>
[Amazon] アラビアの夜の種族 III (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アラビアの夜の種族 III (角川文庫)
アラビアの夜の種族 III (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

アラビアの夜の種族 III

おすすめ!3.6 [3.6](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:243358位
  • Amazon価格:¥ 792
  • ユーズド価格:¥ 35
  • ISBN/ASIN:4043636059(KADOKAWA)
アラビアの夜の種族 III (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.6 [3.6]

【古川日出男 角川文庫】 ファラーとドゥドゥ姫のくだりあたりがどうも読んでて楽しくなくて減速してました。 急に文章が砕け過ぎる。同じことがサフィアーンのパートでも言えるのだけれど。 ファラーと魔王… このレビューの続きを見る

 ナポレン率いるフランス軍が迫り来るエジプト。それに対抗すべく用意された策はたった一つ、極上の献上品。読む者を破滅に導くという 『災厄の書』 。支配階級奴隷アイユーブの術計により、カイロの片隅で毎夜密… このレビューの続きを見る

アラビアの夜の種族

18:21:By 受賞本

 アラビアの夜の種族  著者 : 古川日出男  受賞歴 : 第55回日本推理作家協会賞 受賞         第23回日本SF大賞 受賞

一冊の本を巡るお話。 その本の中でも一冊の本ができあがって話が進む。 どんどん展開する話にぐいぐい惹きこまれて、現実に戻ってこれないぐらい面白かった! 語っていること自体は現実にはないお話だけど、でもそんなことは感じさせないぐらいすごかった。翻訳ってことにかなり言及してたけど、でもそんなのどうでもいいよね。 あとがきもよかったなー。

奴隷アイユーブは毎夜、語り部の許に通い続ける。誰をも魅了する「災厄の書」を作成するために。夢に飲み込まれるのは誰か。 長かったー! この語り口に慣れなかったせいもあるけど、四日もかかって読みました… このレビューの続きを見る

関連する商品