• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

美術鑑賞

このテーマに投稿された記事:4332件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c89/2890/
美術鑑賞
このテーマについて
美術展や身近な個展等に行って感じた事や
鑑賞するのに役立ちそうな豆知識。
または、開催の告知など
このテーマの作成者
作者のブログへ:「mawaruze」さんのブログ
その他のテーマ:「mawaruze」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

2946 巷房2・階段下(中央区銀座1-9):大塚智嗣展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 巷房2・階段下(中央区銀座1-9)では、大塚智嗣展。 巷房2 会場風景。 展覧会タイトルは、ーReviveー。 ※生き返る、よみがえる 面皮部分だけが着色された、かつての大木の辺材が、 空に浮いて横たわっています。 風雪を受け続けた部分と、心材部分が顕在化されることで、 外界とせめぎあってきた長い時間が漂い、 やがて、自然の産物が、 シンプルな抽象表現へと還元されてゆきます。 このスケールは、 無限の感覚を内包している。 そんな印象でした。 ...

画廊めぐりノート | 2017.12.13 Wed 05:47

2945 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):吉田花子 企画展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリーQ(中央区銀座1-14)では、吉田花子 企画展。 会場風景。 いくつかの大きくフラットな色面がどしっと置かれ、 その狭間に細かい色線が踊ります。 恣意的にみえながらも、そのバランス感覚が心地よいのは、 優れた感性の賜物なのでしょう。 画面では、謎めいていることと、説得力が共存しています。 作者のインスピレーションによる、 刻まれた痕跡が喚起するノイズとともに、 色面には質量、重量が生まれている。 そんな印象でした。 DEJAV...

画廊めぐりノート | 2017.12.13 Wed 05:27

アートを楽しむ@銀座

JUGEMテーマ:美術鑑賞   展覧会は行ってみたいけど、なかなかまとまった時間が取れなくて...という方もいらっしゃると思います。そんな時は、企業やショップが運営している小規模な展覧会はいかがですか?銀座だと、お買い物ついでにも立ち寄れますよ〜   ということで、今回2つの展覧会に行ってきました。   ・『ディック・ブルーナ ポスター展「ブラック・ベアは本が大好き」』@ノエビア銀座ギャラリー【2018年1月5日(金)まで】 http://gallery.noevir.jp/ ミッフィーでおなじみのブル...

ぷらっと展覧会 | 2017.12.12 Tue 17:38

2944 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):TADASUKE展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13)では、TADASUKE展。 展覧会タイトルは、ー禅の雨ー。 多くの画家は、 雨に煙る街並みや、水溜りなど、 雨を間接的に表現しますが、 TADASUKE氏は、雨そのものを表現しているようでした。 ここから先は、鑑賞者次第だと。 大抵は、雨より晴れていた方が良くて、 特にピクニック、花見、運動会、結婚式など、 切実に晴れて欲しい日はたくさんあります。 雨だと嬉しい日があるとするなら、 特に差し迫った用もなく、 居心地の良い家(...

画廊めぐりノート | 2017.12.12 Tue 05:24

2943 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):早川実希展

  JUGEMテーマ:美術鑑賞 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5)では、早川実希展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ーあだばなー。 写実的に描かれた若い男女。 彼らの仕草には、 内面での複雑な出来事が、滲み出ています。 一転して、背景や衣装には、 幾何学的、図像的な文様が大胆に 散りばめられています。 リアルな人物と、グラフィカルな装飾が、 お互いの関係性や混在されることの必然性について、 説明がないまま、 無頓着なほどのクールさで 同じ画面に並置されています。 ...

画廊めぐりノート | 2017.12.12 Tue 05:15

2942 art space kimura ASK?(中央区京橋3-6):能島芳史展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 art space kimura ASK?(中央区京橋3-6)では、能島芳史展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ー輝ける闇の世界ー。 会場に踏み込めば、 暗闇から、絵画が鮮明に浮かび上がっています。 絵画そのものが発光面のようです。 あるいは窓の向こうに、 不思議な世界が広がっているという予感。 描かれているのは南瓜(かぼちゃ)の外観を纏う 得体の知れない存在。 作品名は「風触 南瓜」。 南瓜という日常過ぎる「モノ」の奥で 進行している妖しい事態。 日常過ぎ...

画廊めぐりノート | 2017.12.11 Mon 05:26

2941 GalleryK(中央区京橋3-9):平岩 栞 展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 GalleryK(中央区京橋3-9)では、平岩 栞 展。 多摩美術大学大学院美術研究科彫刻専攻生選抜展プロジェクトは、 同学彫刻学科の主催により、 大学院生の中から選抜された優秀な作家2名が、 画廊での個展を開催するもので、 これが第2期の展示です。 会場風景。 大きな石が置かれ、 石にはレースは貼られていたり、敷かれています。 石は河原で拾ってきたような、 「自然のまま」な風情ですが、 彫刻家によって、彫り出された人為的な作品です。 多くの彫刻作品は...

画廊めぐりノート | 2017.12.11 Mon 05:18

2940 ギャラリー椿 GT2(中央区京橋3-3):三桝明子展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリー椿 GT2(中央区京橋3-3)では、三桝明子展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ーART FACE ー。 頭部を再現した彫刻作品ですが、 一般的な、人間の胸より上の部分をかたどる 胸像ではなく、 とてもユニークなことに、 顎から耳下を結ぶ斜めのラインより上だけが 再現されています。 壁面への展示の都合上、 展示台の上に乗せられていて、 それはそれで面白いのですが、 テーブルや床に置き直した途端、いきなりある出来事が生れ、 この事態の過去や未...

画廊めぐりノート | 2017.12.10 Sun 05:39

2939 ギャラリー椿(中央区京橋3-3):伊津野 雄二展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリー椿(中央区京橋3-3)では、伊津野 雄二展。 会場風景。 彫刻は3次元の立体で、 鑑賞者と同じ空間を共有しますので、 同じ時間を過ごしているという、 不思議な一体感があります。 もちろん、そんな感覚を鑑賞者の内面に起動させるには、 美術作品としての豊かさと、優しさが必須となります。 具体的な形態を再現するというモチベーションではなく、 「思い」が造形されますが、 その「思い」にしても、 特定の場面での、個人的な内面というより、 生きてゆ...

画廊めぐりノート | 2017.12.10 Sun 05:14

楽しかったです…

今日は午前中 健康診断(9月に行った ドックは任意検診だったらしく。 それ、先に言って…とは思うものの でも 色々な検診してもらえるんで 年2回でも良いか…という気分になってます) で大阪 梅田へでてました。 予定時間より早く着いちゃったんですが そのままさせてくださったので助かりました。 (なので 今日はPC教室はなし) 終ってから、ここまで来たなら!と 美術展第2弾を見にそのまま神戸へGO。 (あ、ちょっとだけ軽食食べましたが。 朝ご飯抜きだったし) 行って参りました、兵庫県立美...

日々…つれづれ日記 | 2017.12.10 Sun 00:21

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!