>
[Amazon] 長い腕 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

長い腕 (角川文庫)
長い腕 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

長い腕

おすすめ!3.4 [3.4](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:523557位
  • Amazon価格:¥ 649
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043746016(角川書店)
長い腕 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.4 [3.4]

ゲーム制作会社を辞める直前、汐路とすれ違った同僚が上司とともに転落死した。同僚の机には謎のアニメキャラグッズ「けいじろう」が。また、辞めてから帰る予定だった田舎も物騒なことに多くの人が死んだり、殺人… このレビューの続きを見る

*あらすじ* 新人作家の登竜門たる、第21回横溝正史ミステリ大賞を受賞した話題作。 ゲーム製作会社に勤務する主人公は音楽と読書、そして孤独を愛する女性。現在の仕事に大きな不満はないが、同じ場所に居… このレビューの続きを見る

<< あらすじ >> ゲーム制作会社で働く汐路(しおじ)は、同僚がビルから転落死する瞬間を目撃する。衝撃を受ける彼女に、故郷・早瀬で暮らす姉から電話が入る。故郷の中学で女学生が同級生を猟銃で射殺する… このレビューの続きを見る

3.4

長い腕

11:47:By つれづれ読書日記

JUGEMテーマ:読書  テーマは「歪み」あちらこちらが歪みまくっています。物質的にも精神的にも。ネット社会の犯罪かと思いきや、歴史的な日本家屋から発する遺恨だったりなかなか複雑な様相を見せる展開で… このレビューの続きを見る

『長い腕』 読みました。これはひどい。横溝正史ミステリ大賞 は、おもしろさの基準にならないことがよくわかった。びっくりするほど稚拙な本ですよ。ストーリーもキャラクターも演出も文体もひどい。ただのゲー… このレビューの続きを見る

神保町の三省堂でオススメされていたので、なんとなく購入。ゲームのことはちょっとわからないことも多かったのですが、そういった、パソコンやメールなどの現代的な面と一方で“家”のことだったり、旧いしきたり、因襲であったりと、その両極端なもののギャップが面白かったです。タイトルの“長い腕”。著者が作品のタイトルをどのようにつけるのか。どんな意味を持たせてつけるのか。いろいろ想像してしまいます。

 川崎 草志「長い腕」読了しました。 書評・レビュー ゲーム会社からの辞職を間近に控えた島汐路は、別の開発チームの同僚二人の転落死を目撃する。また汐路の故郷早瀬町で、従姉が担任する中学生が同級生を… このレビューの続きを見る

3.4

長い腕 (角川文庫)

20:02:By 7話目

地元が出てくるのとホラーな雰囲気に惹かれて買いました。 ネタの○全体が歪んでいるとか面白いなと思いました。 終盤の主人公が○家に忍び込んでからが怖かったです。○○が凶器を持って探しに来るところなんてもう…… このレビューの続きを見る

3.4

長い腕 (角川文庫)

23:39:By Kaleidscope

ゲーム制作会社に勤める島汐路は、 同僚の転落死に疑問を抱く中、自分の故郷の犯罪率の高さを発見する。 退職を機に自分の故郷に帰り、真相を探る。 第21回横溝正史ミステリ大賞受賞作ということで、そこそこ面白かった。 読んでいて先の展開を早く知りたいと思わせるような魅力があったり、 テーマの「歪み」の影響と結果がしっかりされていた。

島汐路が勤めるゲームソフト会社で無理心中事件が起きた。会社の屋上から宇賀神と木崎の二人が飛び降りた。木崎の仕事机には奇妙な人形が100個以上並べられていた。怨霊から身を守る護符ような机に汐路は違和感… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想