>
[Amazon] 本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)
本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)で自分のブログにレビューを書く

本へのとびら――岩波少年文庫を語る

おすすめ!3.8 [3.8](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:25840位
  • 定価:¥ 1,100
  • Amazon価格:¥ 1,100
  • ユーズド価格:¥ 116
  • ISBN/ASIN:4004313325(岩波書店)
本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.8 [3.8]

 本へのとびら 岩波少年文庫を語る  著者 : 宮崎駿  分類 : 909.0

  宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展 (ポスター画像は世田谷文学館のホームページから)世田谷文学館で行われていた企画展に行ってきました。明日までなので、ぎりぎりセーフです。この展示は、わたしのブロ… このレビューの続きを見る

 ブログを全然更新していなくても、いちおう本は読んでおります。さて、発売以来気になっていた本で、ようやく読む機会がやってまいりました。言わずと知れた、宮崎駿監督による、岩波少年文庫50冊紹介の本で… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 今日はアルバイトでした〜。 まじ金欠だから、年末がっぽり稼ぎまっせー。 特にネタがないので(´ε`;) しばらくは映画ネタでいきますねー。 つい先日、来年公開予定の「ホビットの冒険」… このレビューの続きを見る

児童文学=やり直しのきく話。子どもに「生まれてきてよかったんだよ」って言ってくれる話。 『本へのとびら―岩波少年文庫を語る』 宮崎駿 映画監督、宮崎駿さんが選んだ岩波少年文庫50冊の紹介と、 宮崎さん… このレビューの続きを見る