DB Error: connect failedDB Error: connect failed 赤い蝋燭と人魚 - 小川 未明 のレビュー全11件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 赤い蝋燭と人魚

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

赤い蝋燭と人魚
赤い蝋燭と人魚で自分のブログにレビューを書く

赤い蝋燭と人魚

おすすめ!4 [4](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:102763位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 264
  • ISBN/ASIN:4039651006(偕成社)
赤い蝋燭と人魚のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 4 [4]

今日は、和太鼓の公演に行って来ました。凄い迫力で、座って聞いているだけでも、足の裏や椅子から振動が伝わってきます。ライトの光の中に、ほとばしる汗が舞い散っていました。伝統の和太鼓の素晴らしさは言うま… このレビューの続きを見る

 東京は普段明るすぎるので、町が節電モードで不思議な感じなのはいいことだけど、ちょうど切れそうな米(買占めじゃないわ)を買おうと思ったら、米屋に長い行列ができてたのでやめた。カップめんとかパスタくら… このレビューの続きを見る

 東京は普段明るすぎるので、町が節電モードで不思議な感じなのはいいことだけど、ちょうど切れそうな米(買占めじゃないわ)を買おうと思ったら、米屋に長い行列ができてたのでやめた。カップめんとかパスタくら… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 わが子だけは明るいにぎやかな人間の街で育ってほしいと、冷たく暗い北の海に住む人魚の母親は願い、子どもを神社に捨てた。 その赤ん坊を拾ったのは蝋燭(ろうそく)つくりの老夫婦。神さ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:アート・デザイン     大正10年の発表以来、繰り返し読み継がれ、多くの画家の挿絵にも描かれてきた小川未明の名作童話。酒井駒子の情感豊かな、ざらざらした油絵タッチの絵をつけ… このレビューの続きを見る

赤い色の蝋燭に願いを込めてお祈りすると願いが叶うという言い伝えがあるらしい。 赤い蝋燭といえばやっぱり「赤いろうそくと人魚」でしょと思ってしまうのだけど           20日から24日、イヴの夜ま… このレビューの続きを見る

 声も出せず  ただ  じっと黙っったまま  気づけば  どこまでも深い闇にとり囲まれて 人の業のその影を 赤い蝋燭のかすかな光が ひそりと浮かばせる

寺山修司が、赤いスカートの女の子が座っているのを見るとこの話を思い出すといったことをどこかに書いていたのを読んで、興味を持って読んでみた。 文庫でも読んだが、この話は是非絵本で読んでみてほしい。 人魚の悲しい物語である。 ここに描かれている人間は、とても可哀相。 厳しいが、読んだ人の心を離さない強い引力の名作である。

私が読んだのは1979年ポプラ社の「赤いろうそくと人魚」なのですが、挿絵つきのこちらの本も読んでみたいです。 内容的にはとても悲しい感じのする物語です。 著者の独特な世界観が伝わってくるような作品です。

JUGEMテーマ:育児 大正10年の発表以来、繰り返し読み継がれ、多くの画家の挿絵にも描かれてきた小川未明の名作童話。酒井駒子の情感豊かな、ざらざらした油絵タッチの絵をつけて、新感覚の絵物語に仕上った。… このレビューの続きを見る

大正10年の発表以来、繰り返し読み継がれ、多くの画家の挿絵にも描かれてきた小川未明の名作童話。酒井駒子の情感豊かな、ざらざらした油絵タッチの絵をつけて、新感覚の絵物語に仕上った。 わが子だけは明るい… このレビューの続きを見る

関連する商品