>
[Amazon] f植物園の巣穴

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

f植物園の巣穴
f植物園の巣穴で自分のブログにレビューを書く

f植物園の巣穴

おすすめ!3.3 [3.3](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:490145位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4022505885(朝日新聞出版)
f植物園の巣穴のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.3 [3.3]

「f植物園の巣穴」

19:01:By moji*lib

表紙に惚れて読みました。 夢か現か、最初から曖昧な感じで始まって、読んでる途中何度も頭の上に「?」が浮かびましたが、梨木さんは読者を裏切らないので根気強く読んでい行くうちに、やっぱり独特の世界観に惹… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  f植物園の巣穴/梨木香歩 日常を論理的に生きてきた主人公のたましいは非日常に入り込んで過去の思い出とともに失くした心の何かを求めてさまよう。梨木さんの描く不思議な世界にどんどんひきこまれていく、そして最後に優しさある物語の絞めに包み込まれ、涙しました。蛹が蝶になるように生まれ変わる主人公の心の旅は感動で圧巻でした。

f植物園の巣穴

23:13:By C'est moi !

  家守奇譚を彷彿とさせる記述。和の風景にアイルランドの神を織り交ぜる辺り、梨木さんらしい。

JUGEMテーマ:読書感想文梨木香歩『f植物園の巣穴』。漫画でいうと漆原友紀。というのが正直な感想です。植物が背景としてではなく同じ場所に生きる物として登場したり、この文章のまとわりつくような湿気だとか、… このレビューの続きを見る

歯痛に悩む植物園の園丁がある日、巣穴に落ちると、そこは異界だった。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、漢籍を教える儒者、そしてアイルランドの治水神と大気都比売神……。人と動物… このレビューの続きを見る

イングリッシュガーデンに憧れない人はいないと思ってるでも、ウィリアム・モリス氏は自生する植物こそ美しいと。日本においてイングリッシュガーデン的な世界を求めるならやっぱり日本に自生する植物を活かしてこ… このレビューの続きを見る

f植物園の巣穴

08:48:By nhosan's works

 梨木 香歩さんの著書は好きな感じのひとつちょっと古風な感触もありつつの不思議な空間を生み出していて読んでいるといつの間にかそこにまぎれこんでしまう主人公が木のうろに落ちてから眠っていた間に見た… このレビューの続きを見る

f植物園の巣穴

16:02:By よそゆき

歯が痛くなり、ウェリントン・ブーツがなくなった。 f植物園の隠り江のうろに落ちた私は、そこで 「千代なるもの」を探すことになる。 水の気配の幻想小説。 ラストはやられたー、という感じである。 ははっ、「… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★★☆(4.5/5) あらすじ 歯痛に悩む植物園の園丁がある日、巣穴に落ちると、そこは異界だった。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、漢籍を教える儒者、そ… このレビューの続きを見る

 あらすじ: 歯痛に悩む植物園の園丁がある日、巣穴に落ちると、そこは異界だった。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、漢籍を教える儒者、そしてアイルランドの治水神と大気都比… このレビューの続きを見る

なるほど〜これは同じ梨木さんの『家守奇譚』と空気感が似ています。ありえない接待に出来るのが小説だから、おもしろい設定だとは思います。でも、前半はちょっと意味がわからなくて、疑問符がいっぱいでした。前… このレビューの続きを見る

3.3

f植物園の巣穴

20:41:By 人魚の本棚

一言でいうと難解。昭和レトロの匂いがする不思議の国みたいな文章。でも、その難解で不可思議な文章が、ガッツリはまる一瞬がある。その一瞬が味わいたくて先へ先へと読み進めていく、一種の麻薬のような作用があ… このレビューの続きを見る

人の心よりも、植物と話すことを得意とする主人公。 子どもの頃の ねえやが、「千代」といった。 親の勧めで結婚した妻も 「千代」だった。 自分がどうやって育ってきたのかも、思い出すことなく、 ただ独りで暮… このレビューの続きを見る

久々梨木さん♪ このタイトル……、装丁ではカッコいいフォルテの「f」が使われているからあまり違和感がないのだけど、図書館の新入荷(?)のページで見たときには、「f」をタイトル打ち間違い(なんだか余計につ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般● f植物園の巣穴 / 梨木香歩 ● 朝日新聞出版 ● 1470円 ● 評価 ☆☆☆ 植物園に勤める私は歯痛に悩んでいる。 ある日、巣穴に落ちてしまうのだが、そこは異界だった。 前世は犬だった歯科… このレビューの続きを見る

毎日新聞出版 / 2009年5月30日初版 / 1400円  歯痛に悩む植物園の園丁がある日、巣穴に落ちると、そこは異界だった。 前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、漢… このレビューの続きを見る

関連する商品