>
[Amazon] 天使と悪魔 (上) (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

天使と悪魔 (上) (角川文庫)
天使と悪魔 (上) (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

天使と悪魔

おすすめ!3.5 [3.5](57件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ペーパーバック
  • Amazonランキング:144126位
  • Amazon価格:¥ 691
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4042955010(角川書店)
天使と悪魔 (上) (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(57件) 3.5 [3.5]

<< あらすじ >> ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは17世紀にガリレオが創設した科学者たちの秘密結社‘イルミナティ’の… このレビューの続きを見る

 イタリアへ旅行へ行ってました〜〜!行きの飛行機の中で、「天使と悪魔」を見てました。これは教皇が亡くなって、教皇の「漁師の指輪」をぶっ壊すシーンから始まり、ストーリーはコンクラーベ(教皇の選挙)… このレビューの続きを見る

最近読んだ本。ハリウッド映画化されているという、玄人受けしなそうな本ですが、かなり長くて読むのは・・・大変じゃなかったです。こういうハリウッド的な展開早い読み物は、軽くて読みやすいです。ダヴィンチコ… このレビューの続きを見る

天使と悪魔

02:50:By MneMe fragments

  ANGELS & DEMONS (2009) 監督: ロン・ハワード 原作: ダン・ブラウン 音楽:ハンス・ジマー 出演: トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド、ピエル… このレビューの続きを見る

最近読んだ本を。ダン・ブラウン「天使と悪魔」(上・下)角川文庫 「ダ・ヴィンチ・コード」で活躍したラングトン教授の流れ。 舞台はヴァチカンで、コンクラーベをして次の法王を決めるというときに 起きる殺… このレビューの続きを見る

本が出てたのは、確か数年前、映画化もちょい前だったような・・・本を読み終わる前に映画の誘惑に負けただんなさんの本を引き継いで、中と下を購入して読み始めました。(そういや友達Mさんも「途中まで読んだけど… このレビューの続きを見る

3.5

天使と悪魔

11:22:By

JUGEMテーマ:読書今さらですが、ダンブラウンの天使と悪魔を読みました。 ダヴィンチコードの前の作品という事ですが、ダヴィンチコードの方が先に 有名になったので、後みたいなイメージがあります。 宗教と… このレビューの続きを見る

見えないものを信じ人々の心に安らぎを与えてきた「教会」。 その進歩は目覚ましく神がかり的な現象と考えられていた事すらも、 方程式や論理で証明し続けてきた「科学」。 古代から「神」の存在を脅かす「科学」を… このレビューの続きを見る

 リヨンの友達から借りてきた。何年か前に同じ友達がダン ブラウンの「ダヴィンチコード」をくれて、すごく面白く読んだのを覚えている。やっぱりそうなるとうろ覚えながら「ダヴィンチコード」を読んだとき… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  「ダ・ヴィンチ・コード」を読んで以来、気になっていた小説です。 図書館で偶然見つけたので借りてみました。 あらすじはマリータさんを見習ってwikiから拝借。 ハーバード大学のロバ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 実家に置き忘れた『天使と悪魔』の上巻がやっと手元に届いたので、気になっていた続きを読み始めました。 ダン・ブラウンの小説は専門用語がやたらめったら出てくるイメージが強いです。 『ダ・… このレビューの続きを見る

3.5

天使と悪魔

22:53:By スイカ糖

 映画のユアンがステキだったので原作を読む。原作のほうがもっといいという話だったので・・・しかし読んでびっくり結構ストーリー違くないか。以下ネタバレ感想

内容紹介 タイムリミット殺人ゲームに挑むミステリー・アクション超大作! 【ストーリー】 カトリック教会の新しい教皇を選出するコンクラーベの開催が迫るヴァチカンで、候補者の枢機卿たちが誘拐される。 犯人… このレビューの続きを見る

『ダ・ヴィンチ・コード』と一緒に借りた3冊。正直あまり読む気になれずにいたのですが、目の前に活字が並んでいると読んでしまう病気なので結局最後まで読みきってしまいました。『天使と悪魔』は、『ダ・ヴィン… このレビューの続きを見る

3.5

読まねば〜

10:41:By こまめ知識の泉

 やぁ すっかり7月に入り半そでの日々を送っているこまめです。 さて、週末こまめは久々に映画を観に行ってきました。 そう!ずっと観たかったダヴィンチコード続編 天使と悪魔(クリックすると音注意) … このレビューの続きを見る

天使と悪魔(上)

00:53:By

 ちょうちょうちょうおもしろかった!!! ダ・ヴィンチ・コードよりも断然こっちのが面白い! 主人公と一緒に読者も混乱させて、徐々に物語の中に引き込まれていく。 そっから先は、ラストまでノンストップ。 やっぱり宗教美術と歴史はおもしろい。 個人的にカメルレンゴがだいすきです。笑

画像は原作本にしておきます。 いやーずっと見たくてなかなか忙しくていけなかった天使と悪魔をやっとこさ見てきました。 映画がはじめてなのでなんのネタバレもなく、先入観もなく、見てきました。 ダヴィンチコー… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:コスメ わたしって鈍感なんだろうか。 DONKAN でも違う気がするしー、やっぱり周りから見るのと、 自分から見るのって違う。 気になる…。 でも、真実を聞くのが怖い。 違ったら最高に笑えるネ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 久しぶりに映画を見に行った。 行きたい映画がないわけでは、ナイ。 ただ、悲しいかなお金がナイのだ。 …で、見に来た映画は、「天使と悪魔」。 まず、小説を読んだ。 面白いのだが、思うよ… このレビューの続きを見る

3.5

フフッ

21:53:By Sky Hine Memo

これやばい カルロさんに惚れた 以下ネタバレ、そして痛い

借りて、読んでます。読んでから、映画だと思うのです。ダヴィンチの時もそうでした。

ダヴィンチ・コードに続く2作目観てきました。 今回の舞台はイタリア 私の好きな国です 何で好きかって?? それは料理もドリンクもおいしいし、景色も素敵だし、 歴史的建造物もとても魅力的 まぁ〜それは置いと… このレビューの続きを見る

3.5

天使と悪魔

13:06:By ★LogBook★

JUGEMテーマ:本  おもしろかったーー カメルレンゴ素敵すぎる これをユアンが演じているのかと思うとドキドキするわ 最後に救いがあってよかったと思う。 じゃないと切なすぎる ってことで明日映画見に行ってきます

天使と悪魔。見てきてしまった。 1年とちょっと前ぐらいに小説を読んでチョー面白かったのを覚えてる。本屋でダヴィンチコードの原作者みたいなポップがついてて買ってみた奴。その原作を元に映画化された作品だか… このレビューの続きを見る

天使と悪魔

18:52:By 毎日中毒

うぬう、映画観たいぜ・・・!この前テレビでダ・ヴィンチ・コードやってたじゃないか、もうすっかりはまってしまったお^^^俺考古学とか西洋史とか大好き!

映画の前に、まず原作を読むべきよね!!と、思って即買いしましたそぅは言っても何だかんだとバタバタしててまだ上巻さえ読み終えてない状態でもダヴィンチコード同様、ぐいぐい引き込まれる感じがすごく好き宗教とか、難しい部分も多いけど、頭の悪い私でも読んでいて楽しいと思えるのが不思議早く映画も観たいけど、とりあえず頑張って読まなきゃだ

映画”天使と悪魔”が公開され、いろいろ周りでも話題になっていて、先日テレビで放送されていた”ダ・ヴィンチ・コード”を遅らばせながら観てみました。何か暗いし宗教とかよくわからんし、、という感じで敬遠してい… このレビューの続きを見る

 今日せっかく授業午後カットで部活無しだったのに生徒会あったよ!生徒会メンバーとは気が合うけどいくらなんでも今日はないよそんでもって今日はテストだったよん。眠いよーーー!朝4時起きして勉強しました!今日はたいして書くことnothingなので終わりにします(苦笑

3.5

天使と悪魔

11:51:By slowlearner

 「天使と悪魔」、映画の宣伝が凄いですね。 日常生活でほとんどTVを観ない私ですが、それでもCMの印象が残るというのがね。 街中を歩いていても、大きな広告を見かけたりして。 私にとって、ダン・ブラウン… このレビューの続きを見る

3.5

今日

20:25:By 野球ブログ

今日○年のMさんがなんかよかった。

「神はまちがいなく存在する、と科学は語っている。自分が神を理解することは永遠にない、とわたしの頭は語っている。理解できなくていい、と心は語っている」(本文より)  ハーヴァード大の図像学者ラングドン… このレビューの続きを見る

3.5

天使と悪魔

23:47:By pisce mode

  ちょっと[セブン]に似てるな・・・。 殺し方とか・・・ 映画の方なんですけど、まだDVD出てないので・・・。 今回もまた難解な言葉が・・・・覚えれませんでしたが・・・。 教皇とか教会とかイマイチピ… このレビューの続きを見る

昨日から公開されてますね〜映画「天使と悪魔」 映画に先駆けて原作を読み終えねば!!というわけで1週間かけて読み終えました 私としては長丁場でした 科学のことはちぃともわからんがなーー; でもなかな… このレビューの続きを見る

 昨日の「世界ふしぎ発見!」おもしろかった!!普段テレビにかじりつくなんてことないんですけどね。主人がぼ〜〜〜っと見ていた番組で、小学生時代最も気になった偉人「ガリレオ・ガリレイ」が登場してすっ… このレビューの続きを見る

ハーヴァード大学の図像学者ラングドンは、ある殺人事件をきっかけに、ガリレオが創設したという科学者達の秘密結社“イルミナティ”の大いなる陰謀に巻き込まれていく。数滴で辺り一面を焦土に還す反物質は、ローマ… このレビューの続きを見る

 今、必死になって読んでいるダン・ブラウンの小説。 映画も間もなく公開されますね。 ナニがすごいって、舞台がヴァチカンなコト。 誰も手も足も出せないじゃないですか・・・。普通。 宗教ってワタシには… このレビューの続きを見る

 ストーリー 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくローマへ旅立つ。 その秘密結社はヴァチカンをターゲットにしたある計画を実行に移そうとして… このレビューの続きを見る

天使と悪魔

16:29:By I SCREAM ***!

舞台は、ローマ、ヴァチカン。 ダヴィンチコードより、以前の話。 ガイドブックと地図片手に読んでみたくなる話である。 映画化されるらしい。 宗教の話を知らなくても、のめりこんで読めてしまう。 JUGEMテーマ:読書

1ヶ月ちょい前から読んでいましたが今日文庫版の上・中・下巻を読了しました。 (以下ネタバレ&感想含みます)

3.5

天使と悪魔

00:18:By ◆Ruri+Hari†◆

天使と悪魔 ダン・ブラウン 角川文庫 ロバート・ラングドンのシリーズ第1弾。 「ダ・ヴィンチ・コード」の前作となります。でも読む順番はあまり関係ないもよう。ハラハラ度ではこっちのが上?そしてどっ… このレビューの続きを見る

ダン・ブラウンによるベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」の前の事件を描く「天使と悪魔」を再びロン・ハワード監督&トム・ハンクス主演で映画化。 イタリア・ローマ、バチカン市国を舞台にロバート・ラ… このレビューの続きを見る

 折しもヴァチカンは新ローマ教皇選挙会の当日。だが、次期教皇候補四人が揃って失踪していた。そこへイルミナティを名乗る人物から電話がかかる。かつて科学者を迫害した教会への復讐のため、教皇候補を一時… このレビューの続きを見る

今年も残り少なくなってきました。 日々のあわただしさ(ほとんど仕事がらみだよ)で、時が過ぎるのもアッというまでした。 本、あまり読んでいなかったかなぁ〜とふりかえりつつ、選びました3冊 どれも、0… このレビューの続きを見る

「天使と悪魔」ダン・ブラウン著 「ダ・ヴィンチコード」のロバートラングドン教授が主役の小説です。 今回紹介してる小説は、実は「ダ・ヴィンチコード」の前に出版されていた本なんです。 ということは、ロバ… このレビューの続きを見る

職場の同僚が 「『ダヴィンチ・コード』以上です!」 というので、読んでみました。 何よりダヴィンチ・コードを読んで、 イコノロジーの本まで読んでしまった私です。 たしかに、話の切り返しやら疾走感… このレビューの続きを見る

「ダ・ヴィンチ・コード」のラングドン・シリーズ第一作! ハーヴァード大の図像学者ラングドンは スイスの科学研究所長から連絡を受け、ある紋章についての説明を求められる。 それは失われた秘密結社の伝説の… このレビューの続きを見る

ずいぶん前に買って読まずに放置で、最近になってようやく読んだところ・・・ すごくおもしろかった!! 主人公は「ラングドン教授」です。 これは「ダ・ヴィンチ・コード」以前の作品 舞台はローマ(… このレビューの続きを見る

なかなか時間がとれずに、やっと読み終わりました この作品は以前にも紹介しましたね。ダ・ヴィンチ・コードでお馴染みのダン・ブラウンの著書。ラングドンシリーズの1作目になります ダ・ヴィンチ・コードはシ… このレビューの続きを見る

天使と悪魔

23:10:By

今、読んでます。 「ダビンチ・コード」が続編で、一つ前のラングドンシリーズって感じです。 コンクラーベが題材で、面白いよ。 本当にこの世界はこんなにもドロドロとしているのかしら・・・ まぁ、ちょっとぐ… このレビューの続きを見る

まだ中の途中ですが・・・。 ダン・ブラウンは昨年だっけか?のダ・ヴィンチ・コードを書いた人ですね。 ダ・ヴィンチ・コードは図像学者であるラングドンのシリーズの第2弾で、今回紹介するこの作品が第1… このレビューの続きを見る

家守奇譚を読み終わったので、また読み始めた「天使と悪魔」 終わりを知ってるので、あの終わりに近づきたくないと思いつつ、 つい読んでしまう。 ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの彫刻を見るためにイタリ… このレビューの続きを見る

【あらすじ】 ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは17世紀にガリレオが創設した科学者たちの秘密結社‘イルミナティ’の伝説の紋… このレビューの続きを見る

ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。 それは十七世紀にガリレオが創設した科学者たちの秘密結社“イルミナティ”の伝説の紋章だった。 … このレビューの続きを見る

相変わらずアトリビュートだの象徴だのが好きで、初めの難しい物理の話はスルーしながら読みました。 西洋美術を見るにあたってキリスト教の知識が多少なりともあるのは有利なことだと再確認いたしました。 先頃行われたコンクラーベもニュースで見ていたからそれなりに面白かった。やっぱりヨーロッパ行きたいわぁ

だいぶブームから遅れた。 上中下と一気読み。「ダ・ヴィンチ・コード」より面白かった。 話の根底には科学と宗教の対立構図があるわけだけど、 僕みたいに宗教に関心が薄いと、あまりシンパシーを感じられな… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品