>
[Amazon] DIVE!! 下 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

DIVE!! 下 (角川文庫)
DIVE!! 下 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

DIVE!! 下

おすすめ!3.9 [3.9](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:20097位
  • Amazon価格:¥ 691
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043791046(KADOKAWA)
DIVE!! 下 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.9 [3.9]

オリンピック出場をかけて、少年たちの熱く長い闘いがはじまる! 2008年6月全国公開映画『DIVE!!』原作本。高さ10メートルから時速60キロで飛び込み、技の正確さと美しさを競うダイビング。赤字経営のクラブ存続の条… このレビューの続きを見る

DIVE!!〈下〉

19:22:By blog

発売当初(文庫版)に購入してあったものをようやく読みました。いいですね青春小説。時折目頭が熱くなりました。面白いです。

【読了本】DIVE!!

14:56:By 虹彩二色

大体非国民でオリンピックはほとんど観ないのだけど 今度のオリンピックは 飛び込み競技、絶対観ると思う。 下巻は3回読みなおしてその度に泣きました。 森絵都さん、初めて読んだけど 文章いいな、好きだな。

DIVE!!

12:09:By 受賞本

 DIVE!!  著者 : 森絵都  受賞歴 : 第52回小学館児童出版文化賞 受賞

何て心地よい 小説なのだろう。 こんな小説久しぶり上巻が終わって下巻に入るとさらにスピードアップ早く続きが知りたい、知りたい、知りたい… チャプターごとに、各登場人物に焦点が当てられていて偏りがない。主人公以外は影が薄いというのではなくて、いろんな人物に無理なく寄り添うことができる。 青春小説、でも熱すぎず、やりすぎ感がない。 読んでいて安らげる。こんないい小説はなかなかない。

 今回もまたまた本の紹介です。 そういえばもうすぐ夏ですね!!角川書店・小学館・新潮社さんたちは毎年恒例の「夏の本」の小冊子が出来ましたね!私も早速本屋でGET!! こういう本の目録とか昔からと… このレビューの続きを見る

今日買って、3時間で読み終えた。下巻。久々の3時間睡眠だった今日なのに、これを読まないといけなくて。これを読まないと血が騒いで。おもしろい!!おもしろいのに、涙が止まらない!!無邪気な知季、猛々しい… このレビューの続きを見る

DIVE!!

22:11:By Wisteria note

やっぱり、森絵都作品は、読み終わってから、やわらかいなーと思います。 文章自体も、ものすごくやわらかいなーと思います。 やわらかくて、あったかいものがいっぱい詰まっているんじゃないかと、わたしは思って… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  内容紹介(Amazonより) オリンピック出場をかけて、少年たちの熱く長い闘いがはじまる! 2008年6月全国公開映画『DIVE!!』原作本。高さ10メートルから時速60キロで飛び込み、技の正確… このレビューの続きを見る

3.9

DIVE!!〈下〉

23:55:By Phantasmagoria

最後きれいに終わらせすぎな感が。 小説だからいいんだろうけれど。ハッピーエンド好きだからいいけど…… でもスポーツの世界はそんな甘いもんじゃないような。 要一くん好きだwww 文章も読みやすいけれど、あまり好みじゃない。

飛び込み競技に青春をかける少年たちのお話!!目指すはオリンピック!! スポ根小説かァ〜って、実は全然期待していなかったこの本(おい)。 でも…びっくりです。 一度も止まらずにスラスラ読めました!!… このレビューの続きを見る

3.9

DIVE!!〈下〉

22:14:By イチゴサカミチ

そうとうおもしろかったです。 富士谷くんのお話と、最終章。 最終章にいたっては、たぶんぶっとおしでよんだ気がします。 とめられなくって!! 全体の構成が文句なしによかったです。 最終章では、登場人… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 高さ10メートルの飛込み台から時速60キロでダイブして、わずか1.4秒の空中演技の正確さと美しさを競う飛込み競技。その一瞬に魅了された少年たちの通う弱小ダイビングクラブ存続… このレビューの続きを見る

出版社/著者からの内容紹介 夢、希望、友情。照れくさいけど、これが大事なものなんだ! 運命のオリンピック選考会を前に少年たちに襲いかかるプレッシャーや故障。自分の内定が大人達の都合だと知った要一は、辞退して実力で枠を勝ち取ると言いだしたのだが…。感動のラストへ向けて、勢いは止まらない!

読み終えたよ!ものごっつ日田の好きそうな裏表紙解説だったあの本 笑 正直、すごい面白かった。最近ラストに悩まされる本が多かったからさ・・・ 新世界(こう書くと何故かデスノを思い出すからふしぎ・・)とか… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品