>
[Amazon] つきのふね (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

つきのふね (角川文庫)
つきのふね (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

つきのふね

おすすめ!3.7 [3.7](21件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:50736位
  • Amazon価格:¥ 2,862
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:404379102X(角川書店)
つきのふね (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(21件) 3.7 [3.7]

JUGEMテーマ:読書JUGEMテーマ:小説全般  親友を裏切ったことでグループから孤立してしまったさくら。 心をよせていた智さんも、だんだんと心を失っていく。 「自分だけがひとりだと思うなよ」 という強… このレビューの続きを見る

 このごろあたしは人間ってものにくたびれてしまって、人間をやってるのにも人間づきあいにも疲れてしまって、なんだかしみじみと、植物がうらやましい。  花もうらやましい。  草も木もうらやま… このレビューの続きを見る

忘れられない人がいてもそれを含めて君なんだから全部愛せるはずだから

JUGEMテーマ:小説全般 泣いてしまいました。智さんの最後の台詞で。 人は、みんな弱くて、一人じゃ怖くて、でもそれでも生きていく強さを持っている。小さくても、尊いものを、みんな持ってる。 心が温まって、こんな私でももう少し頑張ってみよう、って思えた。 少し、強くなれたような気がする。  

随分前に古本屋で買ったままになっていた本です。 森絵都さんの作品は学生が主人公になるものの方が面白いですね。 私が高校の頃に小論文のテストが月に1回あって、クラスが進学クラスだったのでその受験対策だっ… このレビューの続きを見る

3.7

つきのふね

04:52:By 読書メモ

《あらすじ》 あの日、あんなことをしなければ…。 心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。 進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、 唯一の心の拠り所だった智さんも、静かに心を病んでいき…… このレビューの続きを見る

つきのふね

12:05:By 受賞本

 つきのふね  著者 : 森絵都  受賞歴 : 第36回野間児童文芸賞 受賞

つきのふね

03:58:By

ノスタルジーな雰囲気。 不器用なさくらに共感を覚えました。 病んでいく智さんの最後の一言が印象的。

3.7

つきのふね (角川文庫)

00:22:By

カラフルがものすごくよかった森絵都さんです。 あまりに良すぎたもので、それ以降のも読んではいるものの、超えません。 さて件の本。 二人の女子中学生と男の子と、それにまつわる大人達のお話です。ありが… このレビューの続きを見る

あらすじあの日、あんなことをしなければ…。心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、唯一の心の拠り所 だった智さんも、静かに精神を病んでいき―。近所… このレビューの続きを見る

「アーモンド入りチョコレートのワルツ」を読んで、また森さんの本が読みたいなーと思い、本屋で手に取りました。 「つきのふね」は、親友を裏切り失ってしまった中学生さくらと、万引きグループから抜けられな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 内容(「BOOK」データベースより) あの日、あんなことをしなければ…。心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、唯一の心の拠… このレビューの続きを見る

森絵都さん大好きです。カラフルとDIVE!が特に好きです。 今回これを読んで、私の中の森絵都本ランキングの上位に追加されましたね。笑 主人公は中学生のさくら。 裏切ってしまったことをずっと気にして親友の… このレビューの続きを見る

あの日、あんなことをしなければ…。心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、唯一の心の拠り所だった智さんも、静かに精神を病んでいき―。近所を騒がせる… このレビューの続きを見る

以前読んだことがあるはずだけれど、内容をすっかり思いだせなくなったので再読。 うん、大好きだ! 青春! という感じのお話です。今の森絵都さんとは作品の印象が違って、若くて、青くて、熱いんだけどそれが… このレビューの続きを見る

友情関係が壊れてしまった3人の中学生と、精神を病んでいる男の物語。 「中学生の友情」がメインなテーマなので、 展開的にはややベタな感じがしなくもないですが、 薄くて読みやすいので、気楽に読める感じがいいかもしれません。 でもやっぱり児童文学なだけあってちょっと物足りないかなとは思いますが。

わたしはひとりじゃ生きていけないよ。 友達がいなきゃ。

つきのふね

22:07:By Maple

おもしろくって一気に読み終えてしまいましたo 文章が読みやすい・話の先が読めないで展開に目が話せませんでしたo クライマックスもドキドキしたけれど、一番よかったのは話の余韻でしたo つきのふね・・・乗りたいなぁ

森さんが書いた命に関わる本って素敵だなぁ、と再確認した。 「カラフル」もこの間読み直したわけだし、 「つきのふね」もよかったよなぁ〜と思い出し読んでみた。 やっぱりいいわぁ。 心にじ〜んとくる、いい… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;つきのふね 森 絵都 あの日を境に、親友とすれ違いぎこちなくなってしまった中学生・さくら。 心ならずも親友を裏切ってしまった、その負い目はあまりにも大きくて。 進路や非行、それぞれと… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品