>
[Amazon] 珊瑚の島で千鳥足 続「ばらとおむつ」 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

珊瑚の島で千鳥足    続「ばらとおむつ」 (角川文庫)
珊瑚の島で千鳥足    続「ばらとおむつ」 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

珊瑚の島で千鳥足 続「ばらとおむつ」

おすすめ!3.8 [3.8](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:573749位
  • Amazon価格:¥ 679
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4041673704(角川グループパブリッシング)
珊瑚の島で千鳥足    続「ばらとおむつ」 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.8 [3.8]

せっせがついに‥!! 相変わらずの風変わりさで、ググっと面白く読んだ。 あのまさに自虐的なところといったら。 それにしてもなんだかんだと言いつつ、しげちゃんへの愛情をたっぷり感じる。 山元家最後の整理人せっせ。 これからも頑張って欲しいです。

先日読み終わった「珊瑚の島で千鳥足」。 銀色夏生さんの本です。 銀色夏生さんは 10代後半のころ私がよく読んでいた作家です。 その頃は写真と詩の本を中心に出版していた方でした。 写真も文章もいつも新鮮… このレビューの続きを見る

内容紹介 「ばらとおむつ」のその後です。せっせもしげちゃんも相変わらずバタバタと忙しくすごしています。 介護の記録、になるんだろうけど、どちらかというと銀色さんの兄「せっせ」の苦労記録?って感じで本当に楽しい。 「せっせ」の自分から苦労を買って出るような性格が本当によく出ている1冊。 こんな人たちが身内にいたら、大変だ〜 人事だから楽しいのです(笑)

「ばらとおむつ」の続編、ようやく少し前に購入しました。 バタバタしていてなかなか読めませんでしたが、読み始めたらあっという間でした。 お兄さん「せっせ」の文章も、お母さん「しげちゃん」の文章も、着… このレビューの続きを見る

関連する商品