>
[Amazon] スイッチを押すとき (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

スイッチを押すとき (角川文庫)
スイッチを押すとき (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

スイッチを押すとき

3.2 [3.2](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:42804位
  • Amazon価格:¥ 620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043792069(角川グループパブリッシング)
スイッチを押すとき (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.2 [3.2]

 まず、設定がちょっとおかしいまぁ、人権委員か何かの反対を押し切ってのことだから仕方ないのかな?? 人は自ら死を選ぶ時はどんな時なのかを考える作品だったと思う。内容に引き込まれてあっという間に読… このレビューの続きを見る

3.2

スイッチを押すとき

23:47:By u_simple

深く考えたくない時に読む本にちょうどいいです。 えーと何だか「泣ける」と書いてあったのですが……すみません、「どこが?」でした。 もしコレで「泣ける」を狙ったんだとしたら、この作家さんはあざといんだな、… このレビューの続きを見る

うーん・・・筋は結構好きですが、どうしてそんな施設を作らなければならなかったのか、というところが弱い。前提に納得できなかったので、最後の感動もあまりなかったです。 最後に残る二人の秘密もへぇ・・・と。以上。 逃亡中の展開が面白かっただけに、その展開をもっと読ませるための導入の甘さが惜しい作品です。

病む。

21:04:By

読んだ。 病む病む、めっさ病む。 めちゃくちゃ病む。 とりあえず、病む。 ありえない設定なんだけど、惹きこまれる設定だ。 それにしてもいろいろひどい。 本当にひどい。 今日1日体調が悪かったのはこれのせい… このレビューの続きを見る

この作品は内容が内容だけに、読んでると暗くズーンと不安定な気持ちになるので、最初はちまちまと読んでいたのですが、物語が進むにつれて何だかとっても泣きそうな展開に。。。 そういえば裏表紙に「一番泣ける… このレビューの続きを見る

近未来の日本。 高齢化の一途を辿り、反比例するように 若者の自殺率が高くなっていた。 政府は防止策として自殺抑制プログラムを制定する。 数人の子供をランダムに選び、選ばれた子供たちは 心臓にとある機械を埋… このレビューの続きを見る

2030年、増大する自殺者の抑制を目的としたプロジェクトが始まって22年目という舞台です。 そのプロジェクトというのは、無作為に選出された子供たちに、自らの命を一瞬で断つことの出来るスイッチを持たせて高ス… このレビューの続きを見る

1

22:58:By One Or Eight

  本屋さんで売れてそうだったので購入。 本なんて久しぶりに読んだけど、ハラハラドキドキさせられた。 自殺という重たいテーマ。 どんな状況でも生き続ける四人と自分とを比較して、 生の凄さ、そして現在どんなに自分が恵まれているかを考えた。 自分ひとりの命ではないと感じた。 レビューというか、ただの読書記録です

あー・・・ 前回、この スイッチを押すとき の著者の山田悠介さんの "パズル"って本のときに あんまり面白くなかった みたいなこと書いて、 もう読まないかも って言ってたのに・・・ 読んでしまった! この本。 良い本… このレビューの続きを見る

3.2

泣きました。

01:14:By ETHNOCENTRISM-R

 とりあえず、、 やっちまったな! という感じですw 基本的にレビューは本を読んですぐに書くんですよ。 昨日のレビューも。 なぜ連続してレビューを書いているか、という話。 いやはや、、 1日で読み… このレビューの続きを見る

昨日たまたま本屋で見かけて、 解説と、自殺した子のノートの辺りをパラッと読んで興味が出て 本日購入。そのまま最後まで読みました。 感想は、なんともいえない虚無感が・・・。 というか、最近、毎日、死に… このレビューの続きを見る

関連する商品