>
[Amazon] ラスト・イニング (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ラスト・イニング (角川文庫)
ラスト・イニング (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

ラスト・イニング

おすすめ!3.4 [3.4](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:62923位
  • Amazon価格:¥ 514
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043721080(角川グループパブリッシング)
ラスト・イニング (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.4 [3.4]

【あさのあつこ 角川書店】 『バッテリー』のその後を扱った短編が二編です。 その後は読みたいような読みたくないような複雑な気分でしたが、彼らはまだ成長しているのだなぁと感慨深いものがありました。 「マウンドへと」 あの最後の試合の直前の様子です。 みんな好きじゃ。  

ラスト・イニング

19:19:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  あの「バッテリー」のその後の話。 描かなくても良いのに、と思うのだが、書かないとえらい目に遭うってくらいの燃え上がりだったからなあ。

 バッテリーの続編とも言えるサイドストーリー。瑞垣俊二の視点で語られる、横手2中と新田東中のラストゲーム。バッテリーでは、プレイボールで終ってしまったけど、それが好かった。勝ったのか負けたのか。打… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書あさのあつこさんの『バッテリー』の番外編的な一冊。 『バッテリー』は、新田東中の天才バッテリー、巧と豪の立場から描いた作品だが、この作品はライバルでもあり強豪校でもある横手二中の天才… このレビューの続きを見る

夏が近づく季節になると、野球という単語が頭の中を駆け巡る おそらく「甲子園」という日本の夏の風物詩というのが僕の頭の 一部に存在しているからだろう 一昨年くらい前にあさのあつこ著「バッテリー」という… このレビューの続きを見る

永遠のベストセラー『バッテリー』を、シリーズ屈指の人気キャラクター・瑞垣の目を通して語った、彼らのその後の物語。…らしいです。(○マゾン調べ) なにを思ったか書き忘れていました。もうもう!!!あさの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/4/15〜2009/4/18 [文庫裏表紙より] 新田東中と横手二中。運命の再試合の結末も語られた、ファン待望の一冊、ついに文庫化!高校生になって野球を辞めた瑞垣。巧との対決を… このレビューの続きを見る

バッテリー

20:51:By いくのよ

あさのあつこ著「ラスト・イニング(文庫本)」収録「炎陽の彼方から」 感想 ※大いにネタバレ注意報発令中※ _

JUGEMテーマ:小説全般  内容(Amazonより) 新田東中と横手二中。運命の再試合の結末も語られた、ファン待望の一冊、ついに文庫化!高校生になって野球を辞めた瑞垣。巧との対決を決意し、推薦入学を辞… このレビューの続きを見る

どこかの本屋でふと見つけて購入。あの試合はどうなったんだろう。どうやら新田東が勝ったらしい。そんな「その後」な一冊。でも、でもね。私、これは好きじゃありません。表現がくどいし、子供が読むには難しい言… このレビューの続きを見る

瑞垣くんはヒネ方がすばらしくワタクシの好みです。そして門脇くんは本当によいこだ。素直でまっすぐ、むしろ愚直、自分不器用ですからという。青い春だねえ。 しかし巧と豪の話になると俄かに野球が絶対に負けな… このレビューの続きを見る

いちばん読みたいものをまさか作者が書いてくれるなんて! バッテリーのキャラクター瑞垣視点によるその後の物語。 少年達の選んだ、道。 まだまだ続くその最中の道。 瑞垣はバッテリーで一番好きなキャラク… このレビューの続きを見る

関連する商品