DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 時をかける少女 〈新装版〉 - 筒井 康隆 のレビュー全21件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)
時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

時をかける少女 〈新装版〉

おすすめ!3.5 [3.5](21件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:21506位
  • Amazon価格:¥ 475
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4041305217(角川書店)
時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(21件) 3.5 [3.5]

JUGEMテーマ:読書  言わずと知れた古典的名作。何度も映画化され、アニメや漫画にもなっています。 本書はそんな「時かけ」の他、2本の短編も収録された新装版です。 ※以下、この作品に限らず、タイムトラベ… このレビューの続きを見る

 『時をかける少女』の原型ってこんな話だったんだ! 漠然と「タイムスリップものでノスタルジックな物語」みたいなイメージがあったのだけれど はじめてちゃんと読んでみて、ほほぉーと思いました。   タイ… このレビューの続きを見る

こてこての古典。  あれれ。原作ってこんなに短かったのね。 以前やってた映画。あれはいったい何なんだ?

3.5

時をかける少女

22:45:By

メディアミックスとかで有名な古典作品です。実は読んだことなかった^^;こういうポピュラーなのレビューするのって何か恥ずかしいな〜笑 何となく「これは中学生のうちに読んでおいたほうがいいんだろうな」な作品… このレビューの続きを見る

3.5

トキカケ

23:19:By HoliHoliday

  実写で映画化されるそうで。 原田知世Ver.も、内田有紀Ver.も見ないで いきなり ここから入ったので、原作を読んでみました。 文体の古さが気になったけど(古いんだからしょうがない) 当時はセンセー… このレビューの続きを見る

 何度も映像化されたもはや古典的名作をいまさら読む。なんでかって?仕事の関係上読む必要があると思われたので。まぁ少年少女向けな作品なので、気軽に読めるだろうなと書店で手に取ったところ、ぱらぱらと… このレビューの続きを見る

時をかける少女、読みましたー。とはいっても、実は半分のページにしか話がない。全体で約230ページですが、半分の115ページ分しか話がないのが少しびっくり。映画しか知らなかったので、もっと話があるのかと。。。とはいっても、非常に読みやすかったです。本当は中学生向けの本っぽい(っていう勝手な想像。笑)ので、句点が多かったですが。少し読書は苦手かも。ってかたどうぞー。

貞本義行版 いとうのいぢ版 この角川つばさ文庫というのは、 講談社の青い鳥文庫みたいなポジションなのか。 ということは、現行の貞本義行版が なくなるというわけじゃないんだな。 よかったよかった。 ちゃんとラベンダーの花がモチーフになってるあたり、 いとうのいぢ版もなかなか。 今後のラインナップも気になるなあ。 JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:読書 図書館で見つけて「悪夢探偵」と共に借りた一冊。 今回も筒井康隆です。今年の夏に映画化されました。 どうやらその前にも何度も映像になっているそう。 しかもほとんどが実写。どんな感… このレビューの続きを見る

相当前に読んだ事があったのですが、気になってもう一度読んでみました。 会話が昭和です…(苦笑)これはいたしかたないのかも知れないけど、 ちょっと現代とずれている感が出ている。そして、アニメ等になり、 … このレビューの続きを見る

 先日、アニメ版の『時をかける少女』を観まして、なかなかいい作品だったというのは記事にしました。では、原作はどうなのだろうかと思いまして今回読んでみました。本書には表題作「時をかける少女」の他に、「… このレビューの続きを見る

久々のレビュー。 ずっと読みたかった本がようやく読めました。 時をかける少女以外にも2つ話があります。 「悪夢の真相」が怖かった。私が怖がりなだけかもしれないけど。 でも面白い話。 「果てしなき多… このレビューの続きを見る

角川の「今年もカバーーーーーーーーーー。」欲しさに読んでみましたよ名作。 貞本先生がカバー絵ってのもそそってくれました。 (どうせもいいけど深町君と朝倉君、表紙の逆でないですかい…ずんぐりむっくりが試… このレビューの続きを見る

この前、土曜やってました。 おもしろかったので買ってみた。 本もおもしろかったですよ!! 話は短かったけど・・・ 人気blogランキングへ

これまた、ほしいのだが・・・・・・

筒井康隆の小説に夢中になったことをよく覚えている。 確か、最初は、農協だったか、東海道戦争だったか、角川文庫だった。 そして、文庫は、100円〜140円くらい、単行本は、高かった。そして、筒井康… このレビューの続きを見る

テレビで「時をかける少女」のアニメをやってました。 原作のものとは少し違うストーリーでしたが面白かったですよ。 以前、映画でもありましたよね。 主題歌が大ヒットでした。 すごい昔にNHKで「タイ… このレビューの続きを見る

 あらためて読み返してみると、いかにも昔のジュヴナイルといった感じ。完成度が高いとは言い難いかもしれません。しかし、この作品が提示した「時間に引き裂かれる恋」という悲恋のパターンは、まさに画期的なものでした(たぶん)。そのギャップが、多くのクリエイターを刺激し、関連する作品群を生み出す原動力となってきたのではないかと思います。  ちなみに表紙は貞本義行。

 評価は定価どおり。  ただの古いSF。面白がるには努力が必要かと。  アニメ版は楽しみだけど。

懐かしいですね。 筒井康隆氏の名作です。 最近の作風からは、考えられませんね。 私が子供のころ、SFというものにはまったきっかけがこの本でした。 今見ると、意外に短いストーリーです。 息子から、「読んでみた〜い!!」とリクエストがあり、アマゾンで購入しました。 永遠の名作だと、私は思います。

この本を只今読んでおります 結構面白いです! 課題の本なのですがね;; *** 今日、私は誕生日でした おめでとう私・・・ とても幸せな一日になる予定がどんよりでしたよ・・・ やっぱり予定は… このレビューの続きを見る

関連する商品