DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 疾走 上 - 重松 清 のレビュー全19件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 疾走 上 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

疾走 上 (角川文庫)
疾走 上 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

疾走 上

おすすめ!3.7 [3.7](19件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:106152位
  • Amazon価格:¥ 679
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:404364602X(角川書店)
疾走 上 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(19件) 3.7 [3.7]

3.7

疾走

15:06:By k.mのレビュー

主人公をはじめ、登場人物の多くが不幸になっていく。そう追い込んでいく非道な周りの大人達や環境。個人的には大好きな部類の内容です。人がどんどん、何処までも堕ちていく、なにも救いが無い。これが、下手に読… このレビューの続きを見る

3.7

疾走

00:04:By ほんのひとこと

干拓地のある町に住むシュウジは秀才の兄のシュウイチの陰で父と母と普通の暮らしを送っていた。歯車が狂いだしたのはシュウイチが高校に入ったからか、干拓地のリゾート開発計画が持ち上がったからか。難易度の高… このレビューの続きを見る

 今までの重松清の作品を頭に入れて読むととんでもなく裏切られる。最初から最後まで救いのない作品だ。読むのが辛いのだけれども同時に彼の人生を見届けたいという思いでまた一ページ、一ページと捲ってしまう。心の中にどしん、と重くのしかかる石。傷口を抉るように繰り返される。暗い、深い、闇。目を逸らせない。色んな意味で衝撃の作品でした。正直2度は読みたいとは思わない。でも、忘れることはできない作品。

JUGEMテーマ:読書JUGEMテーマ:小説全般  天才―。 この言葉は使いたくない。 だって誰しもが、生まれ持った才能だけで生きているわけではないから。 だけどこの本を閉じて、いや閉じる前から、脳裏を走っ… このレビューの続きを見る

3.7

かいもの。。?

22:23:By for you...

↑のせてみた! 怖いよ… どぉっぉぁぁあわぁああーーー!!( とってきたど! 買ったど! わぁあぁぁぁああ← 七夕祭り通、初回とテゴマスのうた通とってきたよーー!! 疾走かったよー!! 雑誌かってき… このレビューの続きを見る

3.7

15冊目

21:21:By ただの日記

痛い。 痛すぎて・・・ でも、最後まで読まずにはいられなかった。

3.7

疾走 上 (角川文庫)

23:45:By flowbar

犯罪者を家族に持つ家の男の子の話。 トラブルが起こっているときに 一番最初にやらないといけないのはたぶん、あるていどおおごとにすること な気がします。 ものごとにもよるんだけどさー。全部が全部そう… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ずいぶんまえに買った本をやっと読んだ。 重松さんの本は、 あの「流星ワゴン」からなので・・。 ふと読もうとしたところ、 「暗くて エロくて、 グロかった」 という簡単な感… このレビューの続きを見る

3.7

疾走 上 (角川文庫)

18:52:By Sign

しんどい。でも主人公に起こっている出来事なんて、いつでも身近な所で起こりうる。結局人生は双六。自分がいままでどれだけサイコロの目に恵まれてきたか。

重い。 でも読んでしまった。 映画になってるらしい。 ちょっと見てみたいと思った。 読んでる途中からずっと映像で頭に入ってきた。 変わった文章で、別に詳細に風景を述べてるわけじゃなく、感情(心象)的に進んでいくんだけど、なんか不思議と映像でずっと頭に流れた。 感動ではないけど読み終えるとふと15才なんだよなぁって思った。

広大な干拓地と水平線が広がる町に暮す中学生のシュウジは、寡黙な父と気弱な母、地元有数の進学校に通う兄の四人家族だった。教会に顔を出しながら陸上に励むシュウジ。が、町に一大リゾートの開発計画が持ち上が… このレビューの続きを見る

3.7

疾走 上

16:42:By Phantasmagoria

『ナイフ』でのマイナス印象からのスタートにしては読めたけど、ううん、なんかなあ。やっぱ鬱展開なのがなあ。 最後の一行は面白かった。 わたしは絶望している。

3.7

疾走 上 (角川文庫)

22:32:By shop69

広大な干拓地と水平線が広がる町に暮す中学生のシュウジは、寡黙な父と気弱な母、地元有数の進学校に通う兄の四人家族だった。教会に顔を出しながら陸上に励むシュウジ。が、町に一大リゾートの開発計画が持ち上が… このレビューの続きを見る

今年初となるフットボールの練習に昨日参加してきた。 去年の最終戦以来となるから2ヶ月近いブランクだろうか。 軽く筋トレ程度はしていたが、走ってはいない。 山登りはしたがやはり走ってはいない。 しか… このレビューの続きを見る

『疾走』 上 (角川文庫) 重松清

以前上巻のみ読んだ事があったが、全部読みたくなったので読み直し。 相変わらず心にくる。重く鈍い何かが突き刺してくる。 今度は逃げずに下巻まで一気に読む。

どこかの書評で、 東野圭吾の『手紙』と同じく、 犯罪者の家族を描いた作品で この『疾走』は、すくいがない! とあり興味を持ちました。 すくいがない! 確かに、すくいがない! ここまで堕ちるか!とい… このレビューの続きを見る

血となり、肉となり

01:40:By

優秀だったお兄ちゃんが落ちぶれて犯罪者になって、お父さん夜逃げして、お母さん博打にはまって、逃げて逃げて逃げて。 どうしようもなく暗いし、艶かしいし、でもその中に不思議と穏やかなものを感じる。 下巻… このレビューの続きを見る

..............................  広大な干拓地と水平線が広がる町に暮す中学生のシュウジは、寡黙な父と気弱な母、地元有数の進学校に通う兄の四人家族だった。教会に顔を出しながら陸上に励むシュウジ。 だ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品

  • ビタミンF

    ビタミンF

    JUGEMレビュー件数:13

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 卒業

    卒業

    JUGEMレビュー件数:10

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 定年ゴジラ

    定年ゴジラ

    JUGEMレビュー件数:5

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 疾走 下

    疾走 下

    JUGEMレビュー件数:9

    Amazon評価平均:評価平均35