>
[Amazon] 怪談 牡丹燈籠 (岩波文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

怪談 牡丹燈籠 (岩波文庫)
怪談 牡丹燈籠 (岩波文庫)で自分のブログにレビューを書く

怪談 牡丹燈籠

おすすめ!3.3 [3.3](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:213076位
  • Amazon価格:¥ 756
  • ユーズド価格:¥ 32
  • ISBN/ASIN:400310031X(岩波書店)
怪談 牡丹燈籠 (岩波文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 3.3 [3.3]

読み応えのある面白い話であった。 殿様の死に様が見事。 若い頃に起こした刃傷沙汰の責任を胸にしっかり受け止めつつ、 間男にの刃を受けて死ぬ覚悟。立派すぎて。泣いてしまった。 まぁそっからが長いんだけ… このレビューの続きを見る

 今日の写真は、切り抜いておいた昨日の朝日新聞の2面です。とうとう「要支援」向けサービスが、介護保険から市町村事業に段階的に移管されるようです。65歳以上の人口伸び率が全国1位は埼玉県、どうするコバトン?「音読日めくり」は、 三遊亭圓朝『怪談牡丹灯籠』(鈴木行三・校訂/編纂)よりです。▶音声ファイルはこちらから

この十月の歌舞伎座に『怪談牡丹燈籠』の通しがかかるので、円朝原作の岩波文庫版を読んだ。これは円朝の高座を速記したもので、江戸から明治にかけての武家と町人の生活と人情が活写されている。しかも、口語体小… このレビューの続きを見る

関連する商品