>
[Amazon] ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)
ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)で自分のブログにレビューを書く

ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉

おすすめ!3.3 [3.3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ペーパーバック
  • Amazonランキング:21393位
  • Amazon価格:¥ 748
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4001140349(岩波書店)
ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.3 [3.3]

発表順でいけば第1作目、年代順でいけば第2作目の「ライオンと魔女」。 前作「魔術師のおい」で北へ逃げた魔女がナルニアを支配しており、そのためにナルニアは冬に支配されている。 そして「クリスマスも来な… このレビューの続きを見る

「ほんとに、ほんとに、行ってきたの」と呟いてしまいそう。帰宅してから、思わず洋服だんすを開けてみたりして。東京での用事がはやく終わり、セッカクヤシ・・・・・・♪と、そわそわ。電車を乗り換えて、行きたか… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 くもんのすいせん図書E-31

いまさら『ライオンと魔女』かー、と思わなくもないのですが、せっかく授業で扱ったので。さて、『ライオンと魔女』はファンタジーでしょうか?そうだとしたら、なぜファンタジーなのでしょうか?たとえば、舞台が… このレビューの続きを見る

先日公開されたナルニア国物語〜第二章 カスピアン王子の角笛〜を見ました。 前回よりもまた面白かったし次回作が早く見たくなりました。 今度はいつになるやら? この物語の原作を知らなかったので図書館で借… このレビューの続きを見る

ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシィの4人のきょうだいが、空襲を避けて田舎の学者先生の処へ疎開したときのこと。ある日大きな衣装だんすに入ると、そこは雪のふりつもる別世界、ナルニア国。悪い白の魔女が… このレビューの続きを見る

児童書児童書と聞いてましたが、どの辺が児童書なんだろうという児童書しか読んだことがなかったので、本当に児童書で逆にびっくり(笑) 個人的には1-2だけど、子供さんが読むにはいいんじゃないかな〜。そしたら… このレビューの続きを見る

関連する商品