>
[Amazon] 日本の弓術 (岩波文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

日本の弓術 (岩波文庫)
日本の弓術 (岩波文庫)で自分のブログにレビューを書く

日本の弓術

おすすめ!3.5 [3.5](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:37168位
  • Amazon価格:¥ 572
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4003366115(岩波書店)
日本の弓術 (岩波文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.5 [3.5]

(オイゲン・ヘリゲル著『日本の弓術』)の言葉から引用 ○{弓術}とは、{純粋に精神的な鍛錬(精神修養)に起源が求められ、精神的な的中に目的が存する能力、つまり【射手】は【自分自身を的にし、自分自身を… このレビューの続きを見る

 日本の弓術 (岩波文庫)

 「あなたは無心になろうと努めている。 つまりあなたは故意に無心なのである。 それでは、これ以上進む事は出来ない。」「いや、その狙うという事がいけない。 的の事も、中てることも、 その他どんなこ… このレビューの続きを見る

今朝の朝刊の広告欄に、オイゲン・ヘリゲルの『弓と禅』が載っていてスティーブ・ジョブズの愛読書だと書いてあったのでビックリしました。著者のオイゲン・ヘリゲルは、大正時代に東北帝国大学の講師として招かれ… このレビューの続きを見る

実践しえない者が論理的にあれこれ研究しているだけの体と心についてを読むよりははるかに実践的内容なにかしら理屈をつけて説明しないと修得したことにならないのではないか考えてしまうとそこで自ら限界をつくっ… このレビューの続きを見る

日本の"道"を、西欧人の視点から極めんとした体験記は、 欧米化しつつある現代日本人にとっても 多くの示唆を与えてくれる。 個人的な体験に照らし合わせた時、 合気道は言わずもがなではあるが、 合唱の呼吸法にも類似点があると思われる。 特に全身の力を抜いて響かせる/射る考えは、 応用も利くであろうし、身につけたいことだ。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品