>
[Amazon] 雷桜 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

雷桜 (角川文庫)
雷桜 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

雷桜

おすすめ!3.5 [3.5](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:130794位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:404373901X(角川書店(角川グループパブリッシング))
雷桜 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.5 [3.5]

3.5

雷桜

04:37:By リリィの読書記録

江戸から三日を要する山間の村で、生まれて間もない庄屋の一人娘、遊が、雷雨の晩に何者かに掠われた。手がかりもつかめぬまま、一家は失意のうちに十数年を過ごす。その間、遊の二人の兄は逞しく育ち、遊の生存を… このレビューの続きを見る

雷桜

16:07:By お疲れ専業ママの野望

夏休みは、落ち着かない ムスメが、友達と遊びに行ったかと思ったら、なにかとうちに戻ってくる・・・ 今日も、ムスメの友達が、遊びにきていたので、騒がしかったー 【雷桜 [ 岡田将生 ]】見ました   JUGEMテーマ:最近みた映画   アマゾン  

3.5

雷桜

22:03:By くねくね式

映画の予告を見てなんかいい感じと思っていたら、原作者をみて絶対読みたい!と。 小さいころにさらわれて山で育てられた遊と徳川将軍・家斉の十七男である斉道の一瞬の恋のお話です。 なかなか出会わないし、もう、本当に一瞬の恋。 またそれがたまらないです!!

雷桜というさくらの木があった・・・ そして・・雷の日に・・かわいい赤子がさらわれた・・ 彼女のさらわれたその事件には・・・ある陰謀が・・ そして・・大きな謀略が待ち受ける・・ たとえ一緒に暮らせなくても… このレビューの続きを見る

お遊と斉道のラブストーリーがいいのだとすすめられたけれども、私はどちらかというと、お遊の兄・助次郎に一番共感をおぼえた。それぞれの気持ちが慮れて、いろいろな切なさが織り込んであって味わい深い作品でした。これだけで満足できたので、どうだろう映像はテレビで放映があったらみるかもしれないが、キャスティングには興味が生じないため・・・桜がどのようなのか見たいくらいかなぁ。

物語の中の情景の表現が素晴らしいと聞いて、とにかく映画を見る前に読みたいと思い、手に取った【雷桜】。ホントに素晴らしかった。本を読み終わったら映画も見ようと思ったけど、 見る必要がなくなるほどの圧倒… このレビューの続きを見る

早速読んでみましたが、久々に感動・・・の一冊でした。 登場人物それぞれの人情というものが切なく、そして哀しいものではあるけれど 大自然の中で繰り広げられるストーリーは とても美しく、すべてが心の奥に残ってゆきます。 原作を読んで、映画も観てみたくなりました。 http://raiou.jp/index.html (でも・・映画館で涙が止まらなくなりそうです・・・。)

雷桜

22:52:By 読めば読むほど

角川 雷桜 宇江佐真理 ☆ 泣 江戸から3日を要する山間の村で、生まれて間もない庄屋の一人娘・遊が、雷雨の晩、何者かにさらわれた。手がかりのつかめぬまま、一家は失意の11年を過ごす。遊の生存を信じる次兄… このレビューの続きを見る

Asuka 8月号

20:45:By 読めば読むほど

Zone-00連載始まった〜 照れる魔女が可愛かったね。 んでもって、まさかのツッキー!!でした。 言われてみれば?そんな顔だわ。 私も犬猫同様見かけに騙されて・・・(笑) 桃組お休みだったのね・・・残念! 付録… このレビューの続きを見る

3.5

雷桜

09:29:By Dimanche

  読書エンジンがかかってきました。 これは、岡田将生×蒼井優で映画化されるので、読んでみました。 時代小説で、ロミオとジュリエットばりの悲恋ということでしたが、いやいや、たまりません。 これを岡田… このレビューの続きを見る

雷桜

08:12:By 受賞本

 雷桜  著者 : 宇江佐真理  受賞歴 : 第123回直木賞 ノミネート

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品