマイちゃんの頬を撫でる...

SANNI YAKAOO | 2017.06.21 Wed 07:56

勇気のボタン〜タヌキの恩返し〜 第五十六話 結ばれた夜(2)

JUGEMテーマ:自作小説 「お疲れ様でした!」 頭を下げ、こがねの湯を出る。 外はとっぷり暮れていて、遠い空に薄い明かりが残っているだけだ。 今日は久々の残業だった。 光雲和尚の腰が良くなったもんだから、またオーナーを務めることになったのだ。 でもその代わり仕事が遅れる。 なんたってウチには怖いお局様がいて、光雲和尚との相性は最悪なのだ。 ことあるごとにぶつかって、アカリさんの怒りが炸裂する。 俺も松川くんも止めるのに必死で、栗川さんはただただ怯えている。 『アカリさん、稲松文具の先輩より...

SANNI YAKAOO | 2017.06.20 Tue 11:30

勇気のボタン〜タヌキの恩返し〜 第五十五話 結ばれた夜(1)

JUGEMテーマ:自作小説 マイちゃんが帰ってきた。 彼女のお母さんの手紙のおかげで、人間の世界へ戻って来ることが出来た。 けど油断は出来ない。 また大怪我を負うようなことがあれば、今度こそ離れ離れになってしまうだろうから。 もう危険な目に遭わせることは出来ない。 もし何かあったら、必ず守らないと! でもその為には、マイちゃんにも注意が必要だ。 今俺がどんな仕事をしているのか、それを話しておかないといけない。 マイちゃんが戻って来た夜、俺は今やっている仕事の話をした。 それはたまきからの依頼。 ...

SANNI YAKAOO | 2017.06.19 Mon 15:03

勇気のボタン〜タヌキの恩返し〜 第五十四話 タヌキの神主(2)

JUGEMテーマ:自作小説 結婚をするならば、相手の両親に挨拶をしなければならない。 でもそれが予期せぬ瞬間にやって来たら、いったいどれだけの男が冷静でいられるだろう? ていうか・・・・死んだはずの母親が生きていて、それを目の当たりにしたら、混乱を通り越して石になるしかない。 今、俺は岡山に向かっている。 マイちゃんと会う為だ。 彼女がいなくなってから3ヶ月。 モズクさんは会うことを許してくれない。 でも・・・・コレがあれば大丈夫! 俺はポンと胸ポケットを叩いた。 ここには手紙が入っている。...

SANNI YAKAOO | 2017.06.18 Sun 11:27

空のいさかい 08

只今、製作中です。続きは しばらくお待ち下さい。 近日、公開予定です。 風波ステイション駅長          

創作文学・児童小説・風波ステイション | 2017.06.17 Sat 23:46

裁判の行方

JUGEMテーマ:自作小説 金子けい子の裁判が、始まった。 恨み事を書いた手紙も、弁護士に提出している。 夫の朝立は、執行猶予がついたらまた、現れて儚の命を狙うと不安そうだった。なによりも、まだ小学生の息子がいるので、情状酌量されるのではないかと心配している。探偵の神林は実刑になると言っていた。儚は神林を信じている。午前中に始まった裁判は、お昼頃結審した。 神林の言うとおり、実刑になった。 マスコミが家に来たがコメントは、事務所を通してだした。 手紙がやはり、ネックになったようだ。...

だって活字ならなんでも読みたいんだもん | 2017.06.17 Sat 13:26

勇気のボタン〜タヌキの恩返し〜 第五十三話 タヌキの神主(1)

JUGEMテーマ:自作小説 年が明け、めでたい正月も過ぎた。 街はいつもの表情を取り戻し、人も物も目まぐるしく動いていく。 それは俺の人生も一緒で、大きな変化が起き出した。 なんと次々と依頼が舞い込んできたのだ。 「お願いです!最近きた野良を追い払って下さい!」 「いえいえ、それより私のお願いを聞いて下さい。 集会所の空き地にコンビニが建とうとしてるんです!どうか阻止して下さい!」 「ちょっと!こっちの依頼が先よ!アンタあっち行ってて!」 「押すな馬鹿!」 「バカってなんだこの野郎!」 「お前ら...

SANNI YAKAOO | 2017.06.17 Sat 08:09

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!