DB Error: connect failedDB Error: connect failed アルケミスト―夢を旅した少年 - パウロ コエーリョ のレビュー全36件 JUGEMブログ

>
[Amazon] アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)で自分のブログにレビューを書く

アルケミスト―夢を旅した少年

おすすめ!3.8 [3.8](36件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ペーパーバック
  • Amazonランキング:327位
  • Amazon価格:¥ 596
  • ユーズド価格:¥ 10
  • ISBN/ASIN:404275001X(角川書店)
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(36件) 3.8 [3.8]

羊飼いの少年サンチャゴは、旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。 欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。     「人が本当に何かを望む時、全… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 どうもカツケンです。 とても不思議な本に出会いました。 その本は『アルケミスト』です。 あらすじは羊飼いの少年が夢に出て来た宝物を追い求め、遠いエジプトのピラミッドを目指… このレビューの続きを見る

てす

18:25:By やさぶろぐ

てす

JUGEMテーマ:注目★BOOK 10月の資格試験を前にしばらく本を控えていたので、11月からだだだっと読みました。 歴史もの、青春もの、美術もの、洋もの、ジャンルは色々ですが、それぞれ面白かったです。

もう、2日だね。 だいたい今月はどんな感じなのか?って 5日の時点でわかるよね。 2、3、4、5日のこの四日間って実は一ヶ月をこえる価値を持っているね。 拓 _________________… このレビューの続きを見る

  今からニューヨークです! 今、CDG・・・ パスポートをジロジロ。 「なんでニューヨーク?」 「いつ日本へもどる?」 「なぜパリに?」 とほほ・・・涙。 さ、ニューヨークで絵の神様に歓迎… このレビューの続きを見る

洋書は無理やり日本語化するからなのか、誤訳が不自然? 言い回しがまわりくどく、すごく読みにくい・・・と言う印象。 その内容にプラスして宗教的な解釈や、原理、心の概念、世界観・・・退屈な印象。 … このレビューの続きを見る

 【パウロ・コエーリョ 訳:山川紘矢 山川亜希子 角川書店】 羊飼いの少年が夢に導かれて、旅に出て、砂漠を越えて、錬金術師になるっていうあらすじだけ言うとそれだけの話しなんで、あんまり言える感想もなく。 大人も読める童話風の話しというのはなんとも感想が言いにくい。 なんともいえない退屈さがある。 含蓄のある話しではありますけど。

羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて… このレビューの続きを見る

License renewal

20:46:By in spire kinokotan

am   GOLDGetっても、memecubが来るまでしばし乗っていなかったよぅ!?。。 にしてもゴールド免許は響きも、ありがたく気持ちもいいのです。 優良講習30分だしねん。 講習で思ったのは、ここには、私の… このレビューの続きを見る

3.8

アルケミスト

08:35:By 人生塾

 世界中のバックパッカーの間で、読み継がれている本だと聞き、私も早速読む事にした。旅を「人生」に例えて、一人の少年の旅が始まる。まだ途中だが、私の中の「まだ見ぬ世界」への好奇心が、めらめらと湧いてくる。ところどころ、「なるほど」を言わせる言葉が出てくる。その言葉をピックアップしてみよう。

3.8

アルケミスト

12:17:By catalystな日々

 先日、「錬金術の秘密」を書いた。それを更に深めてみる。まず、紙コップと聖杯の例えを書いたが、実は聖杯の対極が紙コップではない。聖杯の対極は、汚物入れみたいなヘドロカップとでも名付けよう。聖杯が… このレビューの続きを見る

今年はきっとブログを書くぞ!と決めたのはいいけどどこから書いてええものやら・・と考えていたところオススメの本紹介機能!があるということなのでまずはそこから書いてみることにする。とは言ってもあまり手元… このレビューの続きを見る

 8/6 終戦記念日 (←誤記:第二次世界大戦 広島への原爆投下がなされた日) 東京ビックサイトで開催されていた 癒しフェアに行ってきました。来場目的だった【聖なる予言】 【アルケミスト】 など 数… このレビューの続きを見る

 ツィートしたように『アルケミスト』を再読中。なぜ再読しているかというと会社の子が貸してくれたから。この本は自分でも持ってるのですが、会社の子が他の本を貸してくれるのと同時にこの本も持ってきたの… このレビューの続きを見る

 【感想】タイで出会った真実さんが貸してくれた星の王子様にならぶ世界的なヒット作品個人的には星の王子様の方が好きこの本にも大切なことが詰まっているしそれを童話っぽくわかりやすく伝えていると思った… このレビューの続きを見る

 アルゼンチン VS メキシコ素晴らしい試合。マニフィーク!!! なんやかんや、日々、凄い戦いが繰り広げられています。 ドイツとイングランドも楽しめましたが、やはり、今までのところ、 アルゼン… このレビューの続きを見る

初心にもどりたくなって、久しぶりに「アルケミスト」を読んだ。海外に行く時、お守りのように、いつもスーツケースに入れていた本。 落ち込んだり、自信をうしなうたび、読み返し、夢をかなえるため、旅を続ける… このレビューの続きを見る

 もしおまえが、現在によく注意いていれば、 おまえは現在をもっと良くすることができる。 そして、おまえが現在を良くしさえすれば、 将来起こってくることも良くなるのだ。 毎日の中に永遠があるのだ。 『アルケミスト』

 自分がちょっと凹んでいるせいか、どうしても後ろから背中を押してくれる本が読みたくなる。夢想と思われるかもしれないけど、たまにはそんな時もあるよね。夢を見ると、中身は覚えていないのだが重いという… このレビューの続きを見る

仙台駅2Fの楽天イーグルスショップ向かいにて。横一列デカッ! 人通りの多い時間帯の合間を縫って撮ったので、 ぼかしはかけましたが通行人の方写してごめんなさい(汗) これはかなり目立ちますね〜((*´v`)) どれ… このレビューの続きを見る

アルケミスト

02:08:By Humanarium

幸福の秘密とは、世界のすべてのすばらしさを味わい、しかもスプーンの油のことを忘れないことだよ P40 僕は他の人と同じなんだ。本当に起こっていることではなく、自分が見たいように世の中を見ていたのだ P49 学ぶ方法は一つでしかない。それは行動を通してだ。 P148 傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだ P154

私が勝手に先生と仰ぐ人のオススメの本。 なぜか今まで読む機会み恵まれず、ようやく。 世界各国で非常に多くの人々に読まれている本です。 少年が宝を求めて旅をするってお話ですが…。 私の場合、先入観が強す… このレビューの続きを見る

羊シンクロ

01:48:By MORPHO WAVE∞

先日の夕方。道を歩きながらふと、向かう先の空を見ると、雲が大きく『S』を描いていました。すぐそばには、13夜の白い月がまだ明るい空に浮かびます。何だかちょっぴり気になって、『S』って何だ?声に出して呟い… このレビューの続きを見る

正直なところ。 申込みやビザ手配を済ませたのに まだ迷っています。 こんなご時世に自ら退職って。 そんなときに出会った運命の一冊。 前に進む勇気をもらいましたよ。 結末が「腑に落ちた、というか腹に落ちた」感じ。 私も旅に出るかー!

最近、新聞が届くのが少し早くなって満足しているKeniです。 前までは出かけようと思っても、新聞が 来てなかったりして、どうしようかなーって思う事が 多々ありました。 ってどんだけパワーモーニンガーな… このレビューの続きを見る

を、読んだ。 前々から読もうと思っていたんだけどなかなか手に取れず。 パウロコエーリョはベロニカに続き、これで二冊目。 あぁ、なるほどなぁ。うんうん。 と思う本だった。 全て書かれている、と… このレビューの続きを見る

諦めそうになったら読む

JUGEMテーマ:ファンタジー 書店に勤めていた時から気にはなっていた一冊であった。 この一冊は、歳は関係なくお勧めしたい一冊である。 羊飼いに少年は、世界を見たいと親の反対を押し切って羊飼いになり羊を… このレビューの続きを見る

『アルケミストー夢を旅した少年』 作者:パウロ・コエーリョ 『アルケミスト』の主人公の少年は、 冒頭で不思議な老人に出会って「運命」についての話を聞きます。 人間は若い頃は、すべてが可能に思… このレビューの続きを見る

羊飼いの少年が、同じ夢を繰り返しみたことから 宝物を探す旅にでる話。 星の王子様のような。 児童書のようでありながら辛辣な真実を伝えてくる本。 これは名作だ!

友人に勧められて読みましたがなんだか素敵な一冊でした。 夢を追い求めることの大切さ、その過程で学ぶことの偉大さ、そういうものを素直に感じることのできる作品でした。 「傷つくのを恐れることは、実… このレビューの続きを見る

図書館で借りた最後の1冊。 気になっていた作品だったので、読んでみた。 不思議だけど、夢に向かっての元気が出る物語。 心の声に耳を傾けることって、大切なんだなぁ…。

052 『アルケミスト 夢を旅した少年』 パウル・コエーリョ著 山川鉱矢・亜希子訳 地湧社 1528円 1994/12/10発行 私が大好きな一冊犬飼ターボさんの『CHANCE』のあとがきの話に少し出てきたので 気になっていた本… このレビューの続きを見る

MP2007公演 'THE ANGEL OF ALCHEMY'の原作。 羊飼いの少年Santiagoが彼を待つ宝物が隠されていると言う夢を信じ、スペイン・アンダルシアの平原からモロッコのタンジェ・アフリカのサハラ砂漠を越えてエジプ… このレビューの続きを見る

関連する商品