DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed アーモンド入りチョコレートのワルツ - 森 絵都 のレビュー全27件 JUGEMブログ

>
[Amazon] アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

アーモンド入りチョコレートのワルツ

おすすめ!3.7 [3.7](27件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:19725位
  • Amazon価格:¥ 473
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043791011(角川書店)
アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(27件) 3.7 [3.7]

JUGEMテーマ:読書私が小学生の頃、進学塾の国語の問題で使われた作品の続きが読みたくて両親に本を買ってくれるようねだった物でした。子供も今同じ様に本を主人に買ってくれるようにお願いしています。そして、こ… このレビューの続きを見る

子供の頃、ちょうど中学生くらいの。そのころの私はちゃんと学生も子供もしていなかったので夢が現実かの境目のような感覚をあんまり体験できなくて今も思い出になっている事が少ない夏休みの音楽室へ所属していた… このレビューの続きを見る

アーモンド入りチョコレートのワルツ 森絵都3編のお話が入った短編集。それぞれのお話に1曲ずつテーマの曲があります。シューマン「子供の情景」、バッハ「ゴルドベルグ変奏曲」、サティ「童話音楽の献立表」。私… このレビューの続きを見る

森絵都の「アーモンド入りチョコレートのワルツ」。 とてもとても、可愛らしく素敵なお話です。 中学生、ピアノ、ちょっと変わったピアノの先生、 かなり変わった異邦人、そしてダンス。 中学生だと自分の力ではど… このレビューの続きを見る

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫) [文庫] 森 絵都 (著) 読了。 短編3作が収録されとるんぢゃが、よかったのは表題作ぢゃの。 他の2作はどうもピンとこん。 全作中学生が主人公という… このレビューの続きを見る

ド、きみは、ド、・・ド・・・ドロシーじゃないか。ひぃはぁひぃはぁぜぇぜぇ。 こんな素敵写真をみつけちゃって姫もしあわせでございます。わたしの青春、にまだまだ辿り付かないまめつぶまいぱんのころの大事な… このレビューの続きを見る

 「カラフル」を読んでから、この人の本好きだなあと思い、読みあさっていたところ、。『アーモンド入りチョコレートのワルツ』もその流れで、タイトルに惹かれて、購入。アーモンド入りチョコレートのワルツ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  ちょっと前に読みました。 私的にヒットだったのが、不眠症の男の子と虚言癖のある女の子のぉ話。 ぃゃー、最後胸がきゅんとしたぁ。この男の子、かなりいぃ男やで!!!!!!って思… このレビューの続きを見る

 アーモンド入りチョコレートのワルツ  著者 : 森絵都  受賞歴 : 第20回路傍の石文学賞 受賞

読んでから少し時間があいてしまった。確か買ったのは祭りの日だから、5月9日。髪を切って、本屋に行って、前日までの1週間のヘトヘトをとりたくて、いつもならしないけど1人でランチをしてみた。平日、ずっと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 出版社 / 著者からの内容紹介 十三・十四・十五歳。きらめく季節は静かに訪れ、ふいに終わる。シューマン、バッハ、サティ、三つのピアノ曲のやさしい調べにのせて、多感な少年と少女の二… このレビューの続きを見る

森さんです。私が買ったものとカバーのデザインが違っておりますが…。 夏に買って、やっとこさ今。早く読んでおけばよかった…!! 森さんの描かれる男子中学生って、こう、きゅんときます。 たくさん読んだわ… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;アーモンド入りチョコレートのワルツ 森 絵都 子供は眠る: 毎年夏の恒例行事。五人。 けれどその空間すべては章君のものだった。毎年聞かされるクラシック。 持っていた負の感情、けれど今… このレビューの続きを見る

アーモンド入りチョコレートのワルツ 森 絵都 森博嗣の間に時々森絵都が挟まるのは、単に本棚が近くてついでに探しやすいから。 その他の本は、たいてい予約本が手に入ったとき。 今は基本的には森博嗣をばー… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) ピアノ教室に突然現れた奇妙なフランス人のおじさんをめぐる表題作の他、少年たちだけで過ごす海辺の別荘でのひと夏を封じ込めた「子供は眠る」、行事を抜け出して潜り込んだ旧… このレビューの続きを見る

  久々に、寝る時間を惜しんで読みきってしまいました。おかげで今日は寝不足。 中学生が主人公のお話で、少し幼いかな・・と思いつつ、パラ見した角田光代さんの解説の「中学生の時分に、森絵都という作家に… このレビューの続きを見る

中学生を主人公とした短編集。 中学生の上下関係の微妙な気遣いだったり、 恋愛感情だったり、大人への気持ちだったり、 中学生の心情を描くのがうまいなーとは思ったんですが…。 短編なので、なんかもの足りなかったです…。 やっぱり長編ものが読みたい!!と思いました…。

大好きな本です!つい最近も読み返しました。短編が3つ入ってるんだけど、私が一番好きなのはやっぱり「アーモンド入りチョコレートのワルツ」です。他のもすごく良いんだけど、サティおじさんと絹子先生がとって… このレビューの続きを見る

この先生のは読んでみたかったのですが、とても良かったです。少 年少女のファンタジックでリアルな物語、というは凄くツボです。 3話の短編集なのですが、少年少女の作った「お気に入りの空間」がどれにも出て… このレビューの続きを見る

凉しくなったから部屋の片付けをしながら読書。 意外と短くて、すぐ読み終わった。 今読みかけが3冊ぐらいあるから 9月中には読み終わらねば。 借りっぱなしにするわけにもいかないし。 -------------------… このレビューの続きを見る

三作品の詰め合わせ。 アーモンド入り〜よりも、「子供は眠る」の方が好きです。 夏の甘酸っぱさと、夏の切なさが感じられて懐かしい感じがします。 全部のお話、どれもピアノの演奏を聴きながら聞けたらもっとよかったんだろうなあと思います。

周りのチョコレートを食べてから、アーモンドを食べる(不思議な食べ方だな) いちばんおいしいんだもん!! 表題作+ほか二編が入っている短編小説集 サラリとした文章で読みやすい反面、あんまり話として… このレビューの続きを見る

森絵都の「アーモンド入りチョコレートのワルツ」。 とてもとても、可愛らしく素敵なお話です。 中学生、ピアノ、ちょっと変わったピアノの先生、 かなり変わった異邦人、そしてダンス。 中学生だと自分の力ではど… このレビューの続きを見る

森さんらしい、華やかな桃色なイメージのワルツ。 短編集ですが、「風に舞いあがる〜」のように堅いわけではなく、 主人公も中学生だし、まさに青春の眩い思い出、的な本。 あぁ、これは個人的な事ですが・・・ … このレビューの続きを見る

森絵都さんの本は『カラフル』や『DIVE!』など、中学生の頃から読んでいました。 この本は半分ジャケ買いでした。タイトルもとっても可愛い! 内容は、ピアノ曲をテーマにした短編集です。 最後の『アーモンド… このレビューの続きを見る

ちょっと前に読みました。 私的にヒットだったのが、不眠症の男の子と虚言癖のある女の子のぉ話。 ぃゃー、最後胸がきゅんとしたぁ♥♥♥ この男の子、かなりいぃ男ゃで!!!!!!って思った。… このレビューの続きを見る

関連する商品