• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

美術鑑賞

このテーマに投稿された記事:4780件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c89/2890/
美術鑑賞
このテーマについて
美術展や身近な個展等に行って感じた事や
鑑賞するのに役立ちそうな豆知識。
または、開催の告知など
このテーマの作成者
作者のブログへ:「mawaruze」さんのブログ
その他のテーマ:「mawaruze」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

3304 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):井関 洋展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4)では、井関 洋展。 会場風景。 木版画による抽象表現。 木版画という画法の特性上、 明確なエッジの形態が重なります。 抽象的ですが、 未知の存在がもつ力、 そんな存在が息づく大地や天空の奥深い空間が 有機的な色面として造形化されています。 一見、鮮やかな色彩の激しい動きですが、 内なる所に潜む、哀しみのようなものも現れる。 そんな印象でした。 摩羯魚3 宇宙卵 Makara...

画廊めぐりノート | 2018.07.20 Fri 05:11

3303 Oギャラリー(中央区銀座1-4):倖子の墨の絵展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 Oギャラリー(中央区銀座1-4)では、倖子の墨の絵展。 会場風景。 山崎倖子による墨絵。 とても太い筆で、 強くシンプルな形が残され、 一転、その周囲に、 細かい模様が繰り返されています。 細かい模様と調子を合わせるように、 銀箔片が並びます。 作品の骨格となるイメージは、 太い線が誘導しますが、 周囲の文様は、 香り、風なのどの空気感や、 生命感などの化身のようです。 質感の違いが不協和音を発しますが、 それらの総ては、画家によって制御され、 ...

画廊めぐりノート | 2018.07.20 Fri 05:08

3302 藍画廊(中央区銀座1-5):?馬浩展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 藍画廊(中央区銀座1-5)では、?馬浩展。 会場風景。 キャンバス上に、油彩で 単色(鑑賞者感覚において)で塗り込まれた 平面作品。 色が微妙で、 ぱっと見、無彩色のようで、 実はかなりの色が混ぜ合わされ、 塗り重ねられているのであろうという予感があります。 ちょうど、自然界の様々な事物が、 無限ともいえる変数の組み合わせの結果である以上、 純粋な無彩色であるはずがないように。 作品そのものには、 鑑賞者との対話(話の糸口)の取っ掛かりがありま...

画廊めぐりノート | 2018.07.19 Thu 04:45

3301 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):菅田比歩海展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 GALERIE SOL(中央区銀座1-5)では、 菅田比歩海(SUGATA Hifumi)展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ーGAZEー。 ※gaze:じっと見る、凝視する 鉄筋によるオブジェ。 鉄筋と書きましたが、既製品の鉄筋ではなく、 つららや鍾乳石のように、 溶解した鉄の、じわじわとした成長の結果の棒状が 溶接され、集合体をつくっています。 一つは筒、一つは四角い塊、 壁にかかるのは人型。 大抵の彫刻作品は「詰まっている」塊ですが、 その表面が置かれた空間と...

画廊めぐりノート | 2018.07.18 Wed 05:58

3300 ギャラリーゴトウ(中央区銀座1-7):靉嘔&野田哲也二人展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリーゴトウ(中央区銀座1-7)では、 靉嘔&野田哲也二人展。 会場風景。   靉嘔(あい・おう)と野田哲也の 二人の新作展。 靉嘔(あい・おう)も、野田哲也も、 完全に独自の作風で、 現代美術界に孤高の地位を築いている美術家ということで、 大変贅沢な企画です。     モチーフとなる具体的な事象が、 創作の起点となり、 そこから美的な物語が始まるという共通点がありまが、 作風が真逆なので、 絵画におけ...

画廊めぐりノート | 2018.07.18 Wed 05:50

彼女と。@国立新美術館

JUGEMテーマ:美術鑑賞   ★ネタばれあります・予約制です★ 六本木の国立新美術館で開催中の「彼女と。」に行ってきました。【7月30日(月)まで】 https://hermesavecelle.maisonhermes.jp/                       エルメス提供の体験型展覧会。予約制で一般応募のアクター1名とエキストラ30名ほどが1グループとなり、アクター演じる作家と一緒に映画の撮影を垣間見る感じになります。友人がアクターになったの...

ぷらっと展覧会 | 2018.07.17 Tue 20:07

3299 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):今福ちか展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリーQ(中央区銀座1-14)では、今福ちか展。 会場風景。 具体的な事象が確認できない、 純度の高い抽象表現。 作品は、正方形と縦長の二種のパネルで構成され、 画面は、3つの表現方法の関係で成り立っています。 一つ目は、地の滲み、ぼやけた黄色、紫色の色面。 二つ目は、飛沫が飛び散る黒い筆跡。 三つめは、クレヨンのようなテクスチャーの揺らめく細い線。 細い線は、銀地の縦長の画面でも登場します。 まるで別の空間の気配を切り取って、 展示会場...

画廊めぐりノート | 2018.07.17 Tue 05:24

3298 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):五島三子男展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13)では、五島三子男展。 会場風景。 二種の異なるテイストの平面作品と、立体作品。 作家は、自身を取り巻く自然、 空気や風や、様々な生き物への畏敬の念を、 画面へ繋ぎ止める手段そのものを 意識しているようです。 手段によって、このようにアウトプットが変わることは 当然なのでしょう。 じっと見ていると、 様々なディテールが浮かび上がってきます。 自然はディテールの集積なのだという、 実感が伝わります。 ミニマル...

画廊めぐりノート | 2018.07.17 Tue 05:16

3297 ギャラリー檜 e・F(中央区京橋3-9):山岸俊之展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリー檜 e・F(中央区京橋3-9)では、山岸俊之展。 会場風景。 展覧会タイトルは、ー白いBIBLEー。 会場の床には、蓋を横に置いた半紙箱(桐箱)が並んでいます。 箱は香油で染められています。 中にはびっしりと紙片が入っていて、 その一部が外にはみ出し、 蓋や、床に散らばっています。 紙片は同一サイズの十字型で、 中央が谷折りになっています。 以上がこのインスタレーションの状況説明です。 かつて、丁寧に、一つ一つ作られた、 膨大な量の、十字...

画廊めぐりノート | 2018.07.16 Mon 05:27

3296 アートスペース繭(中央区京橋3-7):伊藤秀男展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 アートスペース繭(中央区京橋3-7)では、伊藤秀男展。 会場風景。 展覧会タイトルは、 ー新しい旅古い旅で出会った人や風景ー。 画家は稀代の絵本作家でもありますから、 絵画に込める思いが、 あるいは、絵画を描く動機に、 この画家だけの独自性があります。 旅で出会った風景にはとどまらず、 なにか記憶に引っかかった出来事、情景の、 引っかかった理由、 そのエッセンスを、 絵画として再生させたようです。 街角のささやかな一場面は、 芸術家の独特な感性...

画廊めぐりノート | 2018.07.16 Mon 05:19

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!