• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

美術鑑賞

このテーマに投稿された記事:3897件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c89/2890/
美術鑑賞
このテーマについて
美術展や身近な個展等に行って感じた事や
鑑賞するのに役立ちそうな豆知識。
または、開催の告知など
このテーマの作成者
作者のブログへ:「mawaruze」さんのブログ
その他のテーマ:「mawaruze」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

2592 ギャラリーナユタ(中央区銀座1-9):工房集セレクション展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリーナユタ(中央区銀座1-9)では、 工房集セレクション展。 展覧会タイトルは、−それぞれの “いきる”−。 筆者は、アートとは、 美術、文学、音楽、舞踏(映像)関係なく、 何かの説明や、解説ではなく、 単純に、アーティストの創造欲求の表出の結果と見なし、 目前にある作品が全てで、 誰がどんな事情で創ったかという、 曰く因縁については全く興味がありません。 ※〜大卒、〜賞受賞、〜万円etc・・ ということで、 たまたまギャラリーナユタに展示されて...

画廊めぐりノート | 2017.05.24 Wed 05:24

2591 巷房1(中央区銀座1-9):酒井厚志展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 巷房1+巷房2+階段下(中央区銀座1-9)では、酒井厚志展。 3会場を使った立体展。 最初は巷房1会場風景。 会場中央に、 アーチ窓の枠状の、大きなフレームが置かれています。 表面は直線的、アトランダムな色形で覆われています。 壁には同じようにペイントされた、 硝子ビンが展示されています。 ファインアートのようでもあり、 コンセプチュアルな側面もありそうですが、 作品名やコメントがありませんので、 手掛かりがなく、うろうろ歩き回ります。 大きなア...

画廊めぐりノート | 2017.05.24 Wed 05:11

僕だけしかいない美術館でだらだらと過ごす!

JUGEMテーマ:美術鑑賞   にほんブログ村   暁斎春画 -ゴールドマン・コレクション     #######################     スタンプラリーで10巻入場ちゅると   もれなくいただける   ミュージアムぐるっとパス・関西2017 で、3かんめ   上方浮世絵館           に、無料で乳場ちてきますた!   に...

プチ馬株主優待マニアのせいかつ〜奇業からの馬株主優待犬の餌で散財させられよー! | 2017.05.23 Tue 21:43

2590 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):牧野光一展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリーQ(中央区銀座1-14)では、牧野光一展。 会場風景。 画家が2012年に訪れたアイスランドでの風景を、 日本画の素材で描いているそうです。 とはいえ、具体的な事象は一切描かれず、 「地面」と「空」や、奥行、中心or周囲はなく、 均質な面が広がっています。 画家は、風景を構成する様々な要素を、 姿、形に置き換えずに、 忘れられない讃えるべき美しさが、 この世界の一画にあるのだという思いの強さだけを、 表そうとしているように思えました。 画...

画廊めぐりノート | 2017.05.23 Tue 05:20

2589 GalleryK(中央区京橋3-9):ナム・ソヨン展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 GalleryK(中央区京橋3-9)では、ナム・ソヨン展。 会場風景。 白い壁に一面白い絵画が展示されています。 見入るうちに、僅かな薄く、淡いグレーが浮かび上がってきます。 その流れるような筆致、 深みのある灰色は画面の奥に消え入るようですが、 その意外な強靭さに気付けば、 それぞれが響きあう波動が意識に上ります。 仮に、これ以上の色相や明度をもてば、 画面上の抽象表現で終わってしまう。 そんな印象でした。 作品と部分詳細。 作...

画廊めぐりノート | 2017.05.23 Tue 05:14

2588 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):青木洲子展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9)では、青木洲子展。 会場風景。 ギャラリー檜 B・Cは名前の通り、 B室とC室で分かれていて、 今回は一人の作家が両室を使用していますが、 全く異なるテイストの作品を、 それぞれの展示室に分けて展示しています。 同一空間に混在させるより、 作品の理解上では、はるかに効果的です。 B室は白と黒の墨による抽象画。 C室は赤を基調としたアクリル絵の具による抽象画。 B室は、墨による深みあるベース上を形が自由...

画廊めぐりノート | 2017.05.22 Mon 04:58

2587 エトワール画廊(中央区京橋2-6):片口 昇 展

JUGEMテーマ:美術鑑賞 エトワール画廊(中央区京橋2-6)では、片口 昇 展。 会場風景。 展覧会タイトルは、−在るがままの世界を求めて−。 紙に黒のアクリル絵具で円を描いています。 塗りつぶされた黒円ではなく、細い線による円周です。 フリーハンドによる正円です。 それが無数に描き重ねられています。 結果、真っ黒の黒面が生じています。 (繰り返しますが)筆でぺたぺたと黒く塗ったのではなく、 円周の集合による黒面です。 円は正円に近づくほど、 ※歪んでいないほど 「定...

画廊めぐりノート | 2017.05.22 Mon 04:52

2586 art space kimura ASK?(中央区京橋3-6):笹目 舞展・2

    JUGEMテーマ:美術鑑賞 art space kimura ASK?(中央区京橋3-6)では、笹目 舞展。 展覧会タイトルは、−異種混淆性の世界−。 会期中には、 「異種混淆の世界」によるライブドローイングと、 「いないいないばあ」によるライブドローイングが行われます。 この印象記でも 「異種混淆の世界」シリーズと、 「いないいないばあ」シリーズの2回に分けて紹介。 2回目は地下会場での「いないいないばあ」シリーズ。 「見るコトとは何か」をテーマとし、 2016 年「人の顔の絵を描く」フ...

画廊めぐりノート | 2017.05.21 Sun 05:16

2585 art space kimura ASK?(中央区京橋3-6):笹目 舞展・1

JUGEMテーマ:美術鑑賞 art space kimura ASK?(中央区京橋3-6)では、笹目 舞展。 展覧会タイトルは、−異種混淆性の世界−。 クレヨン、オイルバー、鉛筆、色鉛筆で描くドローイング作品。 会期中には、 「異種混淆の世界」によるライブドローイングと、 「いないいないばあ」によるライブドローイングが行われます。 この印象記でも 「異種混淆の世界」シリーズと、 「いないいないばあ」シリーズの2回に分けて紹介。 2階会場と、地下階の奥の部屋では、 「異種混淆の世界」シリーズ。 主...

画廊めぐりノート | 2017.05.21 Sun 05:09

吉田博展 上田市立美術館

ここ半年ほど雑誌やテレビなどで目にする機会が多く、どうにも気になって仕方なかった吉田博の展覧会へ出かけました。 日曜美術館は版画を中心にした紹介でしたが、実際には「日本人にしか描けない洋画」を目指し、幅広い制作活動を行っていたとのこと。 独特な技法と色使いの木版画はもとより、初期の水彩画にも強い印象を覚えました。その場の空気や湿度を感じさせる表現が見事です。 デッサンも素晴らしい。常に持ち歩いていたというスケッチブックにあふれる自然描写は素早い筆の動きにもかかわらず、非常に克明です。...

Un gato lo vio −猫は見た | 2017.05.20 Sat 09:25

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!