[Amazon] 電池が切れるまで―子ども病院からのメッセージ (角...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

電池が切れるまで―子ども病院からのメッセージ (角川文庫)
電池が切れるまで―子ども病院からのメッセージ (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

電池が切れるまで―子ども病院からのメッセージ

3 [3](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:31106位
  • Amazon価格:¥ 514
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043827016(角川学芸出版)
電池が切れるまで―子ども病院からのメッセージ (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 3 [3]

 おすすめの本を紹介しています。 出版社/著者からの内容紹介 「命はとても大切だ、人間が生きるための電池みたいだ(略)。だから私は命が疲れたと言うまでせいいっぱい生きよう」。「命」の詩をかいて4か月後に11歳でなくなったゆきなちゃん、白血病をのりこえて医師をめざす、もりたくん…。つらい病気とたたかいながら、笑顔で生きるこどもたちと家族のほんとうの物語。小学中級から。

JUGEMテーマ:本の紹介 見てしまった、もう何度もメディアでみたはずの、 壮絶な闘病ののち作品を遺して逝かれた方達のお話。 ここに載せた2冊と、 あとおひとり、【本田紘輝くん】の作品集『負ケテタマルカ… このレビューの続きを見る

※画像は原作にリンクしています。 テレビ朝日系列・2004年4月〜6月・全10話 【あらすじ】 重病を抱えた11歳の少女が残した詩をもとにした物語。 長野県の安曇野にある小児専門病院に設置された院内学級を舞… このレビューの続きを見る