>
[Amazon] 太陽の子 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

太陽の子 (角川文庫)
太陽の子 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

太陽の子

おすすめ!3.9 [3.9](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:4165位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 21
  • ISBN/ASIN:4043520107(角川書店)
太陽の子 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.9 [3.9]

JUGEMテーマ:読書子供の志望校の過去問で扱われた作品です。著作権の問題から問題に本文が掲載されておらず、図書館で借りてきて、子供が夢中になって読んでいたので私も読んでみました。神戸に住むふうちゃんの両… このレビューの続きを見る

ふうちゃんは、神戸生まれの女の子。 おとうさんとおかあさんは沖縄出身で、神戸の下町で琉球料理の店 「てだのふあ・おきなわ亭」 を営んでいる。 やさしい常連さんたちに囲まれて明るく育ったふうちゃんだが、… このレビューの続きを見る

神戸の「てだのふあ・おきなわ亭」を舞台に、沖縄の悲しい歴史を辿る。 「てだのふあ・おきなわ亭」の12歳の娘ふうちゃん。明るく屈託が無く、物事を真剣にまっすぐにとらえようとする。 「ふだのふあ」には沖… このレビューの続きを見る

太陽の子

16:45:By raibowrain's diary*

沖縄は第二次世界大戦下の日本で上陸戦があった数少ない土地。 (一応硫黄島でも上陸戦はあったので唯一ではない。) だけど他県の人にとってははっきり言ってあんまり実感も感心もない話。 でもこの本を読ん… このレビューの続きを見る

太陽の子

11:56:By Every day of me.

太陽の子…涙ナシでは読めません!! 神戸生まれの神戸育ち、小学6年生のふうちゃん。 そのふうちゃんのお父さんとお母さんは沖縄出身。 神戸の下町で、琉球料理の『てだのふあ・おきなわ亭』というお店を営ん… このレビューの続きを見る

太陽の子 (角川文庫)

14:08:By

てだのふぁ ふうちゃん 私が知ってるようで知らなかった沖縄の人たちのお話。 沖縄出身というだけで様々な差別を受けながら でも明るくたくましく 毎日を生きている キラキラ輝く人と人とのつながり 私… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 これはもう名作です。 知っている方も多いと思います。 かなりありきたりな感想だけど、 主人公のふうちゃんがとっても素敵で、 ほんと太陽の子。 沖縄と戦争のことが大きな鍵になって… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品