DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 冷静と情熱のあいだ Rosso - 江國 香織 のレビュー全35件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)
冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

冷静と情熱のあいだ Rosso

おすすめ!3.4 [3.4](35件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:26790位
  • Amazon価格:¥ 280
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043480032(KADOKAWA)
冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(35件) 3.4 [3.4]

太陽の宝石

23:13:By ひつじの雑記

 日傘の影って、アサガオみたいだ。アスファルトに、くっきりと映る黒いアサガオ。それを背負う彼女。太陽がぶちまけた微細な宝石に包まれて、つっ立っている。うん。白が似合う女の子だ。長くて細い髪。白い… このレビューの続きを見る

 今日買ったもの・集英社文庫『なつのひかり』江國香織・角川文庫『こころ』夏目漱石・角川文庫『銀の匙』中勘助・角川文庫『高野聖』泉鏡花『なつのひかり』は、21歳の女の子のお話。21歳の夏に、読まなくち… このレビューの続きを見る

3.4

生きてます

18:39:By Wallflower

 生きてます!日記とか更新しないでごめんなさい私は毎日元気についったーに引きこもってます…(^p^) イベントの新刊の情報載せてないですね、支部さんの方には上げたんですが…(言い訳言い訳) 来月の僕ヒに… このレビューの続きを見る

秋になると江國香織が読みたくなる。 甘いのに、しつこくない。でもどこか物悲しい。 そんなところが好きなんだと思う。 「冷静と情熱のあいだ」はblueを読んだ印象が強くて、roseは読んだのかどうかいつも 忘… このレビューの続きを見る

思い出すのはツライ。でも恋しいあなた。 『冷静と情熱のあいだ Rosso』 江國香織 10年くらい前(?)に映像化されていた気がします… 辻仁成さんの『冷静と情熱のあいだ Blu』が対になった作品として出版さ… このレビューの続きを見る

恋人同士のはずなのに、男と女ではひとつの恋愛を全く違う風に感じている――。 そんなことを教えてくれる、二冊で一冊の本。 映画にもなりましたよね。 読むのは二回目のはずなのに、新しい発見がたくさんた… このレビューの続きを見る

■宝箱に蓋をして鍵をかけてしまったアオイ■ 久しぶりに物語を読んだ。イマサラ?と言われても仕方のないくらい有名で、映画化されている作品でもある。作家は江國香織氏。Rossoと呼ばれるバー ジョンだ。女性の目… このレビューの続きを見る

私、映画三昧ともいいましたが、読書三昧な状態でもあります。 いやぁ、ビバ暇。といっていると、映画2本の音楽のプロデューサーをしてる、としおに怒られるのですが。 「曲作りに励みましょう!」って。いやぁ、曲… このレビューの続きを見る

Rossoが江國香織さんで、 Bluが辻仁成さん。 連載だということですが、 どうやって連載したのでしょうか。 交互に? 恋愛物語です。その恋愛を あおい(女性)からみた話がRossoで、 順正(男性)から見た… このレビューの続きを見る

日付弄り再々読。アオイの生活が好き。怠惰で、時間の流れから外れている生活。静かで、寂しくて、切ない。

A嬢の好きっぽいジャンルはなんとなくはわかるんだけど、一番悩みました。 本がいいのか、それとも漫画か、はたまた映画なのか。 今日一日考えたけど、果たしてこのチョイスで良いのか自信ないなぁ。。 ベガスの恋… このレビューの続きを見る

ずーーーっと前。ずうううっと前に買った文庫本。竹野内豊が好きで映画も見たけど、あんまり印象も残っていなかった「冷静と情熱のあいだ」はやりましたね。これ。昔。でも、原作は読まずに本棚に潜んでおりました… このレビューの続きを見る

● 「どうしてなんだ。どうして閉じこもる。  責めてるわけじゃない。ただ話して欲しいだけだ。」● 「僕は君の人生に、まるで影響しないんだ」 ● ──会いたかった そして、私はそれをようやく言うことができた。… このレビューの続きを見る

 辻仁成とコラボの「赤」ver。女性視点を江國さんがかいています。 前半とかすごくゆったりとしていて、ゆるゆると読みました。おかげで結構時間かかってしまった^^;湿気とか蒸気とか、そんな気だるい様な雰囲… このレビューの続きを見る

男性版を読んであまりいい感想を持てなかったから、女性版もあまり期待せずに読み始めたのですが、やっぱりダメでした★余計なコトを思い出さされて、すごく気持ち悪くなるし、息詰まりそうになるし、泣きそうになる… このレビューの続きを見る

再読。アオイの生活に憧れる〜あおいではなくアオイ。流れる時間の外側で生活しているのです。でも少しは流れ出したかな…

JUGEMテーマ:アート・デザイン ■宝箱に蓋をして鍵をかけてしまったアオイ■ 久しぶりに物語を読んだ。イマサラ?と言われても仕方のないくらい有名で、映画化されている作品でもある。作家は江國香織氏。Rosso… このレビューの続きを見る

激しい風が吹いた。アメリカ人らしき女性が被っていた鍔広の帽子が宙を舞い、それを追いかけるように何人かが団体から離れて飛び出した。

好きだー文章と雰囲気が好き。怠惰。いいなぁ。

江國香織さんが好きで購入。 男の視点と女の視点とで別々に本を出すというのが面白いと思ったのだけど、 結局読んでいない。恋愛小説が得意ではないからかも。 JUGEMテーマ:小説全般 

男性版を読んであまりいい感想を持てなかったから、女性版もあまり期待せずに読み始めたのですが、やっぱりダメでした★余計なコトを思い出さされて、すごく気持ち悪くなるし、息詰まりそうになるし、泣きそうになる… このレビューの続きを見る

ミラノのドゥオモでの再会を約束したかつての恋人たち。 この物語を女性の視点で描いた甘く切ない恋愛小説。 (男性の視点は青い表紙で、辻仁成さんが書いています。) 主人公・あおいは過去にとらわれていないかのようにふわふわと 生きていています。10年たっても忘れられない恋は、 美しいけれど哀しいのではないかと思いました。。

JUGEMテーマ:読書  あのね、約束してくれる?     どんな?  私の30歳の誕生日に、フィレンツェのドゥオモのね、クーポラの上で待ち合わせをするの、どお? 初・江国さんです。  超・有名な作品。 … このレビューの続きを見る

男女のあり方、付き合い方について考えさせられる本。 一緒に居るということは踏み込むことではない。 マーヴ達は結局別れることになったし、 彼女は未だ日本の彼を想う。 バラバラで 惹かれあって ばらばらで。 それでも、仕方ないとは思わせない文章。

冷静と情熱のあいだ 読んだよォなんか2つで1個のお話しってのがかわいぃよね´艸`*)ε3。゚ε3 もっとロマンチストになろォとおもうこないだ、運命の人はいるか?て話しになって運命のひとはあとあとこの人運命の人だって気づくものなんぢゃないか出会ってすぐに思い込むもんぢゃないみたいですよォ運命の人募集中☆ 笑たぶんこーゆーのいらないんだよね  きっと 笑

今読んでいます〜 映画は見た事あったけど、 本は初めてです〜 映画の雰囲気がとても好きで、また観たいなぁとか思っていたり。。。 やはり、江國さんの醸し出す雰囲気がとてもいい作品ですね〜 幸せだけど、何だかせつない・・・・ っていう雰囲気が読んでいる方も切なくなってきます。。。。 おすすめでーーーす

雨の午後に読むならこれしかないだろう、と思って

★★★★☆ 大学時代読んだ本。 トンネルが通って風が抜けるような感覚が新鮮で、何回か読み返し、対になっているBluとのリンクを探した。 2000年はまだ21世紀ではないけれど、それを気にしなければなかなか… このレビューの続きを見る

幼少期を過ごしたミラノで、 新たなパートナーに愛される平穏な日々を送っていたあおい。 しかし、東京時代の友人の訪問をきっかけに、 彼女の生活は少しずつ変化していく。 今さらシリーズ第2弾。 ともかく文章が絶品。 繊細に揺れ動くあおいの心模様がたまりません。 冷静に考えるとかなり身勝手な女性ですが。 あんな結末もありえないと思いますが。

江国かおり、初めて読んだ。 文章の感じ、いいねえ〜。 次は青です。

悲しい物語だった。 マーヴという完璧な恋人がいるあおいは、 大学時代に付き合っていた順正のことが忘れられない。 壊れそうに幸せな生活の中で、日ごとに膨らんでいく順正への想い。 それは強く、大… このレビューの続きを見る

...............................  穏やかな恋人と一緒に暮らす、静かで満ち足りた日々。これが私の本当の姿なのだろうか。誰もが羨む生活の中で、空いてしまった心の穴が埋まらない。10年前のあの雨の日に、失… このレビューの続きを見る

ひとつの物語を女性の視点と、男性の視点からそれぞれ描いた作品。こちらは江國香織が書く女性(あおい)の視点から綴る、赤の物語。 舞台はイタリアのミラノ。あおいは、優しくて、穏やかで、完璧な恋人マーヴ… このレビューの続きを見る

阿形順正は、私のすべてだった。 あの瞳も、あの声も、ふいに孤独の陰がさすあの笑顔も。 もしもどこかで順正が死んだら、私にはきっとそれがわかると思う。どんなに遠く離れていても。 二度と会うことはなくて… このレビューの続きを見る

関連する商品