>
[Amazon] 青の炎 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

青の炎 (角川文庫)
青の炎 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

青の炎

おすすめ!3.7 [3.7](26件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:19017位
  • Amazon価格:¥ 821
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4041979064(KADOKAWA)
青の炎 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(26件) 3.7 [3.7]

ミステリ小説の中には「倒叙ミステリ」というジャンルが存在する。「刑事コロンボ」や「古畑任三郎シリーズ」に代表される、犯人と犯行が事前に提示されている作品のことであり、今作はこの「倒叙ミステリ」に属さ… このレビューの続きを見る

*青の炎

14:13:By 本のなる木

大切な人を守りたかった。ただそれだけだった… 『青の炎』 貴志祐介 嵐の二宮くんで映画化された作品です。 大切な家族を守りたいという思いから、 ある人間を「強制終了」させる計画を立て、実行したのは… このレビューの続きを見る

 一度、レビューを書いたのに接続の関係で消えました(´д`、)さて、気を取り直してもう一度。貴志祐介さんの作品は初読です。『黒い家』で、有名な作家さんですね。本作は2003年に映画化されており、有名… このレビューの続きを見る

この方の作品には、毎度大きな衝撃をくらっています。 読んだ後1ヶ月ぐらいは立ち直れないくらいのカルチャーショックを受けます。 今回もでした。 まだ読み終えてから数十分しか経っていないもので、気持ち… このレビューの続きを見る

友人に借り、読みました。 青の炎は、昔TVで放送された映画を観た記憶がうっすらと残っていて、 その作者が貴志祐介と知って是非とも読んでみたいな〜って思っていた作品。 全体的になんとも言えない話ですね。。… このレビューの続きを見る

 今読んでる本いつもラノベばっかり読んでいるから、普通の文庫本は久しぶり!でも難しい…(-ω-;)いつもは文庫本一日で読んじゃうけど、全然進まない;;秀一君の気持ちがめっちゃ分かる!うちも今それほどでもないけど、大変。。。でもうちは頭回転しないのでできませぬ(/ェT)頑張って全部よんでやんよ!←

3.7

青い炎

22:53:By Love Books

  内容紹介 櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。 女手一つで家計を担う母と、素直で明るい妹との三人暮らし。 その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。 母が十年前、再婚しすぐに別れた男… このレビューの続きを見る

光と風を浴びて、17歳の少年は、海沿いの道を駆け抜ける。愛する妹と母のために―。氷のように冷たい殺意を抱いて。人間の尊厳とは何か。愛とは、正義とは、家族の絆とは―。熱き感動を呼ぶ現代日本の『罪と罰』。日… このレビューの続きを見る

 ラストがほんとにやりきれない、なんともいえない読後感でした。

作品自体は、まあまあの面白さ。この作品の最大の面白さは、作者は、主人公が法律だけでなく人倫を踏み外していく様を描いているのに、感動作とか青春とか読んでしまう読者が多いところ。曽根を殺すまではまあ許せ… このレビューの続きを見る

3.7

青の炎(書籍)

12:02:By

随分と前に映画を観て、それから原作も読もう、とブログに書いていた記憶があります。 新型インフルエンザのおかげで、読む時間ができたので、じっくり読ませていただきました。 貴志先生の作品は読んだことがなく… このレビューの続きを見る

3.7

青の炎

00:18:By Gen's Blog

う〜ん、やりきれないもどかしい思いがずっと渦巻きながら、読み進まずには いられない…そんな小説。 秀一が思いつめていけばいくほどに、その先に予想される運命がイメージされて、 まだ間に合う、辞めてくれ、… このレビューの続きを見る

人いきれ

19:45:By Mattari?

今日はカラオケに行って来ました☆ 予想どおりEverythingは音程的に歌いやすかったんだけど、 もっと振り付けを覚えなくては…!と反省。 そしてなんの歌だったかなー「人いきれ」という単語が歌詞にでてきてしっかり… このレビューの続きを見る

青の炎

11:56:By 受賞本

 青の炎  著者 : 貴志祐介  受賞歴 : 第13回山本周五郎賞 ノミネート

青の炎

17:36:By kb

JUGEMテーマ:小説全般 『一度火をつけてしまうと、瞋り(いかり)の炎は際限なく燃え広がり、やがては、自分自身をも焼き尽くすことになる‥』 高校生の秀一は、母と中学生の妹との三人暮らし。そんな平和な生活… このレビューの続きを見る

 本にしろ音楽にしろなんにしろ、出会うタイミングってほんと大事だな。たとえば、グリーンデイとかゴーイングステディとか、若いうちに聴かないと共感できないだろうし。全然知らないけど、乙一なんかもそのタイ… このレビューの続きを見る

 こちらはまたまた恐ーい話かと思って読み始めたんですが、、、、、。こーゆーのも書くんですね、個人的には、怖いのよりこちらの方が好みです。いいです。

この夏は本を4冊くらい読んだ。俺にしてはいいペースだ。 この本は図書館で借りたんだけど、なかなかおもしろかった。 主人公は、母親と離婚してもなお家に居座る継父に対し恐怖感と嫌悪感を覚え、その思いは… このレビューの続きを見る

3.7

貴志 祐介【青の炎】

00:58:By

貴志作品3作目。 貴志祐介というとホラーというイメージがあるけど、これはホラーの要素無し。 読んでていろいろ疑問が浮かんだ。 3人称だと思って読んでたらいきなり心情をそのまま表現していて、1人称の… このレビューの続きを見る

3.7

青の炎 (角川文庫)

06:28:By ODD-7

秀一の負の心理描写と、物語の背景となる江ノ島などの美しくすがすがしい情景が対比して、ストーリーもとても読み応えのある内容です。穴無く完成された文章が説得力あります。映画をかなり昔に観て主人公や場の雰囲気だけを曖昧に覚えていたので、頭にシーンを描きながら楽しめました。

ハイばっち名作。 と意味不明な感じで始めます。 あーそれにしても1度読んだことがあった・・・ 図書館で借りたのかなぁ。 借りた本ってすぐ忘れちゃうからやぁね。 主人公・櫛森秀一は17歳。母と妹と暮らし… このレビューの続きを見る

高校二年の櫛森秀一は、母親と妹の家族三人でささやかながら幸せに暮らしていた。そんな平和な家庭にやってきた、ある闖入者・・・。それは母が十年前に再婚し、すぐに別れた男、曾根だった。曾根は秀一の家に居座… このレビューの続きを見る

3.7

青の炎

19:22:By Cool Air Style BLOG

映画にもなりましたが、「うーん」 なんとも言えないですね。 それほどお勧めではありません。

..................................  櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。  女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。  その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。母が十年… このレビューの続きを見る

3.7

青の炎

14:55:By

読み終わりました。 うん、良かった。 切ない話だったなぁ。 途中、科学方程式だの、医学だのって、 難しくて疲れちゃう所もあったけど、 そこは、流し読みしてました (; ^ ω ^ A) 最後にはちょっとビックリしたけど。。。 何故か、主人公の秀一に惚れそうになってしまった。 涙を流した所・・・・1回

3.7

青の炎/貴志 祐介

11:14:By

 母と妹と幸せに暮らしていた高校生の少年。そこに現れた母の昔の再婚相手によって生活を脅かされ、男の暴力が母と妹に向かったとき、少年は男を殺害することを決心する。緻密な計画によって実行された犯行は男の… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品